【tech】Windows10のVS code で Bad owner or permissions on エラーが出たときのメモ



公開:2020/07/24
更新:2020/07/24

連休中にtool類のアップデートをしようと思い、githubのアカウントのメンテナンス(アカウントとったきり、何にもしてない。笑) 検証に使っている環境の見直しという事で、流行りのVScodeを使ってみることにしました。

VScodeのインストールなどはすんなり行けたのですが、そこからVirtualBox上のCentOSにsshしようとするとエラーが出てしまって、ハマったので解決のメモです。

環境


ホストOS:Windows10 Ver1909
仮想化:VirtualBox 6.1.10
ゲストOS:CentOS7.8
VScode:1.47.2

・git for bashではssh接続がうまくいっていたので、sshの公開鍵の設定などが間違っていない事は確認できていました

エラーログ


>
[23:39:52.863] > Bad owner or permissions on C:\Users\ユーザ名/.ssh/config
>
[23:39:52.872] > プロセスが、存在しないパイプに書き込もうとしました。
>
[23:39:53.151] "install" terminal command done
[23:39:53.151] Install terminal quit with output: プロセスが、存在しないパイプに書き込もうとしました。
[23:39:53.152] Received install output: プロセスが、存在しないパイプに書き込もうとしました。
[23:39:53.153] Stopped parsing output early. Remaining text: プロセスが、存在しないパイプに書き込もうとしました。
[23:39:53.153] Failed to parse remote port from server output
[23:39:53.154] Resolver error:


解決法


configファイル・秘密鍵ファイルのアクセス権を所有者のみに絞る

手順




・フォルダを開く
C:\Users\ユーザ名/.ssh/

・configファイルのアクセス権設定変更
configファイルを右クリック→プロパティ→「セキュリティ」タブ→詳細設定→継承の無効化→「継承されたアクセス許可をこのオブジェクトの明示的なアクセス許可に変換します」→ユーザ以外を削除→OK

・秘密鍵のファイルも同様に所有者のみの設定にしておく。

これで解決できると思います。
もしわからない方がいましたら、お気軽にコメントお願いいたします!

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】VyOSのコマンドメモ 



VirtualBoxにVyOSをインストールしてZabbix4.0で監視設定する練習台として使用しています、VyOSはjuniperのベース?なので、コマンド体系はJuniperと同じようなコマンドですね。という事はAnsibleで操作しようと思ったらJuniper用のモジュールを使えば動くのかな・・・?また今度試してみよう!

前置きが長くなりました、、まだVyOSの本来の使い方が理解できずにいますが、ひとまず最近Zabbixから監視設定するようになって頻繁に触るようになったので、コマンドのメモとしてまとめておきます!

・ZabbixからVyOSを監視対象として追加する手順メモです!(動画あり)

【tech】【動画あり】Zabbix4.0へVyOSをSNMP監視対象として追加する



環境


ホスト名:VyOS01
VyOS Ver1.1.8
仮想化:VirtualBox
IF1:eth0(nat)
IF2:eth1(ホストオンリー接続)
   192.168.56.151/24
デフォルトゲートウェイ:192.168.56.1
snmp community:kusomemo
trap転送先:192.168.56.150

・config設定モードに移行
configure

・ホスト名の設定
set system host-name VyOS01

・IPアドレスの設定
set interfaces ethernet eth1 address 192.168.56.151/24

・IPアドレス削除
delete interfaces ethernet eth1 address

・デフォルトゲートウェイの設定
set system gateway-address 192.168.56.1

・sshを有効化
set service ssh

・snmp設定
set service snmp community kusomemo

・監視サーバからのアクセス
set service snmp community kusomemo authorization ro

・trapの送信先設定
set service snmp trap-target 192.168.56.150

・SNMPインターフェースの設定(待ち受けIPアドレスとポート番号)
set service snmp listen-address 192.168.56.151 port 161


・設定の反映
commit

・設定の保存
save

・インターフェース確認
show interfaces

・ルーティング確認
show ip route

・シャットダウン
power off


他にもソフトウェアルータのquaggaというソフトウェアがあるようなので最近気になっています!こちらも使ってみたいと思います!



