【tech】CentOS8.1へZabbix5.0をインストールしたメモ




公開日:2020/05/13
更新日:2020/05/13

Zabbix5.0がリリースされたという事で早速インストールしてみました!!

ひとまず手順のみのメモです!
!!質問があればお気軽にコメントください!!
(わたし自身も成長の為に質問頂きたいので、ぜひご質問ください!)

インストールできたらNW機器を追加する手順もblogに書いたので是非見てくださいっ!

zabbix4.0からNW機器(vyos)を監視する(Add NW Device)

KVM(vBridge)のセットアップ手順です!

CentOS8.0 + Zabbix4.4のNginx版です!

環境


CentOS8.1 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
WEB:Apache
DB:MySQL
MySQLDB rootユーザPW:Root123!
zabbix用DB名:zabbixDB
zabbixDB ユーザ:zabbixuser
zabbixuser PW:Zabbix123!


私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

※teratermを使用してCentOSへアクセス


手順


・zabbixのリポジトリ追加
rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm

・キャッシュ削除
dnf clean all

・zabbixインストール
dnf install -y zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent2 zabbix-web-japanese zabbix-apache-conf

・Apache・PHP・MySQLのインストール
dnf install -y httpd php mysql-server

・php.iniの設定
vi /etc/php.ini
 下記の通りに値を編集


約383行目
max_execution_time = 30
→max_execution_time = 300
 ※:%s/max_execution_time = 30/max_execution_time = 300/gc
  で置換できます

約393行目
max_input_time = 60
→max_input_time = 300
 ※:%s/max_input_time = 60/max_input_time = 300/gc
  で置換できます

約672行目
post_max_size = 8M
→post_max_size = 16M
 ※:%s/post_max_size = 8M/post_max_size = 16M/gc
  で置換できます

約902行目
;date.timezone =
→date.timezone = "Asia/Tokyo"
 ※:%s/;date.timezone =/date.timezone = "Asia\/Tokyo"/gc
  で置換できます。




・ディレクトリ移動
cd /etc/php-fpm.d/

・使用しないファイルのリネーム
mv www.conf www.conf.bk

・php-fpmの設定を編集
vi /etc/php-fpm.d/zabbix.conf
 →コメントアウトを外し。timezoneをAsia/Tokyoへ


24行目
; php_value[date.timezone] = Europe/Riga
→php_value[date.timezone] = Asia/Tokyo
 


・Mysqlのステータスの確認
systemctl status mysqld

・Mysqlの自動起動設定
systemctl enable mysqld

・Mysqlの自動起動設定
systemctl start mysqld

・Mysqlのステータス確認
systemctl status mysqld

データベースの作成
・初期設定
mysql_secure_installation
→初期PWを変更して、rootPWも変更しておく。
 そのほかはすべてyでOK


Press y|Y for Yes, any other key for No:
→何も入力せずにenter

New password:
 →rootPWを入力
  Root123!
Re-enter new password:
 →rootPWを入力
  Root123!

以降は4回全て「y」でOKです。





・mysqlモードへ移行
mysql -uroot -p
→Enter passwod:Root123!

・zabbix用データベースの作成
create database zabbixDB character set utf8 collate utf8_bin;

・Zabbixユーザの作成
create user zabbixuser@localhost identified by 'Zabbix123!';

・データベースへユーザ/PWの作成
grant all privileges on zabbixDB.* to zabbixuser@localhost;

・mysqlモードを終了
exit

・データベース「zabbix」のテーブル作成用のsql文を実行
zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbixuser -p zabbixDB
:Enter password: Zabbix123!

・作成後の確認
mysql -uroot -p zabbixDB
PW:Root123!

・databaseの確認
show databases;

・mysqlモードを終了
exit


・Apacheのステータス確認
systemctl status httpd

・Apacheの自動起動
systemctl enable httpd

・phpステータス確認
systemctl status php-fpm

・phpの自動起動
systemctl enable php-fpm

・zabbixのステータスの確認
systemctl status zabbix-server

・zabbixの自動起動設定
systemctl enable zabbix-server
→この時点でzabbix起動させてもうまくいきません。
 おそらくSELinuxのせいです。

・zabbixフロントの設定
vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf


DBパスワードを記載
91行目付近の下記ディレクティブに値をいれる
・DBHost=localhost
・DBName=zabbixDB
・DBUser=zabbixuser
・DBPassword=Zabbix123!





・firewall追加
firewall-cmd --add-service=http --permanent

・selinuxのステータスを確認
getenforce
:Enforcing

・selinuxをdisabledにする
vi /etc/sysconfig/selinux
→SELINUX=disabled

・selinux、FWの変更を反映させるために再起動
reboot

ブラウザから「IPアドレス」へアクセス
(firefoxなどを立ち上げて、「192.168.100.101/zabbix」へアクセス)

※ダメだったら
Apache、mysqld、zabbix-serverの再起動を試してみましょう
→Mysqlの再起動
systemctl restart mysqld



ブラウザアクセスが成功したら、初期設定する。

Welcome to zabbixの画面
→Next step

Check of pre-requisites
→Next step

Configure DB connection
下記の通りにそれぞれ入力
・DBName=zabbixDB
・DBUser=zabbixuser
・DBPassword=Zabbix123!
→Next step

Zabbix server details
→Nameに任意のサーバ名記入

Pre-installation summary
→Next step

Install
Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.
→Finish

ZabbixのTOP画面※下記は初期ユーザ/パスワード
Username:Admin
Password:zabbix

以上です。


下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)