【tech】Redmine構築時のPassengerエラー We're sorry, but something went wrong.



投稿:2019/11/2
更新:2019/12/27

CentOS8でRedmine4を構築している時にエラーが出てなかなか解決に至れず最終的になんとも情けないところで解決したメモです。

CentOS8でRedmine4をインストールする手順は公開していますので是非見てください!
・Nginx版

【tech】【Movie】KVM環境のCentOS8にnginxでRedmine4を動かすメモ


・Apache版

【tech】【Movie】CentOS8 (on KVM)にRedmine4をインストールするメモ(Apache版)


・Webrick版

【tech】【動画あり】CentOS8.0(on KVM)にRedmine4インストールしたメモ(WEBrick版)

CentOS8にApacheでRedmine4を構築していて、CentOS7ではすんなりインストール出来て余裕をこいていたら見事にハマってしまいました。


We're sorry, but something went wrong.

The issue has been logged for investigation. Please try again later.





という画面が出たら
水色の文字の


Technical details for the administrator of this website


をクリックします。
するとエラーの詳細が確認できます。

私の場合は



Error:
Web application could not be started

Error ID:
993f9e14

Details:
Web application could not be started by the Phusion Passenger application server.

Please read the Passenger log file (search for the Error ID) to find the details of the error.

You can also get a detailed report to appear directly on this page, but for security reasons it is only provided if Phusion Passenger is run with environment set to development and/or with the friendly error pages option set to on.

For more information about configuring environment and friendly error pages, see:





というエラーでした。
色々とググったりして調べて、CentOS7の手順メモを見返して私は気づいたんです。。。


SELINUXをDisabledにしていない事に・・・

SELINUXを
vi /etc/sysconfig/selinux

SELINUX=Disabled
にして
VMを再起動したらRedmine動きました笑

やっぱり、慣れてる、余裕だと思っても、手順飛ばしはいけないですね!

気が引き締まりました!笑




楽天トラベル

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】【動画あり】CentOS8.0(on KVM)にRedmine4インストールしたメモ(WEBrick版)



動画つくりました!
・Apache版作りました!

【tech】【Movie】CentOS8 (on KVM)にRedmine4をインストールするメモ(Apache版)

・Nginx版作りました!

【tech】【Movie】KVM環境のCentOS8にnginxでRedmine4を動かすメモ

・KVM(vBridge)のセットアップ手順です!

【tech】【動画あり】CentOS8でKVMの仮想化環境構築vBridgeの作成メモ

新しく公開されたCentOS8にRedmine4をインストールしたメモです。
いつもならVirtualBox上にCentOSをインストールするのですが、まだVirtualBoxにCentOS8をインストールする事が出来ず。(画面、バグりませんか?)

今は、余っていたノートPCに直接CentOS8をインストールして、KVMで仮想化してそのうえで新しいソフトウェアをインストールしたりして遊んでいます。

もともと家のLAN構築して遊んでいたので、この環境にラズベリーパイを入れたりして、家の環境をもっと楽しくさせていきたいと思います!

今回はまずはRedmineを起動させてみたので、その手順のメモです!
参考にした手順が、Rubyの標準ライブラリの「WEBrick」をWebサーバとして起動させる手順でした。

また今度、ApacheやNginxで起動させる手順も確立させて後悔したいと思います!


環境


OS:CentOS8.0
仮想化:KVM
IPアドレス:192.168.100.101

Redmine:Ver 4.0.5
DBname:redmine_db
DBuser:redmine_user
DBuserPW:Redmine123!


手順




・OSユーザ追加
useradd redmine

・OSユーザPW設定
passwd redmine
→PW:redmine

・OSユーザにsudo許可
usermod -a -G wheel redmine

・FWにRedmine用の通信許可設定
firewall-cmd --zone=public --add-port=3000/tcp --permanent

firewall-cmd --reload


・開発ツールのインストール
dnf group install -y "Development Tools"

・その他PKGのインストール
dnf install -y postgresql-server postgresql-devel ruby ruby-devel rubygems wget zlib-devel

・アップデート
dnf update -y

・Postgreユーザへスイッチ
su - postgres

PostgresSQLの設定




・DB作成
postgresql-setup initdb

・redmineからアクセス設定
vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
→「host」以下3行追記
※viは「/Put」で検索できます。


# Put your actual configuration here
# ———————————-
#
# If you want to allow non-local connections, you need to add more
# “host” records. In that case you will also need to make PostgreSQL
# listen on a non-local interface via the listen_addresses
# configuration parameter, or via the -i or -h command line switches.

