【tech】NEC IX2015、IX2105の初期化手順メモ



公開:2020/04/28
更新:2020/04/28

自宅で使っていたIX2015とIX2105をヤフオクで処分したので、発送前の初期化をしたメモです。

NECのIXもciscoのterminal length 0 (ter len 0)がそのまま入力できるし、screen-length disableというコマンドでも同じ動作させることができるんですね!

IX2105の初期化


・ログインする

・configモードへ移行
enable-config

・スタートアップconfigの削除
erase startup-config
→yes

・configモードから抜ける
exit

・configの初期化
default-console command-line

・リロード
reload
→yes

ログ





Router# enable-config
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# erase startup-config
Are you sure you want to erase the startup-configuration? (Yes or [No]): yes
Router(config)# exit
Router# default-console command-line
% You must RELOAD the router for this configuration to take effect.
Router# reload
% Warning: current running-configuration is not saved yet.
Notice: The router will be RELOADED. This is to ensure that
the peripheral devices are properly initialized.
Are you sure you want to reload the router? (Yes or [No]): yes

NEC Bootstrap Software
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.

%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2105-ms-8.7.22.ldc].
Loading: ############################################################### [OK]

Starting at 0x20000

Configuring router subsystems (before IDB proc): done.
Constructing IDB(Interface Database): done.
Configuring router subsystems (after IDB proc): done.
Initializing router subsystems: done.
Starting router subsystems: done.

All router subsystems coming up.

NEC Portable Internetwork Core Operating System Software
Copyright Notices:
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.
Copyright (c) 1985-1998 OpenROUTE Networks, Inc.
Copyright (c) 1984-1987, 1989 J. Noel Chiappa.
Router#

IX2015の初期化





コンソールケーブルで接続後、電源を入れます。
起動中のロード画面中の「###」が増えていくタイミングで、「ctrl」+「c」で、bootモードに入ります。
(ログに記載しています。)

※bootモードでは「?」でヘルプが出せます。

・スタートアップコンフィグの削除
cc
→y

・デフォルトコンフィグの削除
dc
→y

・初期化してboot

ログ





stic Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%DIAG-INFO: Starting System POST(Power On Self Test)

DRAM TEST 1: Pass
DRAM TEST 2: Pass
NVRAM TEST: Pass
CPU TEST: Pass
PLD TEST: Pass
LAN1(FE0/0) TEST: Pass
LAN2(FE0/1) TEST: Pass
SECURITY TEST: Pass
VOLTAGE STATUS: 3.251V Pass
TEMPERATURE STATUS: +24.0degC Pass

NEC Bootstrap Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%BOOT-INFO: No boot records found, attempting flash load.
%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2010-ms-8.3.49.ldc].
Loading: ################### ★★★ここで「ctrl」+「c」
NEC Bootstrap Software, Version 22.34
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.



boot> cc
Enter "Y" to clear startup configuration: y
% Startup configuration is cleared.

NEC Bootstrap Software, Version 22.34
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.
boot> dc
Enter "Y" to clear default configuration: y
% Default configuration is cleared.

NEC Bootstrap Software, Version 22.34
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.
boot>
boot> b



NEC Bootstrap Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%BOOT-INFO: No boot records found, attempting flash load.
%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2010-ms-8.3.49.ldc].
Loading: ######################################################## [OK]

NEC Diagnostic Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%DIAG-INFO: Starting Interface Unit POST(Power On Self Test)

%DIAG-INFO: Interface unit is 4FESW-BRI
HUB(SW)1-4 TEST: Pass
BRI TEST: Pass

Starting at 0x20000

Configuring router subsystems (before IDB proc): done.
Constructing IDB(Interface Database): done.
Configuring router subsystems (after IDB proc): done.
Initializing router subsystems: done.
Starting router subsystems: done.

All router subsystems coming up.

NEC Portable Internetwork Core Operating System Software
Copyright Notices:
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.
Copyright (c) 1985-1998 OpenROUTE Networks, Inc.
Copyright (c) 1984-1987, 1989 J. Noel Chiappa.
Router#

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でNginxを監視設定するメモ



投稿:2020/1/19
更新:2020/1/19

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・モジュールの確認
nginx -V 2>&1 | grep -o with-http_stub_status_module

・ディレクトリ移動
cd /etc/nginx/conf.d/

・zabbix用のconfファイル編集
vi zabbix.conf

        location = /basic_status {
            stub_status on;
            access_log off;
            allow 127.0.0.1;
            allow 192.168.100.151;
            deny all;
        }



・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・nginxの再起動
systemctl restart nginx

