【tech】Zabbix-agent2でNginxを監視設定するメモ



投稿:2020/1/19
更新:2020/1/19

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・モジュールの確認
nginx -V 2>&1 | grep -o with-http_stub_status_module

・ディレクトリ移動
cd /etc/nginx/conf.d/

・zabbix用のconfファイル編集
vi zabbix.conf

        location = /basic_status {
            stub_status on;
            access_log off;
            allow 127.0.0.1;
            allow 192.168.100.151;
            deny all;
        }



・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・nginxの再起動
systemctl restart nginx

・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・モジュールへの接続確認
curl 127.0.0.1/basic_status





ブラウザ側でマクロをlocalhost→127.0.0.1に変更



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でMySQL8.0を監視する手順メモ



投稿:2020/1/18
更新:2020/1/18

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・テンプレートのDL
wget https://git.zabbix.com/projects/ZBX/repos/zabbix/browse/templates/db/mysql/template_db_mysql.conf -P /etc/zabbix/zabbix_agent2.d

・ディレクトリ移動
cd /etc/zabbix/zabbix_agent2.d/

・テンプレートをリネーム
mv template_db_mysql.conf userparameter_mysql.conf


・MySQLへログイン
mysql -uroot -p
→Root123!

・ログイン中のユーザを確認する
select user();

・ユーザ一覧を表示
SELECT Host, User FROM mysql.user ;

・監視用ユーザの作成
CREATE USER 'zbx_monitor'@'%' IDENTIFIED BY 'Zbxmoni123!';

・ユーザの削除したい時
drop user zbx_monitor2@'%';

・パスワードを変更したい場合
SET PASSWORD FOR zbx_monitor = 'Zbxmoni123_hennkougo';

・権限の付与
GRANT USAGE,REPLICATION CLIENT,PROCESS,SHOW DATABASES,SHOW VIEW ON . TO 'zbx_monitor'@'%';


・権限の確認
SHOW GRANTS FOR 'zbx_monitor'@'%';

・データベースの一覧を確認
show databases;

・データベースを選択
use zabbixDB

・テーブル一覧
show tables;

・設定の保存
FLUSH PRIVILEGES;

・mysqlからログアウト
quit;


・ディレクトリの作成
mkdir /var/lib/zabbix

・ディレクトリの移動
cd /var/lib/zabbix

・cnfファイルの作成(※要隠しファイル「.mycnf」です)
vi .my.conf


[client]
user=zbx_monitor
password=Zbxmoni123!


・ファイル作成後の確認
ls -al

・権限の変更
chmod 600 .my.cnf

・所有者の変更
chown zabbix:zabbix .my.cnf


・zabbix-agentのステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・zabbix-agentの再起動
systemctl restart zabbix-agent2



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】ubuntu1904へZabbix4.2をインストールしたメモ




Zabbix4.2をVirtualBox上のubuntu1904へインストールした手順のメモです。
うまくいかないところがあればお問い合わせください。
※わたしもubuntuは触り始めたので全然わからずにやっている部分があります・・

ひとまず手順のみのメモです!
!!質問があればお気軽にコメントください!!
(わたし自身も成長の為に質問頂きたいので、ぜひご質問ください!)
Install Movie作りました!

インストールできたらNW機器を追加する手順もblogに書いたので是非見てくださいっ!

zabbix4.0からNW機器(vyos)を監視する(Add NW Device)

環境


Ubuntu1904 (minimal) on VirtualBox
IF1:Nat
IF2:ホストオンリーアダプタ(IP:192.168.56.150)
DB:Mysql
Mysql rootユーザPW:RootRoot123!!
zabbix用DB名:zabbixDB
zabbixDB ユーザ:zabbixuser
zabbixuser PW:ZabbixPW123!!

※teratermを使用してUbuntuへアクセス
以下手順です!





私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

アップデート・日本語環境の設定


・キーボードの設定
sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

→keyboardに合わせて選択
(私はわからなかったのですべて変更せずにENTER(OK)しました)
※warningメッセージが出ますが、バグ?か何かでしょうか?