####ここから

host redmine_db redmine_user 127.0.0.1/32 md5
host redmine_db redmine_user ::1/128 md5
local redmine_db redmine_user md5

####ここまで


・PostgreSQLの自動起動設定
systemctl enable postgresql.service

・PostgreSQLの起動
systemctl start postgresql.service

psql -U postgres
→PostgresDBへ入り、プロンプトがかわる


・DBユーザ、PWの設定
CREATE ROLE redmine_user LOGIN ENCRYPTED PASSWORD 'Redmine123!' NOINHERIT VALID UNTIL 'infinity';

・DBの作成
CREATE DATABASE redmine_db WITH ENCODING='UTF8' OWNER=redmine_user;

・Postgresを抜ける
\q

・rootに戻る
exit

・ディレクトリ移動
cd /opt

・Redmine4.0.5のダウンロード
sudo wget http://www.redmine.org/releases/redmine-4.0.5.tar.gz -O /opt/redmine-4.0.5.tar.gz

・Redmine4の展開
sudo tar -xzf redmine-4.0.5.tar.gz

・シンボリックリンクの作成
sudo ln -s /opt/redmine-4.0.5 /opt/redmine

・ディレクトリ移動
cd redmine


・データベースymlファイルの作成
cp config/database.yml.example config/database.yml

・データベースymlファイルの編集
vi config/database.yml
→「:%d」で全削除して、下記を追記
 ※yamlファイルはインデントに意味がありますので、adaperより下は半角スペースを2文字入れてください

# PostgreSQL configuration
production:
  adapter: postgresql
  database: redmine_db
  host: 127.0.0.1
  username: redmine_user
  password: "Redmine123!"

・接続確認
psql -d redmine_db -U redmine_user -W
→Redmine123!

・Postgresを抜ける
\q

・ディレクトリの確認
pwd
→「/opt/redmine」

※以降の手順は「/opt/redmine」で実行して下さい


・bundlerのインストール
gem install bundler

・Redmineのインストール
bundle install --without development test rmagick

・セッションCookieのエンコードに使用されるトークンを生成
bundle exec rake generate_secret_token

・データベースオブジェクトを生成
RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate

・デフォルトのデータをデータベースにロード
RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=en bundle exec rake redmine:load_default_data

・権限変更
chown -R redmine:redmine /opt/redmine*

・webrickの起動
bundle exec rails server webrick -e production


・Redmineへアクセス
ブラウザを立ち上げ「192.168.100.101:3000」へアクセス
初期ID:admin
初期PW:admin



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Rubyのbundlerでpermission deniedエラー




ubuntu1804にRedmine4.0をインストールしようとしているのですが、思っていたよりハマってしまっていて、勉強になっていてとても楽しいです。笑
インストールできました!
nginxで動かしています!

rubyのPKG管理ツールのBundlerを使用してGem PKGをインストールしようとしているのですが、permmision deniedがでたので解決方法を調べたメモです。

環境


ホストOS:Windows10
仮想化:virtualbox
ゲストOS:ubuntu1804
ユーザ・グループ:red-test

・原因
エラーログに記載されているファイルの権限エラー

・解決方法
ファイルへ権限付与

・エラーログ
Errno::EACCES: Permission denied @ rb_sysopen -
/var/lib/redmine/vendor/bundle/ruby/2.5.0/extensions/x86_64-linux/2.5.0/nokogiri-1.9.1/gem_make.out

手順



・ディレクトリの移動
cd /var/lib/redmine/vendor/bundle/ruby/2.5.0/extensions/x86_64-linux/2.5.0

