【tech】CentOS7のarpキャッシュの保持時間の確認方法メモ



公開:2020/05/07
更新:2020/05/08

centos8のキャッシュの保持時間を確認したメモと、キャッシュのクリアarpテーブルのクリアをしたので、一緒にメモしておきます。

環境


OS:CentOS8

ARPキャッシュの保持時間の確認


・ディレクトリの移動
cd /proc/sys/net/ipv4/neigh/

・IF名ディレクトリの確認


[root@localhost ~]# cd /proc/sys/net/ipv4/neigh/
[root@localhost neigh]#
[root@localhost neigh]# ll
total 0
dr-xr-xr-x. 1 root root 0 May 7 09:25 default
dr-xr-xr-x. 1 root root 0 May 7 09:25 enp1s0
dr-xr-xr-x. 1 root root 0 May 7 09:25 lo
[root@localhost neigh]#


・IFディレクトりに移動
cd enp1s0

・locktimeファイルの確認
cat


[root@localhost enp1s0]# cat locktime
100
[root@localhost enp1s0]#


arpテーブルのクリア





・arp table確認
ip n
 ※ ip -4 n でIPv4アドレスだけに絞れます

・arpテーブルのオールクリア
ip n flush all

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



投稿者:

mame

都内20代前半ITエンジニア 見た目は女性、性格は男・・・ 品のある女性になりたいT_T 既婚子持ち 趣味の:IT、DIY、投資 などについてのメモblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です