・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・モジュールへの接続確認
curl 127.0.0.1/basic_status





ブラウザ側でマクロをlocalhost→127.0.0.1に変更



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でMySQL8.0を監視する手順メモ



投稿:2020/1/18
更新:2020/1/18

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・テンプレートのDL
wget https://git.zabbix.com/projects/ZBX/repos/zabbix/browse/templates/db/mysql/template_db_mysql.conf -P /etc/zabbix/zabbix_agent2.d

・ディレクトリ移動
cd /etc/zabbix/zabbix_agent2.d/

・テンプレートをリネーム
mv template_db_mysql.conf userparameter_mysql.conf


・MySQLへログイン
mysql -uroot -p
→Root123!

・ログイン中のユーザを確認する
select user();

・ユーザ一覧を表示
SELECT Host, User FROM mysql.user ;

・監視用ユーザの作成
CREATE USER 'zbx_monitor'@'%' IDENTIFIED BY 'Zbxmoni123!';

・ユーザの削除したい時
drop user zbx_monitor2@'%';

・パスワードを変更したい場合
SET PASSWORD FOR zbx_monitor = 'Zbxmoni123_hennkougo';

・権限の付与
GRANT USAGE,REPLICATION CLIENT,PROCESS,SHOW DATABASES,SHOW VIEW ON . TO 'zbx_monitor'@'%';


・権限の確認
SHOW GRANTS FOR 'zbx_monitor'@'%';

・データベースの一覧を確認
show databases;

・データベースを選択
use zabbixDB

・テーブル一覧
show tables;

・設定の保存
FLUSH PRIVILEGES;

・mysqlからログアウト
quit;


・ディレクトリの作成
mkdir /var/lib/zabbix

・ディレクトリの移動
cd /var/lib/zabbix

・cnfファイルの作成(※要隠しファイル「.mycnf」です)
vi .my.conf


[client]
user=zbx_monitor
password=Zbxmoni123!


・ファイル作成後の確認
ls -al

・権限の変更
chmod 600 .my.cnf

・所有者の変更
chown zabbix:zabbix .my.cnf


・zabbix-agentのステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・zabbix-agentの再起動
systemctl restart zabbix-agent2



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】IX2105でtelnetができないときのメモNEC UNIVERGE IX2105



ヤフオクで買った中古のIX2015で遊んでいたお話は何度か書きましたが、さすがに100Mポートに限界を感じ、ヤフオクなどでRTX1200などが安く買えないか見ていたのですが、中古のIX2105が4000円位まで下がってきているという情報を得たので、さっそく買いました!笑

なんと、YAMAHAのRTX1200(のOEM品のNTT BIZ BOX N1200)と、YAMAHAのRTX810!(のOEM品と笑)NECのUNIVERGE IX2105を4台!しめて送料もいれて総額20000円です!安く買えてますよね~

この夏はこれらのNW機器で遊び倒します!笑

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私はこのPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

本題

さっそく、NEC UNIVERGE IX2105で遊ぼうと思ったのですが、consoleで接続して、IPアドレスを設定して、pingは飛ぶけどtelnetができない・・・

簡単に調べてみたのですが、IX2105はix2015とはちがってtelnetやsshをenableしてあげないとだめなんですね!


コマンド

・telnetを使用できるようにする
telnet-server ip enable

・SSHを使用できるようにする
ssh-server ip enable

以下、ログです。


Router#
Router# configure
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
Router(config)# telnet-server ip enable
Router(config)#
Router(config)# ssh-server ip enable
Router(config)#
Router(config)#


設定保存のwrite memoryをお忘れなく!

telnetはすぐできたのですが、SSHだとユーザをつくって、パスワードを設定してあげないとダメなんですね、たしかに・・・納得です!
ユーザ作成などはまた調べて更新しておきます!!

これでIX2105とRTX1200とRTX810でNWをつくってZabbixから監視したりAnsibleで設定変更加えてみたりできると思うと、とても楽しみです!

こちらもぜひみてみてください!

・Zabbix4.2をCentOS7上に構築する
・Zabbix4.2からNW機器(VyOS)のトラフィック監視する


楽天トラベル

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】【動画あり】Zabbix4.0へVyOSをSNMP監視対象として追加する



※2018/11/9更新

先日Zabbix4.0を構築したので、とにかく監視設定をしてみたくて、色々調べた結果、
VirtualBoxがあればVyOSというソフトウェアルータをNW機器として監視できるようだったのでどうにか設定してみたメモです!わかりづらいなどあればコメントください!
よろしくお願いいたします!

