【tech】CentOS8にPrometheusをインストールしたメモ




公開日:2019/11/7
更新日:2019/11/9

前の現場でopenstackを教えてくれていた先輩が「これからはPrometheusだ」と言っていたのでインストールしてみました!
最近いろんなアプリケーションに触れているけどまだ触れてないので、しっかり触っていきたいと思います!

動画つくりました!

環境


CentOS8.0 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
Prometheus




手順


・Prometheusのグループ作成
sudo groupadd --system prometheus

・Prometheusのユーザ作成
sudo useradd -s /sbin/nologin --system -g prometheus prometheus

・ディレクトリ作成
sudo mkdir /var/lib/prometheus

・ディレクトリの作成
for i in rules rules.d files_sd; do
sudo mkdir -p /etc/prometheus/${i};
done

・wget、tarのインストール
dnf install -y wget tar

・ディレクトリ作成
mkdir /tmp/prometheus

・ディレクトリ移動
cd /tmp/prometheus


・prometheusのDL
wget https://github.com/prometheus/prometheus/releases/download/v2.13.1/prometheus-2.13.1.linux-amd64.tar.gz

・展開
tar xvf prometheus-*.tar.gz

・ディレクトリ移動
cd prometheus-*/

・ファイルのコピー
sudo cp prometheus promtool /usr/local/bin/

・ファイルのコピー
sudo cp -r consoles/ console_libraries/ /etc/prometheus/

・ディレクトリ移動
cd /etc/prometheus/

・confファイルの作成
vi prometheus.yml
 ※ymlファイルはインデントに意味がありますので、インデントは変更しないでください。

# Global config
global: 
  scrape_interval:     15s
  evaluation_interval: 15s
  scrape_timeout: 15s

scrape_configs:
  - job_name: 'prometheus'

    static_configs:
    - targets: ['localhost:9090']

・cpu数の確認
lscpu
→「CPU(s):2」の場合、次のconfファイルの「Environment="GOMAXPROCS=2"」となる。
 「CPU(s):4」の場合、次のconfファイルの「Environment="GOMAXPROCS=4"」となる。


・systemd起動ファイルの作成
sudo vi /etc/systemd/system/prometheus.service

[Unit]
Description=Prometheus
Documentation=https://prometheus.io/docs/introduction/overview/
Wants=network-online.target
After=network-online.target

[Service]
Type=simple
Environment="GOMAXPROCS=2"
User=prometheus
Group=prometheus
ExecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID
ExecStart=/usr/local/bin/prometheus \
  --config.file=/etc/prometheus/prometheus.yml \
  --storage.tsdb.path=/var/lib/prometheus \
  --web.console.templates=/etc/prometheus/consoles \
  --web.console.libraries=/etc/prometheus/console_libraries \
  --web.listen-address=0.0.0.0:9090 \
  --web.external-url=

SyslogIdentifier=prometheus
Restart=always

[Install]
WantedBy=multi-user.target



・ディレクトリオーナの更新
for i in rules rules.d files_sd; do
sudo chown -R prometheus:prometheus /etc/prometheus/${i};
done

・ディレクトリ権限の更新
for i in rules rules.d files_sd; do
sudo chmod -R 775 /etc/prometheus/${i};
done

・ディレクトリ所有者の変更
sudo chown -R prometheus:prometheus /var/lib/prometheus/

・デーモンのリロード
sudo systemctl daemon-reload

・prometheusの起動
sudo systemctl start prometheus

sudo systemctl enable prometheus

・ステータス確認
systemctl status prometheus.service

・FWの許可設定
sudo firewall-cmd --add-port=9090/tcp --permanent

・FWのリロード
sudo firewall-cmd --reload

・アクセス確認
ブラウザを立ち上げ192.168.100.101:9090へアクセスする。


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



投稿者:

mame

都内20代前半ITエンジニア 見た目は女性、性格は男・・・ 品のある女性になりたいT_T 既婚子持ち 趣味の:IT、DIY、投資 などについてのメモblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です