・日本語パックのインストール
sudo apt install language-pack-ja-base language-pack-ja

・ロケールの日本設定
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

・アップグレード
sudo apt-get upgrade -y

→GRUBのインストール先を選択。
(わたしはわからなかったので「/dev/sda」を選びました。)

・アップデート
sudo apt-get update

・フォントのインストール
sudo apt-get install fonts-vlgothic

・リブート
sudo reboot


Mysql・Zabbixのインストール


・mysqlのインストール
sudo apt-get install -y mysql-server

・mysqlの設定
sudo vi /etc/mysql/my.cnf

ファイル内の最下部(23行目辺り)に、下記5行([mysqld]から5行)を追記


[mysqld]
character-set-server = utf8
collation-server = utf8_bin
skip-character-set-client-handshake
innodb_file_per_table


・mysqlの再起動
sudo service mysql restart

・Zabbix4.2のリポジトリダウンロード
sudo wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.2-1+bionic_all.deb

・Zabbix4.2のリポジトリインストール
sudo dpkg -i zabbix-release_4.2-1+bionic_all.deb

・アップグレード
sudo apt upgrade -y

・アップデート
sudo apt update

・Zabbix4.2のインストール
sudo apt install -y zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

Zabbix用DBの作成




・Mysql初期設定
sudo mysql_secure_installation

→No
New password:RootRootPW123!!

それ以降はyを4回

・Mysqlを起動
sudo mysql -uroot -p
→Enter password:RootRootPW123!!

・Databaseの作成
create database zabbixDB character set utf8 collate utf8_bin;

・ユーザの作成
grant all privileges on zabbixDB.* to zabbixuser@localhost identified by 'ZabbixPW123!!';

・mysqlから抜ける
quit

・イニシャルスキーマ・データのインポート
zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbixuser -p zabbixDB

Enter password:ZabbixPW123!!

・zabbixフロントの設定
sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
→下記4か所パラメータの更新


91行目あたりのDBHost
DBHost=localhost
→#を消す

101行目・DBName
DBName=ZabbixDB

117行目・DBUser
DBUser=Zabbixuser

125行目・DBPassword
DBPassword=ZabbixPW123!!

保存して閉じる(:wq)


・PHPのtimezoneの編集
sudo vi /etc/zabbix/apache.conf
→下記の通り、20行目、30行目を編集
※30行目だけでもOKです。


20行目
php_value date.timezone Asia/Tokyo
→#を消して「Europe/Riga」を「Asia/Tokyo」へ

30行目
php_value date.timezone Asia/Tokyo
→#を消して「Europe/Riga」を「Asia/Tokyo」へ




・apahce2/zabbixの自動起動設定
sudo systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2

・apahce2/zabbixの再起動
sudo systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2

ブラウザから「IPアドレス/zabbix」へアクセス
(firefoxなどを立ち上げて、「192.168.56.150/zabbix」へアクセス)

※ダメだったら
apache2、Mysql、zabbix-serverの再起動を試してみましょう
→mariadbの再起動
systemctl restart zabbix-server

ブラウザアクセスが成功したら、初期設定する。

Welcome to zabbixの画面
→Next step

Check of pre-requisites
→Next step

Configure DB connection
→DatabasenameにZabbixDB
→UserにZabbixuser
→PasswordにZabbixPW123!!
→Next step

Zabbix server details
→Nameに任意のサーバ名記入

Pre-installation summary
→Next step

Install
Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.
→Finish

ZabbixのTOP画面※下記は初期ユーザ/パスワード
Username:Admin
Password:zabbix

以上です。
無事インストールできましたか?

こちらもよろしくお願いいたします!

zabbix4.0からNW機器(vyos)を監視する(Add NW Device)

もしわかりづらかったらCentOS7での手順もありますので、部分的にでも参考にしていただければ幸いです!

作業ログは作らない予定でしたが、リクエストありましたので後ほどアップいたします!
リクエストありがとうございました!!

作業ログです!


楽天トラベル

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】【動画あり】Zabbix4.2をNginxで動かすメモ(CentOS7 on Virtualbox)




※2019/11/4更新!
CentOS8にZabbix4.4をインストールしてみました!

