【tech】CentOS8に最新のNode.jsをインストールするメモ



公開:2021/02/20
更新:2021/02/20

最近自宅の検証環境にBIGIPを購入しました。起動させてみたらすごくファンが煩くて、一度電源を入れた切りそのままです。笑
BIGIPではiRulesというスクリプト制御機能があるのですが、iRulesはnode.jsで記述するため、Node.jsを勉強しています。
Node.jsのインストールした手順をメモしました。

環境


仮想化:KVM
OS:CentOS8.2
最新Node.js:v14.15.5
一時Node.js:v10.21.0

手順


・node.js、npmのインストール
yum install -y nodejs npm

・バージョン確認
node -v
npm -v

・nのインストール
npm install -g n

・最新版Node.jsのインストール
n stable

・古いnode.jsなどの削除
yum remove -y nodejs npm

・(パスが通らないため)ログアウトし再ログインする
exit
→exit後に再ログインする

・バージョン確認
node -v
npm -v

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS8でFTPサーバ構築メモ (vsftpd使用)



公開:2020/09/01
更新:2020/09/01

要件


・OSユーザでログイン可能
・rootでのftpログインを禁止
・chrootによって制限
・特定のユーザはchrootの制限を受けない
・特定のユーザはログインディレクトリの変更

手順




・ユーザ確認
cat /etc/passwd

・ユーザ作成
useradd taro
passwd taro

useradd hana
passwd hana

・ftpディレクトリの作成
mkdir -p /ws/ftp/taro

・vsftpdのインストール
yum install -y vsftpd

・vsftpdの起動
systemctl enable --now vsftpd
systemctl status vsftpd

・FWの許可設定
firewall-cmd --add-service=ftp --permanent
firewall-cmd --reload

・vsftpd.confの各設定を下記のように編集
vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf


 grep -v -e '^#' -e '\s*#' /etc/vsftpd/vsftpd.conf

anonymous_enable=NO
local_enable=YES
write_enable=YES
local_umask=022
dirmessage_enable=YES
xferlog_enable=YES
connect_from_port_20=YES
xferlog_file=/var/log/xferlog
xferlog_std_format=YES
chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
ls_recurse_enable=YES
listen=YES
listen_ipv6=NO

pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
userlist_deny=YES
userlist_file=/etc/vsftpd/user_list

allow_writeable_chroot=YES

pasv_enable=YES
pasv_min_port=40000
pasv_max_port=40040
pasv_addr_resolve=YES

user_config_dir=/etc/vsftpd/user_conf

chroot除外ユーザの設定


vi /etc/vsftpd/chroot_list


taro


→chrootから除外したい人を記述
 chrootできない人は"/"とされる

・ディレクトリの変更
mkdir /etc/vsftpd/user_conf

vi /etc/vsftpd/user_conf/taro


local_root=/ws/ftp/taro


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS8.2のPHP7.2をPHP7.4へバージョンアップしたメモ



公開:2020/05/18
更新:2020/07/17

仕事でWORDPRESSを動かしているサーバメンテナンスの際、PHPのバージョンを7.2から7.4へアップグレード、バージョンアップさせたときのメモです。

環境


OS:CentOS8.2
PHPバージョンアップ前:7.2
PHPバージョンアップ後:7.4
DB:MariaDB 10.3

手順




※作業前は必ずバックアップを取っておきましょう

・epel追加
dnf install -y https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm

・remi追加
dnf install -y https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm

・既存PHPのPKGの確認
rpm -qa | grep php

php-cli-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64
php-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64
php-common-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64
php-fpm-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64
php-mysqlnd-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64
php-json-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64
php-pdo-7.2.24-1.module_el8.2.0+313+b04d0a66.x86_64

・既存PHPの削除
dnf remove php-*

・utilのインストール
sudo dnf -y install dnf-utils

・リセット
sudo dnf module reset php

・phpのインストール
sudo dnf module install php:remi-7.4
sudo dnf install --enablerepo=epel,remi php
sudo dnf install --enablerepo=remi php-mysqlnd




久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)