【tech】PowershellでAzure SQL Databaseのサイズ変更するメモ



公開:2020/01/28
更新:2020/01/28

職場でAzureを使っているのでpowershellで操作できるようになりたいと思い、先日、AzureRMなどのセットアップ手順メモを書きましたが、その続きです。

【tech】2019年12月版 Azure操作の為のPowerShell

Azure SQL Databaseのサイズ変更のコマンドメモです。
powershellってAzureRMのコマンドだったり、AzureCLIのコマンドだったり、多すぎですよね笑

環境


リソースグループ名:Test-RG
SQLサーバー名:sqlsv00
データベース名:db00
DBのサイズ:S1
変更後のDBサイズ:Basic

手順




・変数定義
$resourceGroup = "Test-RG"
 →リソースグループ名
$sqlserverName = "sqlsv00"
 →SQLサーバ名
$databaseName = "db00"
 →変更したいDB名
$dbChangeEdition = "Basic"
 →Basic、Standard、Premium、DataWarehouse、GeneralPurposeなど

$dbChangeLevel = "S1"
 →希望のサイズ。他にはP1など。Basicシリーズだと不必要

・サイズ変更のAzureRMコマンド
Set-AzureRmSqlDatabase -ResourceGroupName $resourceGroup -ServerName $sqlserverName -DatabaseName $databaseName -Edition $dbChangeEdition -RequestedServiceObjectiveName $dbChangeLevel


・Basicサイズに変更したい場合
Set-AzureRmSqlDatabase -ResourceGroupName $resourceGroup -ServerName $sqlserverName -DatabaseName $databaseName -Edition $dbChangeEdition



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でNginxを監視設定するメモ



投稿:2020/1/19
更新:2020/1/19

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・モジュールの確認
nginx -V 2>&1 | grep -o with-http_stub_status_module

・ディレクトリ移動
cd /etc/nginx/conf.d/

・zabbix用のconfファイル編集
vi zabbix.conf

        location = /basic_status {
            stub_status on;
            access_log off;
            allow 127.0.0.1;
            allow 192.168.100.151;
            deny all;
        }



・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・nginxの再起動
systemctl restart nginx

・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・モジュールへの接続確認
curl 127.0.0.1/basic_status





ブラウザ側でマクロをlocalhost→127.0.0.1に変更



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でMySQL8.0を監視する手順メモ



投稿:2020/1/18
更新:2020/1/18

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・テンプレートのDL
wget https://git.zabbix.com/projects/ZBX/repos/zabbix/browse/templates/db/mysql/template_db_mysql.conf -P /etc/zabbix/zabbix_agent2.d

・ディレクトリ移動
cd /etc/zabbix/zabbix_agent2.d/

・テンプレートをリネーム
mv template_db_mysql.conf userparameter_mysql.conf


・MySQLへログイン
mysql -uroot -p
→Root123!

・ログイン中のユーザを確認する
select user();

・ユーザ一覧を表示
SELECT Host, User FROM mysql.user ;

・監視用ユーザの作成
CREATE USER 'zbx_monitor'@'%' IDENTIFIED BY 'Zbxmoni123!';

・ユーザの削除したい時
drop user zbx_monitor2@'%';

・パスワードを変更したい場合
SET PASSWORD FOR zbx_monitor = 'Zbxmoni123_hennkougo';

・権限の付与
GRANT USAGE,REPLICATION CLIENT,PROCESS,SHOW DATABASES,SHOW VIEW ON . TO 'zbx_monitor'@'%';


・権限の確認
SHOW GRANTS FOR 'zbx_monitor'@'%';

・データベースの一覧を確認
show databases;

・データベースを選択
use zabbixDB

・テーブル一覧
show tables;

・設定の保存
FLUSH PRIVILEGES;

・mysqlからログアウト
quit;


・ディレクトリの作成
mkdir /var/lib/zabbix

・ディレクトリの移動
cd /var/lib/zabbix

・cnfファイルの作成(※要隠しファイル「.mycnf」です)
vi .my.conf


[client]
user=zbx_monitor
password=Zbxmoni123!