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

Zabbix4.2をVirtualBox上のCentOS7へインストールして、
Nginxで動かした手順のメモです。
うまくいかないところがあればお問い合わせください

ひとまず手順のみのメモです!
!!質問があればお気軽にコメントください!!
(わたし自身も成長の為に質問頂きたいので、ぜひご質問ください!)

動画upしました!(install movie)

インストールできたらNW機器を追加する手順もblogに書いたので是非見てくださいっ!

zabbix4.0からNW機器(vyos)を監視する(Add NW Device)

・環境
CentOS7.5 (minimal) on VirtualBox
(IP:192.168.56.150)
WEB:Nginx
DB:MariaDB
MariaDB rootユーザPW:RootRoot123!!
zabbix用DB名:zabbixDB
zabbixDB ユーザ:zabbixuser
zabbixuser PW:ZabbixPW123!!


私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

※teratermを使用してCentOSへアクセス


zabbix・mariadbのインストール

1.zabbix keyのインストール
rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.2-1.el7.noarch.rpm

2.epelのインストール
rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

3.remiのインストール
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

4.Nginxのインストール
rpm -Uvh https://nginx.org/packages/rhel/7/x86_64/RPMS/nginx-1.14.2-1.el7_4.ngx.x86_64.rpm

5.デフォルトcfgの退避
mv /etc/nginx/conf.d/default.conf /etc/nginx/conf.d/default.conf.org

6.Zabbix用cfgファイルの作成
vi /etc/nginx/conf.d/zabbix.conf

server {
    listen       80;
    server_name  kusomemo;

    access_log  /var/log/nginx/zabbix_access.log  main;
    error_log  /var/log/nginx/zabbix_error.log  warn;

    root   /usr/share/zabbix;
    index  index.html index.php;

    location ~ \.php {
        fastcgi_pass    127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index   index.php;
        fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        include         fastcgi_params;
    }
}




7.PHPのインストール
yum -y install php56 php56-php-devel php56-php-mbstring php56-php-pdo php56-php-fpm php56-php-mysqlnd php56-php-bcmath php56-php-gd

8.php.iniの設定
vi /opt/remi/php56/root/etc/php.ini
 下記の通りに値を編集


約889行目
;date.timezone =
→date.timezone = "Asia/Tokyo"
 ※:%s/;date.timezone =/date.timezone = "Asia\/Tokyo"/gc
  で置換できます。

約375行目
max_execution_time = 30
→max_execution_time = 300
 ※:%s/max_execution_time = 30/max_execution_time = 300/gc
  で置換できます

約385行目
max_input_time = 60
→max_input_time = 300
 ※:%s/max_input_time = 60/max_input_time = 300/gc
  で置換できます

約663行目
post_max_size = 8M
→post_max_size = 16M
 ※:%s/post_max_size = 8M/post_max_size = 16M/gc
  で置換できます

705行目
;always_populate_raw_post_data = -1
→always_populate_raw_post_data = -1
 ※:%s/;always_populate_raw_post_data = -1/always_populate_raw_post_data = -1/gc
  で置換できます。





9.php-fpmの設定を編集
vi /opt/remi/php56/root/etc/php-fpm.d/www.conf


23行目
user = apache
→user = nginx
 ※:%s/apache/nginx/gc
  で置換できます。(置換するべきでないところは飛ばしてください)

25行目
group = apache
→group = nginx


10.パーミッション変更前の確認
ls -l /opt/remi/php56/root/var/lib/php/

11.パーミッション修正
chown -R nginx.nginx /opt/remi/php56/root/var/lib/php/session/

12.zabbix関連PKGのインストール
yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent

13.mariadbのダウンロード
yum -y install mariadb mariadb-server

14.selinuxのステータスを確認
getenforce
:Enforcing

15.selinuxをdisabledにする
vi /etc/sysconfig/selinux
→SELINUX=disabled

16.MariaDBステータスの確認
systemctl status mariadb

17.MariaDBの自動起動設定
systemctl enable mariadb

18.MariaDBの自動起動設定
systemctl start mariadb

19.MariaDBのステータス確認
systemctl status mariadb


データベースの作成

20.初期設定
mysql_secure_installation

初期PWを変更して、rootPWも変更しておく。
そのほかはすべてyでOK

Enter current password for root (enter for none):
→enter

Change the root password? [Y/n] y
→rootPWを入力
RootRoot123!!