動画upしました!(install movie)


環境
・Zabbix-server
CentOS7 (minimal) on VirtualBox
IF1:Nat
IF2:ホストオンリーアダプタ接続
   (IP:192.168.56.150)
DB:MariaDB
SNMP COMMUNITY:kusomemo
(※任意の名前で監視対象(VyOS)と合わせる)


私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

VyOS
VyOS(Ver1.1.8)※2018/11/7時点で最新版は1.2.0です。
IF1:ホストオンリーアダプタ接続
  (IP:192.168.56.151)
SNMP COMMUNITY:kusomemo
(※任意の名前で監視サーバ(Zabbix-server)と合わせる)





◆Zabbix-server構築
こちらはこの手順(CentOS7用)この手順(Ubuntu1804LTS用)をご参考にインストールお願いいたします。

※以降の手順はCentOS7ベースで進めます

~~~Zabbix-Serverの構築後からのスタートです!!!~~~

Zabbixブラウザからの作業


・日本語化
→右上の人型マークをクリック
 LanguageをJapaneseに変更しておきましょう。

5分ほど待つと、ブラウザにZabbix-server(自身)から
Zabbix-AgentのUnreachアラームが出ますので、まずはこの障害を解消しておきましょう。

teratermでの作業


Zabbix-serverへteratermからアクセス。

・Zabbix-agentのステータス確認
systemctl status zabbix-agent

・Zabbix-agentの自動起動をON
systemctl enable zabbix-agent

・Zabbix-agentの起動させる
systemctl start zabbix-agent

・Zabbix-agentのステータス確認
systemctl status zabbix-agent

→これで、ブラウザ側でも5分ほど経てば障害アラームが消えるはずです。

VyOSの構築


VyOSとは・・

VyOSは、オープンソースで開発されているネットワークOSである。主にソフトウェアルータとして運用される。
Debian GNU/Linuxを基盤として開発されている。


wikipediaによるとこんな事を書いてました。
私もよくわかりません。。。笑


Virtual Boxにインストールします。


VirtualBoxを起動
Virtual Boxマネージャ→新規→名前「VyOS」→タイプ「Linux」
→バージョン「Debian (64-bit)」

メモリ:1024MB(512MB程度で可)→仮想ハードディスクを作成する→作成→VDI→次へ→可変サイズ→次へ→2GB→作成

出来上がったVyOSのネットワークアダプタがホストオンリーアダプタ接続に変更して、ダブルクリックで起動させる。
→フォルダボタンをクリックしてVyOSのisoイメージファイルを選択
→開く→起動→立ち上がるのをまつ。

初期ユーザーとパスワードでログインします。
user : vyos
password : vyos

・インストール
install image


Would you like to continue? (Yes/No) [Yes]:
 →yes →Enter
Partition (Auto/Parted/Skip) [Auto]:
 →(何も入力せずに)Enter
Install the image on? [sda]:
 →(何も入力せずに)Enter
This will destroy all data on /dev/sda.
Continue? (Yes/No) [No]:
 →yes →Enter
How big of a root partition should I create? (1000MB - 2147MB) [2147]MB:
 →(何も入力せずに)Enter
What would you like to name this image? [1.1.8]:
 →(何も入力せずに)Enter
Which one should I copy to sda?
 →(何も入力せずに)Enter
Enter password for user 'vyos':
 →vyos(にしておきます※任意) →Enter
Retype password for user 'vyos':
 →vyos →Enter
Which drive should GRUB modify the boot partition on? [sda]:
 →(何も入力せずに)Enter


プロンプトが帰ってきたら、VirtualBoxにの上のメニューから
デバイス→光学ドライブ→仮想ドライブからディスクを除去→強制マウント解除し、
VirtualBoxのコマンド入力画面から再起動させます。

・再起動
reboot
→yes

※何度か試しましたが、たまに再起動できなかったので、できなかった時は「×」で閉じて、「仮想マシンの電源OFF」でもOKです。



VyOSの仮想マシンが起動するまで待つ。

vyos login:vyos
password:vyos

・configモードへ移行
configure

・IPアドレス設定
set interface ethernet eth0 address 192.168.56.151/24

・SSH設定
set service ssh

・設定の反映
commit

・設定の保存
save


この時点でwindowsのコマンドプロンプトからpingを打っておくといいと思います。
