【tech】2019年12月版 Azure操作の為のPowerShell



公開:2019/12/27
更新:2020/01/28

Azureをpowershellで使おうと四苦八苦。泣
powershellって種類多すぎませんか?
2019年時点でAzureを使えるようにするためのpowershellをインストール・設定する方法を調べたメモです!

結論、どうやら2019年12月時点では、「Azモジュール」と「AzureCLI」というpowershellがセットアップできればよさそうだったので、その二つを使えるようにしました!(間違っている可能性がありますので、詳しくはMicroSoft調べてください)

AzureSQLDatabaseのサイズ変更のコマンドメモもありますのでよかったら見てください!

【tech】PowershellでAzure SQL Databaseのサイズ変更するメモ

Azモジュールのインストール



PowerShell 5.1だと「AzureRM」と「Azモジュール」を同時にインストールすることができないみたいなので、AzureRMが入っている場合はまず削除してから、Azモジュールをインストールします。

・powershellを管理者で起動する

・AzureRMが入っているかどうかを確認する
Get-InstalledModule -Name AzureRM -AllVersions

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/azure/migrate-from-azurerm-to-az?view=azps-3.2.0

・AzureRMをアンインストール
Uninstall-Module AzureRm

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/azure/uninstall-az-ps?view=azps-3.2.0#uninstall-the-azurerm-module

・PowershellのVer確認
$PSVersionTable.PSVersion

PS C:\WINDOWS\system32> $PSVersionTable.PSVersion
>>

Major  Minor  Build  Revision
-----  -----  -----  --------
5      1      18362  145

powershellのVerが5.1以前の場合はupdateしてください。


・Azure PowerShell Az モジュールをインストールする
 ユーザ全員の場合
Install-Module -Name Az -AllowClobber -Scope AllUsers
 アクティブユーザのみの場合
Install-Module -Name Az -AllowClobber -Scope CurrentUser

PS C:\WINDOWS\system32> Install-Module -Name Az -AllowClobber -Scope AllUsers
>>

Untrusted repository
You are installing the modules from an untrusted repository. If you trust this
repository, change its InstallationPolicy value by running the Set-PSRepository
cmdlet. Are you sure you want to install the modules from 'PSGallery'?
[Y] はい(Y)  [A] すべて続行(A)  [N] いいえ(N)  [L] すべて無視(L)  [S] 中断(S)
[?] ヘルプ(既定値は "N"): y

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/azure/install-az-ps?view=azps-3.2.0

・「AzureRM」と互換性のあるエイリアスを有効にしておく
Enable-AzureRmAlias -Scope CurrentUser

PS C:\WINDOWS\system32> Enable-AzureRmAlias -Scope CurrentUser
PS C:\WINDOWS\system32>

こうする事によって、「Azモジュール」がインストールされた状態で、古いコマンドレット名を使用できるようになります。

「AzureRM」のコマンドレット名も使えるまま「Azモジュール」のインストールが完了です。

AzureCLIのインストール



AzureCLIはPythonで作成されているそうです!
Pythonのインストールは下記からwindowsの64bitの物をDLしてインストールしてください。リンク先で画面を少し下にスクロールしたところにあります。(86x64のもの)
https://www.python.org/downloads/windows/

Pythonの資格を取った記事も書いているのでよかったら見てください!!

【tech】Python 3 エンジニア認定基礎試験を受けてみて(受験記)




・PowerShellを管理者で起動する

・AzureCLIのインストール
Invoke-WebRequest -Uri https://aka.ms/installazurecliwindows -OutFile .\AzureCLI.msi; Start-Process msiexec.exe -Wait -ArgumentList '/I AzureCLI.msi /quiet'

PS C:\WINDOWS\system32> Invoke-WebRequest -Uri https://aka.ms/installazurecliwindows -OutFile .\AzureCLI.msi; Start-Process msiexec.exe -Wait -ArgumentList '/I AzureCLI.msi /quiet'
>>
PS C:\WINDOWS\system32>

・AzコマンドでAzureにログイン
az login

ブラウザが立ち上がりAzureへのログイン画面が出れば成功です。
ブラウザでアカウントを入力後PowerShellを見るとログインのログが出ていると思います。



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



投稿者:

mame

都内20代前半ITエンジニア 見た目は女性、性格は男・・・ 品のある女性になりたいT_T 既婚子持ち 趣味の:IT、DIY、投資 などについてのメモblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です