21.mysqlモードへ移行
mysql -uroot -p
→Enter passwod:RootRoot123!!

22.zabbix用データベースの作成
create database zabbixDB character set utf8 collate utf8_bin;

23.データベースへユーザ/PWの作成
grant all privileges on zabbixDB.* to zabbixuser@localhost identified by 'ZabbixPW123!!';

24.mysqlモードを終了
exit

25.データベース「zabbix」のテーブル作成用のsql文を実行
zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbixuser -p zabbixDB
:Enter password: ZabbixPW123!!

26.作成後の確認
mysql -uroot -p zabbixDB
PW:RootRoot123!!

27.databaseの確認
show databases;

28.mysqlモードを終了
exit

29.Nginxのステータス確認
systemctl status nginx



30.Nginxの起動
systemctl start nginx

31.Nginxの自動起動
systemctl enable nginx

32.phpステータス確認
systemctl status php56-php-fpm

33.phpの起動
systemctl start php56-php-fpm

34.phpの自動起動
systemctl enable php56-php-fpm

35.zabbixのステータスの確認
systemctl status zabbix-server

36.zabbixの自動起動設定
systemctl enable zabbix-server

37.zabbixサーバの起動
systemctl start zabbix-server

38.zabbixのステータスの確認
systemctl status zabbix-server

39.zabbixフロントの設定
vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBパスワードを記載
100行目付近の
・DBName=zabbixDB
・DBUser=zabbixuser
・DBPassword=ZabbixPW123!!

40.PHPのtimezoneの編集
vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

20行目の
# php_value date.timezone Europe/Riga
→php_value date.timezone Asia/Tokyo
(「#」コメントアウトを削除して「Asia/Tokyo」へ編集)
 ※:%s/# php_value date.timezone Europe\/Riga/php_value date.timezone Asia\/Tokyo/gc
  で置換できます

41.firewall追加
firewall-cmd --add-service=http --permanent

42.所有者の変更
chown -R nginx. /etc/zabbix/web

43.selinux、firewalld等の変更を反映させるために再起動
reboot



ブラウザから「IPアドレス」へアクセス
(firefoxなどを立ち上げて、「192.168.56.150」へアクセス)

※ダメだったら
httpd、mariadb、zabbix-serverの再起動を試してみましょう
→mariadbの再起動
systemctl restart zabbix-server

ブラウザアクセスが成功したら、初期設定する。

Welcome to zabbixの画面
→Next step

Check of pre-requisites
→Next step

Configure DB connection
下記の通りにそれぞれ入力
・DBName=zabbixDB
・DBUser=zabbixuser
・DBPassword=ZabbixPW123!!
→Next step

Zabbix server details
→Nameに任意のサーバ名記入

Pre-installation summary
→Next step

Install
Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.
→Finish

ZabbixのTOP画面※下記は初期ユーザ/パスワード
Username:Admin
Password:zabbix

以上です。


楽天トラベル

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】【動画あり】CentOS7 (CentOS7.5on VirtualBox)にZabbix4.2をインストールしたメモ



CentOS8でもインストールしてみました!

Zabbix4.2をVirtualBox上のCentOS7へインストールした手順のメモです。
うまくいかないところがあればお問い合わせください

ひとまず手順のみのメモです!
!!質問があればお気軽にコメントください!!
(わたし自身も成長の為に質問頂きたいので、ぜひご質問ください!)
動画upしました!(install movie)

インストールできたらNW機器を追加する手順もblogに書いたので是非見てくださいっ!

zabbix4.0からNW機器(vyos)を監視する(Add NW Device)

・環境
CentOS7.5 (minimal) on VirtualBox
(IP:192.168.56.150)
DB:MariaDB
MariaDB rootユーザPW:RootRoot123!!
zabbix用DB名:zabbixDB
zabbixDB ユーザ:zabbixuser
zabbixuser PW:ZabbixPW123!!


