【tech】Zabbix-agent2でNginxを監視設定するメモ



投稿:2020/1/19
更新:2020/1/19

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・モジュールの確認
nginx -V 2>&1 | grep -o with-http_stub_status_module

・ディレクトリ移動
cd /etc/nginx/conf.d/

・zabbix用のconfファイル編集
vi zabbix.conf

        location = /basic_status {
            stub_status on;
            access_log off;
            allow 127.0.0.1;
            allow 192.168.100.151;
            deny all;
        }



・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・nginxの再起動
systemctl restart nginx

・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・モジュールへの接続確認
curl 127.0.0.1/basic_status





ブラウザ側でマクロをlocalhost→127.0.0.1に変更



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



投稿者:

mame

都内20代前半ITエンジニア 見た目は女性、性格は男・・・ 品のある女性になりたいT_T 既婚子持ち 趣味の:IT、DIY、投資 などについてのメモblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です