how to install zabbix 4.0 on CentOS 7 (for beginner. include log and movie)

Zabbix4.0をVirtualBox上のCentOS7へインストールした手順のメモです。
うまくいかないところがあればお問い合わせください
install movie

ひとまず手順のみのメモです!
!!質問があればお気軽にコメントください!!
(わたし自身も成長の為に質問頂きたいので、ぜひご質問ください!)

・環境
CentOS7.5 (minimal) on VirtualBox
(IP:192.168.56.150)
DB:MariaDB
MariaDB root PW:RootRoot123!!
zabbix DBname:zabbixDB
zabbix DBuser:zabbixuser
zabbixuser PW:ZabbixPW123!!

※teratermを使用してCentOSへアクセス

#から始まる行がコマンドです

zabbix・mariadbのインストール

1.zabbix keyのインストール
#rpm -i https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-1.el7.noarch.rpm

2.zabbix関連PKGのインストール
#yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent

3.mariadbのダウンロード
#yum -y install mariadb mariadb-server

4.selinuxのステータスを確認
#getenforce
:Enforcing

5.selinuxをdisabledにする
#vi /etc/sysconfig/selinux
→SELINUX=disabled

6.selinuxの変更を反映させるために再起動
#reboot

7.MariaDBステータスの確認
#systemctl status mariadb

8.MariaDBの自動起動設定
#systemctl enable mariadb

9.MariaDBの自動起動設定
#systemctl start mariadb

10.MariaDBのステータス確認
#systemctl status mariadb

データベースの作成

11.初期設定
#mysql_secure_installation

初期PWを変更して、rootPWも変更しておく。
そのほかはすべてyでOK

Enter current password for root (enter for none):
→enter

Change the root password? [Y/n] y
→rootPWを入力
RootRoot123!!

12.mysqlモードへ移行
#mysql -uroot -p
→Enter password:RootRoot123!!

13.zabbix用データベースの作成
#create database zabbixDB character set utf8 collate utf8_bin;

14.データベースへユーザ/PWの作成
#grant all privileges on zabbixDB.* to zabbixuser@localhost identified by 'ZabbixPW123!!';

15.mysqlモードを終了
#exit

16.データベース「zabbix」のテーブル作成用のsql文を実行
#zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbixuser -p zabbixDB
:Enter password: ZabbixPW123!!

17.作成後の確認
#mysql -uroot -p zabbixDB
PW:RootRoot123!!

18.databaseの確認
#show databases;

19.mysqlモードを終了
#exit

20.webサーバステータスの確認
#systemctl status httpd

21.webサーバの自動起動設定
#systemctl enable httpd

22.webサーバの起動
#systemctl start httpd

23.webサーバステータスの確認
#systemctl status httpd

24.zabbixのステータスの確認
#systemctl status zabbix-server

25.zabbixの自動起動設定
#systemctl enable zabbix-server

26.zabbixサーバの起動
#systemctl start zabbix-server

27.zabbixのステータスの確認
#systemctl status zabbix-server

28.zabbixフロントの設定
#vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBパスワードを記載
125行目付近の
・DBName=zabbixDB
・DBUser=zabbixuser
・DBPassword=ZabbixPW123!!

30.PHPのtimezoneの編集
#vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

20行目の
'# php_value date.timezone Europe/Riga
→php_value date.timezone Asia/Tokyo
(「#」コメントアウトを削除して「Asia/Tokyo」へ編集)

31.firewall追加
#firewall-cmd --add-service=http --permanent

32.firewalldの再起動
#firewall-cmd --reload

33.webサーバの再起動
#systemctl restart httpd

34.zabbixの再起動
#systemctl restart zabbix-server

ブラウザから「IPアドレス/zabbix」へアクセス
(firefoxなどを立ち上げて、「192.168.56.150/zabbix」へアクセス)

※ダメだったら
httpd、mariadb、zabbix-serverの再起動を試してみましょう
→mariadbの再起動
systemctl restart zabbix-server

ブラウザアクセスが成功したら、初期設定する。

Welcome to zabbixの画面
→Next step

Check of pre-requisites
→Next step

Configure DB connection
→PasswordにZabbixPW123!
→Next step

Zabbix server details
→Nameに任意のサーバ名記入

Pre-installation summary
→Next step

Install
Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.
→Finish

ZabbixのTOP画面※下記は初期ユーザ/パスワード
Username:Admin
Password:zabbix

以上です。
無事インストールできましたか?

Logです
MarkDownが効いてしまって見づらくなっています、申し訳ありません。。

投稿者:

mame

都内20代前半ITエンジニア 見た目は女性、性格は男・・・ 品のある女性になりたいT_T 既婚子持ち 趣味の:IT、DIY、投資 などについてのメモblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です