私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

※teratermを使用してCentOSへアクセス



zabbix・mariadbのインストール

1.zabbix keyのインストール
rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.2-1.el7.noarch.rpm

2.zabbix関連PKGのインストール
yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent

3.mariadbのダウンロード
yum -y install mariadb mariadb-server

4.selinuxのステータスを確認
getenforce
:Enforcing

5.selinuxをdisabledにする
vi /etc/sysconfig/selinux
→SELINUX=disabled

6.selinuxの変更を反映させるために再起動
reboot

7.MariaDBステータスの確認
systemctl status mariadb

8.MariaDBの自動起動設定
systemctl enable mariadb

9.MariaDBの自動起動設定
systemctl start mariadb

10.MariaDBのステータス確認
systemctl status mariadb


データベースの作成

11.初期設定
mysql_secure_installation

初期PWを変更して、rootPWも変更しておく。
そのほかはすべてyでOK

Enter current password for root (enter for none):
→enter

Change the root password? [Y/n] y
→rootPWを入力
RootRoot123!!

12.mysqlモードへ移行
mysql -uroot -p
→Enter passwod:RootRoot123!!

13.zabbix用データベースの作成
create database zabbixDB character set utf8 collate utf8_bin;

14.データベースへユーザ/PWの作成
grant all privileges on zabbixDB.* to zabbixuser@localhost identified by 'ZabbixPW123!!';

15.mysqlモードを終了
exit

16.データベース「zabbix」のテーブル作成用のsql文を実行
zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbixuser -p zabbixDB
:Enter password: ZabbixPW123!!

17.作成後の確認
mysql -uroot -p zabbixDB
PW:RootRoot123!!

18.databaseの確認
show databases;

19.mysqlモードを終了
exit


20.webサーバステータスの確認
systemctl status httpd

21.webサーバの自動起動設定
systemctl enable httpd

22.webサーバの起動
systemctl start httpd

23.webサーバステータスの確認
#systemctl status httpd

24.zabbixのステータスの確認
systemctl status zabbix-server

25.zabbixの自動起動設定
systemctl enable zabbix-server

26.zabbixサーバの起動
systemctl start zabbix-server

27.zabbixのステータスの確認
systemctl status zabbix-server

28.zabbixフロントの設定
vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBパスワードを記載
100行目付近の
・DBName=zabbixDB
・DBUser=zabbixuser
・DBPassword=ZabbixPW123!!

30.PHPのtimezoneの編集
vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

20行目の
'# php_value date.timezone Europe/Riga
→php_value date.timezone Asia/Tokyo
(「#」コメントアウトを削除して「Asia/Tokyo」へ編集)


31.firewall追加
firewall-cmd --add-service=http --permanent

32.firewalldの再起動
firewall-cmd --reload

33.webサーバの再起動
systemctl restart httpd

34.zabbixの再起動
systemctl restart zabbix-server

ブラウザから「IPアドレス/zabbix」へアクセス
(firefoxなどを立ち上げて、「192.168.56.150/zabbix」へアクセス)

※ダメだったら
httpd、mariadb、zabbix-serverの再起動を試してみましょう
→mariadbの再起動
systemctl restart zabbix-server

ブラウザアクセスが成功したら、初期設定する。

Welcome to zabbixの画面
→Next step

Check of pre-requisites
→Next step

Configure DB connection
下記の通りにそれぞれ入力
・DBName=zabbixDB
・DBUser=zabbixuser
・DBPassword=ZabbixPW123!!
→Next step

Zabbix server details
→Nameに任意のサーバ名記入

Pre-installation summary
→Next step

Install
Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.
→Finish

ZabbixのTOP画面※下記は初期ユーザ/パスワード
Username:Admin
Password:zabbix

以上です。
無事インストールできましたか?

こちらもよろしくお願いします!

zabbix4.0からNW機器(vyos)を監視する(Add NW Device)



楽天トラベル

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)