・権限の確認
ls -l


drwxr-xr-x 3 red-test red-test 4096 12月 26 00:47 ./
drwxr-xr-x 3 red-test red-test 4096 12月 26 00:35 ../
drwxr-xr-x 2 root root 4096 12月 26 00:47 nokogiri-1.9.1/


→所有者・グループがrootのなのでpermmision deniedエラーが出ていると推測

・権限の変更
sudo chown -R red-test:red-test nokogiri-1.9.1/
→-Rオプションは再帰的に実行

これでコマンドの実行はできましたが、この問題を解決できても新たな問題にあたってRedmine4のインストールはできませんでした。泣笑

引き続き頑張ります!

ubuntu@ubuntu-VirtualBox:/var/lib/redmine$ sudo -u red-test bundle install --without development test --path vendor/bundle
`/home/ubuntu` is not writable.
Bundler will use `/tmp/bundler/home/ubuntu' as your home directory temporarily.
The dependency tzinfo-data (>= 0) will be unused by any of the platforms Bundler is installing for. Bundler is installing for ruby but the dependency is only for x86-mingw32, x64-mingw32, x86-mswin32. To add those platforms to the bundle, run `bundle lock --add-platform x86-mingw32 x64-mingw32 x86-mswin32`.
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/..........
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/.
Resolving dependencies...
Using rake 12.3.2
Using concurrent-ruby 1.1.4
Using i18n 0.7.0
Using minitest 5.11.3
Using thread_safe 0.3.6
Using tzinfo 1.2.5
Using activesupport 5.2.2
Using builder 3.2.3
Using erubi 1.8.0
Using mini_portile2 2.4.0
Fetching nokogiri 1.9.1
Installing nokogiri 1.9.1 with native extensions
Errno::EACCES: Permission denied @ rb_sysopen -
/var/lib/redmine/vendor/bundle/ruby/2.5.0/extensions/x86_64-linux/2.5.0/nokogiri-1.9.1/gem_make.out
An error occurred while installing nokogiri (1.9.1), and Bundler
cannot continue.
Make sure that `gem install nokogiri -v '1.9.1' --source
'https://rubygems.org/'` succeeds before bundling.


In Gemfile:
  rails was resolved to 5.2.2, which depends on
    actioncable was resolved to 5.2.2, which depends on
      actionpack was resolved to 5.2.2, which depends on
        actionview was resolved to 5.2.2, which depends on
          rails-dom-testing was resolved to 2.0.3, which depends on
            nokogiri



楽天トラベル

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

【tech】CentOS7へRedmine3.4をインストールしたメモ



※2019/10/28更新!

CentOS8にRedmine4をインストールしてみました!(webrick)

https://kusomemo.tokyo/tech/centos8-redmine4-webrick/

現場のメンバーで導入を検討しているredmineを自宅環境にインストールしてみたメモです!
触ったことないので全然使いこなせてませんが、公式手順をもとに、rubyが現時点での最新verでインストールできたのでメモとして残しておきます!次は使い方を理解したいと思います!!
動画つくりました!(InstallMovie)

Redmine4インストールしました!

環境


ホストOS:windows10
仮想化:VirtualBox
ゲストOS:CentOS7
IF1:NAT接続
IF2:ホストオンリーアダプタ
(192.168.56.150)
PostgresDB:redmine
PostgresUser:redmine
PostgresPW:Redmine123!


私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑



手順


・アップデート
yum update -y

・SELINUXの状態を確認
getenforce
→Enforcing

・SELINUXをOFFにする
vi /etc/sysconfig/selinux

・SELINUXの変更を反映するためにリブート
reboot

・SELINUXの状態を確認
getenforce
→Disabled

・firewallにhttpの許可を追加
firewall-cmd --zone=public --add-service=http --permanent

・firewallを再起動
firewall-cmd --reload

・開発ツールのインストール
yum -y groupinstall "Development Tools"

・RubyとPassengerのビルドに必要なヘッダファイルなどのインストール
yum -y install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel libffi-devel

・PostgreSQLとヘッダファイルのインストール
yum -y install postgresql-server postgresql-devel

・Apacheヘッダインストール
yum -y install httpd httpd-devel

・フォントインストール
yum -y install ImageMagick ImageMagick-devel ipa-pgothic-fonts



・Rubyのインストール
curl -O https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.5/ruby-2.5.3.tar.gz

・Rubyのビルド
tar xvf ruby-2.5.3.tar.gz

cd ruby-2.5.3

./configure --disable-install-doc

make

make install

cd ..