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】踏み台サーバごしのzabbixサーバへブラウザアクセスするメモ



ポート転送でサブディレクトリのzabbixを見る方法

Zabbixを構築したものの、アクセス元が踏み台サーバで、直接Zabbixサーバへアクセスできない時の対応策メモです。teratermのsshポート転送(sshポートフォワーディング・ポートフォワード)を使ってローカルPCから踏み台サーバを経由してZabbixサーバへブラウザアクセスさせる事ができました!

sshのポート転送機能を色々と調べていると、踏み台の多段転送を使用したりしていて、とても興味深かったので、多段転送についてもまた今度調べて実験してみたいと思います!

加えて、zabbixはデフォルト設定だと「IPアドレス/zabbix」というディレクトリ構成、サブディレクトリ構成になるので、ここの部分もapacheのドキュメントルートを書き換えてあげて、IPアドレスにアクセスすればzabbixが開ける様にしてあげる必要があります!

環境


ローカルPC Windows(192.168.100.1)
踏み台 CentOS7.5 InterFace1(192.168.100.101)
         InterFace2(172.16.100.101)
Zabbix-server(172.16.100.1)


私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

概要


・zabbixサーバのDocumentRootを変更
・teratermを使用してローカルPCから踏み台へアクセス
・teratermのポート転送機能を設定
 →ローカルPCのXX番ポート向けパケットを転送するようなイメージ?
・ローカルPCからアクセス可能になる



手順

※zabbix-server側での作業です。
・ドキュメントルートの変更
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

119行目付近
#DocumentRoot "/var/www/html"
 →DocumentRoot "/usr/share/zabbix"
へ変更。

・apacheの再起動
systemctl restart httpd

ポート転送の設定

※ローカルPCでの作業です。

・ローカルホストで踏み台へ接続
TeraTermを起動して、踏み台にSSH接続、ログインする。

・ポート転送の設定
接続後、teraterm上部メニューの「設定」→「SSH転送」を選択。
「SSHポート転送」のウインドウが出たら「追加」下記の値を入力

ローカルポート:10022 (1024以降の未使用の適当なポートでOKです)
リッスン:空欄 (※記入しない。空欄のままでOKです。)
リモート側ホスト:172.16.100.1 (zabbix-serverのIPアドレス)
ポート:80

OKをクリック。

ブラウザを起動して、URL欄に「127.0.0.1:10022」→ 「Enter」

これで接続できるはずです。

勘違いしがちなのが、リモート側ホストかな~と思います!踏み台サーバではなくて、接続したいサーバのIPアドレス+ポートです!

もしわからなかったら遠慮なくコメントでご質問ください!
(最近ちょくちょくコメント頂けるので、とても喜んでます!笑)

リクエストがあれば動画化しようと思います!


楽天トラベル

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】sshログインに時間がかかる時の対応メモ(CentOS7.5)




自宅のワークステーションへローカルPC(win10)からNECの業務用ルータのIX2015を経由してSSHアクセスしているのですが、WSへSSH接続した時に、IDとパスワードを入力後の動作がやたらと遅い、、とにかくログイン時の動作が遅かったのが気になっていたのですが、ルータ(SW)を経由しているせいでルーティングテーブル的なものがおかしいのかなぁ・・?と、思ったまま放置していました。

先日vsftpdで構築したCentOSのFTPサーバで、ログイン時に名前解決関係でログインユーザ・パスワードを入れた後に20秒~30秒位かかってしまっていたので、もしやsshも同じ症状でUSER/PWを入れた後に時間がかかっているのでは?と思って調べてみたところ、同じような原因だったので無事解決することができました!
vsftpdのログイン遅延解決

わたしの環境での解決策と、調べたメモです!

環境


ローカルPC:Windows10 (192.168.100.101)
ターミナル:teraterm
NW機器:NEC UNIVERGE IX2015 (192.168.100.1)
ワークステーション:CentOS7.5 (192.168.100.10)

※ローカルPCからワークステーションへteratermを使用してssh接続



解決方法

・ワークステーション側の「/etc/hosts」ファイルへローカルPCのIPアドレス(192.168.100.101)と・ドメイン(適当でOK)を記述

原因

名前解決関連・・?

手順

※ワークステーション側で
vi /etc/hosts
→ローカルPCのIPアドレス・ドメイン(適当に書いてOKみたいです)を記述
※127.0.0.1などはデフォルトで書かれているもの?で、追記するのは、ローカルPCのアドレス、ドメインです(「192.168.100.101」と「kokoha.nandemo.ok」の部分)


127.0.0.1 localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain 4
::1 localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain 6
192.168.100.101 kokoha.nandemo.ok





追記、保存後、特に再起動などせずにローカルPCから別のteratermを立ち上げて、ユーザ名、パスワードを入力したらログイン遅延などは起こらずにすぐプロンプトが返ってきました!