・ファイル作成後の確認
ls -al

・権限の変更
chmod 600 .my.cnf

・所有者の変更
chown zabbix:zabbix .my.cnf


・zabbix-agentのステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・zabbix-agentの再起動
systemctl restart zabbix-agent2



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】KVMホスト(CentOS8)をZabbix-agent2で監視してみるメモ



公開:2019/1/13
更新:2019/1/13

ZabbixをDockerで動かしたかったのですが、いまだにDockerがよくわからず、うまく動かせません。。泣
Dockerを動かせたら、家のNW機器やサーバを監視設定させたかったのですが、我慢できずに自宅のノートパソコンのCentOS8のKVM上にLinuxでZabbix4.4をインストールして監視設定しました。笑

環境


Agentインストール対象:CentOS 8.0 (minimal) KVMホスト
            (192.168.100.10)
Zabbix-Server:192.168.100.151

Agentインストール対象ホストへログイン



・zabbixのリポジトリ追加
rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.4/rhel/8/x86_64/zabbix-release-4.4-1.el8.noarch.rpm

・zabbix-agent2インストール
dnf install -y zabbix-agent2

・設定ファイルの更新
vi /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf


ServerをZabbixserverのIPに書き換え
192.168.100.151

ListenPort=10050
のコメントアウトを削除

ServerActive=127.0.0.1
のアドレスを書き換え




・Zabbix-agent2のステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・Zabbix-agent2の自動起動設定
systemctl enable zabbix-agent2

・Zabbix-agent2の起動
systemctl start zabbix-agent2

・Zabbix-agent2のステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・Firewallの許可設定
firewall-cmd --add-port=10050/tcp
 ※tcpの10050ポート許可が即時反映されますが、サーバ再起動後は設定変更がクリアされます。

・許可設定が反映されたことを確認
firewall-cmd --list-ports


#firewall-cmd --list-ports
10050/tcp




・firewallの許可設定を永続的に設定する(--permanentオプション)
firewall-cmd --add-port=10050/tcp --permanent
 ※このオプションを付ければ再起動後もtcp10050の許可設定が残ります

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】【Movie】CentOS8にElastic Search & Kibana をインストールするメモ




公開日:2019/11/4
更新日:2019/11/18

前から興味があったElasticStack、Elastic SearchとKibanaをインストールしてみました!ElasticsearchとKibanaを CentOS 8にインストールする手順のメモです!
使い方はまだこれからです。笑

動画作りました!

環境


CentOS 8.0 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
JAVA Ver11.0.5
ElasticSearch Ver7.4.2
Kibana Ver7.4.2




javaのインストール

・java OpenJDK11のインストール
dnf install -y java-11-openjdk-devel

・Ver確認
java -version

・インストール先の確認
which java

・環境変数の確認
printenv

・環境変数設定スクリプト作成
cat > /etc/profile.d/java11.sh <<EOF

export JAVA_HOME=\$(dirname \$(dirname \$(readlink \$(readlink \$(which javac)))))
export PATH=\$PATH:\$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:\$JAVA_HOME/jre/lib:\$JAVA_HOME/lib:\$JAVA_HOME/lib/tools.jar
EOF



・スクリプトの読み込み
source /etc/profile.d/java11.sh

・テストファイルの作成
cat > hello_world.java <<EOF

public class helloworld {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello World!");
  }
}
EOF

・javaの実行テスト
java hello_world.java

Elastic Searchのインストール




・リポジトリの追加
cat <<EOF | sudo tee /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repo

[elasticsearch-7.x]
name=Elasticsearch repository for 7.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/oss-7.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md
EOF

・ElasticSearchのインストール
dnf install -y elasticsearch-oss

・Elasticsearchのステータス確認
systemctl status elasticsearch.service

・Elasticsearchの起動
systemctl enable --now elasticsearch.service

・起動確認
curl http://127.0.0.1:9200

・テストインデックスの作成
curl -X PUT "http://127.0.0.1:9200/mytest_index"


kibanaのインストール


・kibanaのインストール
sudo dnf install -y kibana-oss wget

・設定ファイルの編集
sudo vi /etc/kibana/kibana.yml


server.host: "0.0.0.0"
server.name: "kibana.example.com"
elasticsearch.hosts: ["http://127.0.0.1:9200"]




・kibanaのステータス確認
systemctl status kibana

・kibanaを起動させる
systemctl enable --now kibana

・FWの許可設定
sudo firewall-cmd --add-port=5601/tcp --permanent

・FW再起動
sudo firewall-cmd --reload

・アクセス確認
ブラウザを立ち上げ「192.168.100.101:5601」アクセス


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)