・インストール後の確認
ruby -v

・bundlerのインストール
gem install bundler --no-rdoc --no-ri

PostgresSQLの設定

postgresql-setup initdb

・redmineからアクセス設定
vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
※viは「/Put」で検索できます。


# Put your actual configuration here
# ----------------------------------
#
# If you want to allow non-local connections, you need to add more
# "host" records. In that case you will also need to make PostgreSQL
# listen on a non-local interface via the listen_addresses
# configuration parameter, or via the -i or -h command line switches.

host redmine redmine 127.0.0.1/32 md5
host redmine redmine ::1/128 md5




・PostgreSQLの自動起動設定
systemctl enable postgresql.service

・PostgreSQLの起動
systemctl start postgresql.service

・ディレクトリ移動
cd /var/lib/pgsql

・redmine用ユーザの作成
sudo -u postgres createuser -P redmine
→PW:Redmine123!

・redmine用DBの作成
sudo -u postgres createdb -E UTF-8 -l ja_JP.UTF-8 -O redmine -T template0 redmine

・ディレクトリ移動
cd

・redmineのダウンロード
svn co https://svn.redmine.org/redmine/branches/3.4-stable /var/lib/redmine
→拒否しますか (R)、一時的に承認しますか (t)、常に承認しますか (p)? t

・ディレクトリ移動
cd /var/lib/redmine

・設定ファイル作成
vi config/database.yml

production:
  adapter: postgresql
  database: redmine
  host: localhost
  username: redmine
  password: "Redmine123!"
  encoding: utf8



・Redmineからメールサーバへ接続するための設定
vi config/configuration.yml
※domainはRedmineを実行するFQDN

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: "localhost"
      port: 25
      domain: "kusomemo.tokyo"

  rmagick_font_path: /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf



・gemパッケージのインストール
bundle install --without development test --path vendor/bundle

・REDMINE初期設定、初期データの作成
bundle exec rake generate_secret_token

・データベースのテーブル作成
RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate

・デフォルトデータの登録
RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=ja bundle exec rake redmine:load_default_data

・Passengerのインストール
gem install passenger -v 5.1.12 --no-rdoc --no-ri

・PassengerのApache用モジュールのインストール
passenger-install-apache2-module --auto --languages ruby

・Apache用設定内容の確認
passenger-install-apache2-module --snippet
→ここで表示された結果を下記ファイルの「#ここから」「#ここまで」の間へ貼り付け

・Apacheの設定
vi /etc/httpd/conf.d/redmine.conf

<directory "/var/lib/redmine/public" >

Require all granted

</directory>

#ここから
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/2.5.0/gems/passenger-5.1.12/buildout/apache2/mod_passenger.so
<ifmodule mod_passenger.c>

PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.5.0/gems/passenger-5.1.12

PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby
</ifmodule>
#ここまで



・Apacheの自動起動設定
systemctl enable httpd.service

systemctl start httpd.service

・所有者/グループの変更
chown -R apache:apache /var/lib/redmine

・サブディレクトリでredmineを実行する
※ここではサブディレクトリ手順にしています。
専用サーバの場合はオフィシャルをご確認ください!
vi /etc/httpd/conf.d/redmine.conf

Alias /redmine /var/lib/redmine/public
<location /redmine>

PassengerBaseURI /redmine

PassengerAppRoot /var/lib/redmine

</location>

・httpの再起動
systemctl restart httpd

ブラウザから「http://192.168.56.150/redmine」へアクセスする。

インストールできましたか?
出来なかった場合はぜひコメントください!

ログは後日アップ致します!


楽天トラベル

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)