わたしはこの手順で解決しましたが、その他には

・名前解決をしないように設定する.
 →「/etc/ssh/sshd_config」ファイルに以下の設定を入れる.


UseDNS=no


などの方法でも解決した方がいたようです!


さいごに私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】【初心者むけ・動画あり】VirtualBox上へCentOS7インストールするメモ-teratermでSSH接続するまで




このblogで使っているテンプレート的CentOS7のサーバ構築手順をまとめてみました。
インターネットに接続できて、(安全性を確保するために)インターネットからはアクセスできない、ホストOSからはIP接続(teratermアクセス)可能な仮想サーバを構築します。

わたしはこの手順で作成した仮想サーバからZabbixやopenstackを構築しています。

zabbixやopenstackの構築手順も動画付きでupしていますので、ぜひインストールして遊んでみてください!うまくいかなかったところは教えていただければできる限りサポートいたします!コメントください!

(嬉しかったのでお知らせ笑)Pythonの資格を取りました!

受験記です、試験を受けて足りなかったと思ったところをメモしているので、ぜひ見てください!

【tech】Python 3 エンジニア認定基礎試験を受けてみて(受験記)

SSH接続するまでの動画アップしました!installmovie


環境/完成品


ホストOS:windows10
→BIOSから仮想化支援機能をONにしておいてください。
わからなければVT-xやhyper VTでググってください
仮想化:VirtualBox
ゲストOS:CentOS7
IF1:NAT接続
IF2:ホストオンリーアダプタ
要件:1.インターネットに接続できる。
   2.インターネットからはアクセスできない
   3.ホストからIP接続できる(ssh接続できる。)
   


CentOS7・VirtualBox・teratermのダウンロード

※各ソフトのダウンロード手順は割愛いたします。
 ダウンロード先のみ記載いたします。
・VirtualBoxのダウンロード
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

・CentOS7
http://isoredirect.centos.org/centos/7/isos/x86_64/CentOS-7-x86_64-DVD-1804.iso
※DLして置いておく分にはDVDISOでもいいと思います。
 →NWの都合などで軽量な方がいい方はminimalISOをDLしてください。

・teraterm
https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/

teraterm・VirtualBoxのインストール(参考手順)




・teratermのインストーラ起動→日本語→OK→同意する→次へ→
(任意の場所を選択、特になければそのままで)次へ→
(任意選択、特になければそのままで)次へ→日本語→次へ→
次へ→任意で関連付けをチェック→次へ→インストール→完了

・VirtualBoxのインストーラを起動する→next→next
(任意選択)Next→Yes→install→許可しますか?→はい→Finish

virtualboxの起動させましょう

・VMの作成
VBマネージャーの「新規」→名前任意でつける(CentOS7_test)→次へ→
(任意)1024MB→仮想ハードディスクを作成する→作成→
VDI→次へ→(説明を読んでご判断ください)可変サイズ→次へ→
作成→VBマネージャに(CentOS7_test)が出来上がる。

・VMの起動
CentOS7_testをダブルクリック→ISOファイルを選択して→起動

※この辺りでインストールがうまくいかないときはVT-xがONになってない可能性があるのでご確認ください!

CentOSのインストール(参考手順)




・Test media Install CentOS7→(しばらく待つ)→日本語(選択しておきましょう)→続行→
「インストール先」→なにも変更せず「完了」→
※ここでDVDISOを選択した人はソフトウェアの選択でパッケージを選ぶ事ができます。
インストールの開始→「ROOTパスワード」→「root123」(で統一しておきましょう。)

・インストール完了までまつ

・再起動

CentOSの起動


※VirtualBox操作の注意点

VirtualBoxを選択するとVirtualBox内での操作となります。
(カーソルを動かそうとしてみてください。)
これは右側の「Ctrl」キーを押すと解除できます。

・ログインしましょう。

ID:root
PW:root123

・InterFace、IPアドレスの設定をしましょう。
nmtui
→ edit a conection → enp0s3(←これがVMのIFです)

・インターフェースの追加


今回VMからインターネット接続するための「NATインターフェース」と
VMにSSHするための「ホストオンリーアダプタ」のインターフェースをつくります。
実現するために、VMにインターフェースを1つ追加してあげます。
※単純に物理PCのUTPケーブルの接続ポートを一つ追加するイメージです。