もしVyOSまで届かない時はVirtualBoxのアダプタ設定(ホストオンリーアダプタになっているかどうか)を確認したり、Zabbix-ServerからVyOS宛へpingをうってみたり、VyOS側からホストオンリーアダプタの(192.168.56.1)へPING打ってみたり、いろいろ試してみてください!


ここからはteratermでアクセス


IPアドレス:192.168.56.151
user:vyos
PW:vyos

・設定モードに入る
configure

・snmp設定
set service snmp community kusomemo 

・監視サーバからのアクセス
set service snmp community kusomemo authorization ro

・trapの送信先設定
set service snmp trap-target 192.168.56.150

・SNMPインターフェースの設定(待ち受けIPアドレスとポート番号)
set service snmp listen-address 192.168.56.151 port 161

・変更のコミットおよび設定保存
commit

・設定保存
save

これでVyOS側(監視対象)の構築作業が完了です。


以降はZabbix-server(192.168.56.150)での作業


Zabbix(監視server)側でも、VyOS(監視対象)と
snmpでのやり取りができるようにしていきます。
MIBとかOiDとかよくわからないので詳しい方教えてください。。
詳しくなりたい。。泣
勉強しよう。。。

・snmp関連PKGインストール
yum -y install net-snmp net-snmp-utils

・SNMP疎通確認
snmpwalk -v 2c -c kusomemo 192.168.56.151 .1.3.6.1.2.1.1

→Zabbix-serverからVyOSに対してMIBの取得ができている事が確認できました。

Zabbixブラウザ作業


Zabbix-Severへ監視対象(VyOS)の追加

・ブラウザから追加
TOP画面より「設定」ー「ホスト」をクリックします。
「ホストの作成」をクリックします。

・「ホスト名」「所属グループ」に任意の名前を入力
ホスト名:VyOS_Host
所属グループ:VyOS_Group
→「VyOS_Group新規」が出たらクリック

・SNMPインターフェースの「追加」をクリックして、
 SNMPインターフェースに監視対象のネットワーク機器(VyOS)のIPアドレスを入力
192.168.56.151

そのまま「テンプレート」タブをクリックします。

新規テンプレートをリンク項目に追加するため、
「選択」をクリックします。

※今回は「Template Net Juniper SNMPv2」でいきましょう。


おそらく、これといって正解はなく、
・Template Net Network Generic Device SNMPv2
・Template Module ICMP Ping
などでもOKで、監視項目が変わるみたいです。(CPUとか温度とかその辺)
複数選択する事もできるようなので、複数選択してみるのもOKだと思います!


チェックを入れ「選択」をクリック。

「追加」をクリックします。

マクロタブ選択、
マクロ:{$SNMP_COMMUNITY}
値:kusomemo
→追加

「追加」をクリックします。


監視対象のVyOSをZabbix-Serverに見つけさせます。


「設定」→「ホスト」→VyOS_Hostの行の「ディスカバリ」をクリック。

LLDの初期設定は1hです。
1時間経過しないと、ネットワーク機器のポート情報が反映されませんので、時間短縮のために同期時間を短くします。

ネットワーク機器(VyOS_Host)の「ディスカバリ」をクリックします。

「Network interface discovery」をクリックします。

監視間隔を「1h」→「1m」に変更し「更新」をクリックします。

もう一度「設定」→「ホスト」にもどって、
LLDの反映前の、アイテム、トリガー、グラフの数値を見ておきましょう。
アプリケーション:9
アイテム:15
トリガー:7
ディスカバリ:6
の値に変化が起こります。

(60秒で反映されます。)

LLD反映後はアプリ、アイテム、トリガー、グラフの増えて、
右側のSNMPという表示が緑色の変わります。

これで設定は完了です。
さきほど変更した更新間隔を「1m→1h」に戻しておきましょう。

先ほど監視対象に追加したネットワーク機器のトラフィックを確認する手順です。
「監視対象データ」-「グラフ」をクリックします。

ホスト:VyOS_Host
グラフ:interface eth0xxxxxxxxxxxxxx
を選択してグラフを見てみましょう。

・zabbixサーバ側からpingを打ってみましょう。
ping -s 65000 192.168.56.151

望んだ通りにグラフは動いたでしょうか?
→Zabbix-ServerとのSNMP連携(?)が5分周期になっているので、グラフが表示されるまで、少し時間がかかると思います。

ホントはリンクダウンアップを見たかったけどやりかたがわかりませんでした。。
TRAPをZabbix-Serverに表示させるには、また別の方法で
ちょっとややこしめの設定がいるみたいです。

Zabbix面白いです!詳しくなりたい!!!!!!!!

以上です!!!!
ありがとうございました!


楽天トラベル

後日、動画とlogをアップしようと思います!
下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)