【tech】PowershellでAzure SQL Databaseのサイズ変更するメモ



公開:2020/01/28
更新:2020/01/28

職場でAzureを使っているのでpowershellで操作できるようになりたいと思い、先日、AzureRMなどのセットアップ手順メモを書きましたが、その続きです。

【tech】2019年12月版 Azure操作の為のPowerShell

Azure SQL Databaseのサイズ変更のコマンドメモです。
powershellってAzureRMのコマンドだったり、AzureCLIのコマンドだったり、多すぎですよね笑

環境


リソースグループ名:Test-RG
SQLサーバー名:sqlsv00
データベース名:db00
DBのサイズ:S1
変更後のDBサイズ:Basic

手順




・変数定義
$resourceGroup = "Test-RG"
 →リソースグループ名
$sqlserverName = "sqlsv00"
 →SQLサーバ名
$databaseName = "db00"
 →変更したいDB名
$dbChangeEdition = "Basic"
 →Basic、Standard、Premium、DataWarehouse、GeneralPurposeなど

$dbChangeLevel = "S1"
 →希望のサイズ。他にはP1など。Basicシリーズだと不必要

・サイズ変更のAzureRMコマンド
Set-AzureRmSqlDatabase -ResourceGroupName $resourceGroup -ServerName $sqlserverName -DatabaseName $databaseName -Edition $dbChangeEdition -RequestedServiceObjectiveName $dbChangeLevel


・Basicサイズに変更したい場合
Set-AzureRmSqlDatabase -ResourceGroupName $resourceGroup -ServerName $sqlserverName -DatabaseName $databaseName -Edition $dbChangeEdition



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】AzureSQLDatabaseの作成からローカルPCからの接続までのメモ



Azureの勉強とDBの勉強が同時にできると思って、AzureのPaaSサービスを使ってみたのですが、さっそく訳が分からなかったのでメモです笑

AzureのPaaSサービスのAzureSQLDatabaseというのを使ってみたのですが、
接続方法がわからなくてテンパりました。

ローカルの作業PCにMicrosoftの「SQL Server Management Studio」というアプリケーションを入れればローカルの作業PCからSQL接続できる事がわかりました。

SQL Server Management Studio はMicrosoftから無料でDLできます。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ssms/download-sql-server-management-studio-ssms?view=sql-server-2017

※「SSMS」などでググれば大体一番上にでます。

SSMSをDL後、作業PCにインストールします。
ソフトを起動させると「サーバーへ接続」のウインドウが立ち上がるので、


サーバーの種類:データベースエンジン
サーバー名  :kusomemo.database.net
認証     :SQL Server認証
ログイン   :kusomemouser
パスワード  :kusoPASS123!!




の要領で、設定した値をいれれば接続できます!
AzureポータルからAzureSQLDatabaseを作成するところから乗せるつもりがSSMSだけで終わってしまいましたので、またブラッシュアップします!笑
楽天トラベル

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもメモリもSSDもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Azure上のCentOS7へnginxをインストールするメモ



Azureを使い始めて間もないですが、まずは、ずっと触ろうと思っていたnginxを触ってみようと思います。色々と調べていると、クラウド上にWORDPRESSを構築している人はnginxをロードバランサーとしてフロントに立てて、スタティックIPをあてて、その後ろで静的コンテンツと動的コンテンツを配信するような仕組みで作っているようです。

書いていてよくわかっていませんが、(笑)作っていくうちにわかってくるものだと信じてまずはnginxをインストールするところまでを手順のメモとして書き残します!

環境


Azure VirtualMachine
サイズ:Standard B1s (1 vcpu 数、1 GB メモリ)




・リポジトリの追加
sudo vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo


[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1


・nginxのインストール
sudo yum -y install nginx

・nginxの自動起動
sudo systemctl enable nginx

・nginxの起動
sudo systemctl start nginx

・アクセス確認(nginxをインストールしたサーバのIP)
http://40.50.60.xx/
 ※↑のIPアドレスはサンプルです

ここでアクセスできなかった時はfirewallの設定を見てみましょう。

・firewallの設定確認
firewall-cmd --list-service
→httpがある事を確認

・http/httpsの許可を追加
firewall-cmd --add-service=http
firewall-cmd --add-service=https

・firewallの再起動
firewall-cmd --reload

ひとまずインストールはここまでです。
明日はリバースプロキシの設定に挑戦しようと思います。

別件ですが、AzureのPaaSサービスのAzureSQLDatabaseの作成と、SSMS(SQL Server Management Studio)を使用した接続のメモ手順です!よかったら見てください!

【tech】AzureSQLDatabaseの作成からローカルPCからの接続までのメモ



楽天トラベル

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもメモリもSSDもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Azureにssh接続する方法メモ



AWSの無料期間が終わりそうなので、これからはAZUREを使ってみようと思います。といってもFXの自動売買ツールを動かしているだけなのですが。。笑

いまっはGCPのbitnami WORDPRESSを使ってこのblogを動かしていますが、新たにAzure上にnginxをLBに使って後ろにWORDPRESSを構築しなおしたいな~と目論んでおります!

環境


クラウド:Azure
サイズ:Standard B1s (1 vcpu 数、1 GB メモリ)
VM名:nginx00
ネットワークインターフェース:nginx00143
NWセキュリティグループ:nginx00-nsg

手順




・ネットワークセキュリティグループに追加
AzureのTOP画面から「全てのサービス」→「すべて」→「NSG」で検索→「ネットワークセキュリティグループ」→「nginx00-nsg」クリック→「受信セキュリティ規則」→「追加」→下記値を参考にSSH許可する→「追加」


ソース:Any
ソースポート範囲:*
宛先:Any
宛先ポート範囲:22
プロトコル:TCP
アクション:許可
優先度:100
名前:SSH_sample


※ssh接続ですので、ソースアドレス・宛先は的確に絞る事をお勧めいたします。

・IPアドレスの確認
管理ポータルのTOP画面から「VirtualMAchines」→「nginx00」→「パブリックIP」
→パブリックIPアドレスを確認

teratermなどを立ち上げて確認したパブリックIPアドレスを入力、VM作成時に設定したユーザ名・パスワードでログインする
これが出来たら、ぜひお試しください!AzureにNginx on CentOSで構築したメモです!

【tech】Azure上のCentOS7へnginxをインストールするメモ

AzureのPaaSサービスのAzureSQLDatabaseの作成と、SSMS(SQL Server Management Studio)を使用した接続のメモ手順です!よかったら見てください!

【tech】AzureSQLDatabaseの作成からローカルPCからの接続までのメモ



楽天トラベル

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもメモリもSSDもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)