VBマネージャの「設定」→ネットワーク→アダプタ-2
※VirtualBoxを起動したままだとインターフェースを
 追加できないので一時的にVMを落とす必要があります。

・ゲストOSのshutdown
shutdown -h now

virtualboxマネージャーの「設定」→「ネットワーク」→「アダプター2」
「ネットワークアダプタを有効化」にチェック→
「未割り当て」を「ホストオンリーアダプタ」へ変更
高度→MACアドレスの下4桁をBBBBに変更しておきましょう(変更は必須ではありません)
※同じく任意で、アダプター1のNATインターフェースのMACアドレスもAAAAに変えておきましょう

・ホストオンリー:BBBB
・NAT:AAAA



VirtualBoxのネットワークアダプタについて簡単に個人的解釈強めで解説します。
主に使うのは3つで、「natネットワーク」「ホストオンリーアダプタ」「ブリッジ接続」
の3つになると思います。

・natアダプタ
文字通りNATが効きます。
イメージ的には「PCとVMの間のNATアダプタでNATされる」と解釈しています。
(もちろんPCがグローバル側、VMがローカル側です。)
PCからVMに割り当てられたIPアドレスへは疎通がとられません。
VMからインターネットへ接続が可能です

・ホストオンリーアダプタ
こちらも文字通りホストとVM間でのみ疎通がとられる接続方式です。
VirtualBoxの設定により、手動でIPアドレスを割り当てる(変更する)事も可能です。
変更のやり方は後ほど記載いたします。
VMからインターネットへ接続できません

・ブリッジ接続
こちらも文字通りブリッジ接続です。
ホストPCと同じNWに所属させる接続方式です。
windows10でブリッジ接続しようとすると、バグ?か何かで
うまく動いてくれないので、わたしはブリッジ接続が必要なときは
VMwarePlayerを使っています。
VMからインターネットへ接続できます。

他にも接続方式はありますが、私がよくわかっていませんので
オフィシャルや他の方のblogをご参考にご理解お願いいたします。
私はこの3つの接続しか理解していませんし、使いません。


・VMを起動
nmtui

・ホストオンリーアダプタ(BBBBへ変更したNIC)のIPアドレス設定
この時DeviceにMACアドレスが表示されますので、
「AAAA」や「BBBB」でどちらが「NATインターフェース」か
「ホストオンリーインターフェース」か簡単に判別がつきます。

IPv4 CONFIGURATIONを「Manual」へ変更→「Show」をクリック→アドレスに「192.168.56.150/24」(※255.255.255.0ではなく「/24」)
「Never use this network for default route」(このネットワークをデフォルトルートに使用しない)にチェック→「OK」

enp0s3側のインターフェースも開いてみてください。
「Automatically connect」にチェックが入ってないので、チェックを入れてください(起動時にインターフェースをONするという解釈しています。詳しくはググってください笑)

・NWの状態を確認してみましょう
ping 8.8.8.8

ping 8.8.8.8はgoogleのpublicDNSのIPアドレスです。
→インターネットに接続できているかどうかの確認になります。


※windows側からもコマンドプロンプトを立ち上げて
192.168.56.1にpingが通ることを確認できれば間違いないでしょう。

・teraterm起動
割り当てたVMへSSHする

※AAAAのほうは特に触りません

VMへSSH接続


・teraterm起動
割り当てたIPアドレスでSSHアクセス、
ID:root
PW:root123

・各IFのアドレス確認
ip a

・デフォルトルートの確認
ip r

4.インターネットへの接続を確認(google public DNSのIPアドレスへping)
ping 8.8.8.8

これで、VritualBox上にCentOS7の構築が完了です。
このVMをovaファイルとしてテンプレートとしてバックアップしておきましょう。

CentOS7の使い方やテキストエディタのvi(vim)操作のまずはおさえておくべき内容だと思うものをメモしているので、ぜひ見てください!

vimメモ

Vagrantなどのソフトを使っても自動構築する事ができるようです
わたしは使いこなせていません。。笑

VM構築が完成したことあとは
CentOS7にZabbix4.0をインストールする手順メモ

Zabbix4.0のNW機器(VyOS)を監視設定する手順メモ

Openstackをインストールしたメモ

以上です!
ご参考になれば幸いです!
良かったらイイねやシェアお願いいたします!



楽天トラベル

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーずいぶん安くなってるんですね!
下のCentOS7の本はamazonで一番評価が高かった本です!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)