【tech】IX2015のfirmwareをバックアップしたメモ

※追記予定

ずいぶん前ですが、先輩に勧められて、ヤフオクでIX2015を買いました!
やっぱり実機を触った方がイメージがわいていいですね。
CentOS7でtftpサーバをつくってファームウェアやコンフィグのbackupをとる方法を調べたのでまずはfirmwareのbackupを取る手順をメモしておきます。

環境


tftpサーバ:tftp-server
サーバOS:CentOS7.5
IPアドレス:192.168.100.101
保存ディレクトリ:/ws/tftp

IX2015での作業
・configモードへ移行
Router#en

・firmwareのバックアップ
Router(config)# tftp put ix2010-ms-8.3.49.ldc 192.168.100.101:ix2010-ms-8.3.49.ldc

complateが出たら完了!

tftpサーバでの作業
・保存先ディレクトリへ移動
cd /ws/tftp

・ファイルの確認
ls
→「ix2010-ms-8.3.49.ldc」ファイルがあれば転送が出来ています!

投稿者:

mame

都内20代前半ITエンジニア 見た目は女性、性格は男・・・ 品のある女性になりたいT_T 既婚子持ち 趣味の:IT、DIY、投資 などについてのメモblog

「【tech】IX2015のfirmwareをバックアップしたメモ」への1件のフィードバック

  1. どのようにファームウェアをアップグレードしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です