【tech】AzureSQLDatabaseの作成からローカルPCからの接続までのメモ



Azureの勉強とDBの勉強が同時にできると思って、AzureのPaaSサービスを使ってみたのですが、さっそく訳が分からなかったのでメモです笑

AzureのPaaSサービスのAzureSQLDatabaseというのを使ってみたのですが、
接続方法がわからなくてテンパりました。

ローカルの作業PCにMicrosoftの「SQL Server Management Studio」というアプリケーションを入れればローカルの作業PCからSQL接続できる事がわかりました。

SQL Server Management Studio はMicrosoftから無料でDLできます。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ssms/download-sql-server-management-studio-ssms?view=sql-server-2017

※「SSMS」などでググれば大体一番上にでます。

SSMSをDL後、作業PCにインストールします。
ソフトを起動させると「サーバーへ接続」のウインドウが立ち上がるので、


サーバーの種類:データベースエンジン
サーバー名  :kusomemo.database.net
認証     :SQL Server認証
ログイン   :kusomemouser
パスワード  :kusoPASS123!!




の要領で、設定した値をいれれば接続できます!
AzureポータルからAzureSQLDatabaseを作成するところから乗せるつもりがSSMSだけで終わってしまいましたので、またブラッシュアップします!笑
楽天トラベル

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもメモリもSSDもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



投稿者:

mame

都内20代前半ITエンジニア 見た目は女性、性格は男・・・ 品のある女性になりたいT_T 既婚子持ち 趣味の:IT、DIY、投資 などについてのメモblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です