【tech】CentOS7からWINDOWS PCにRDP (リモートデスクトップ)するメモ



公開:2020/08/16
更新:2020/08/16

自宅環境の再構築中です!
リビングで常時稼動させるPCをLINUXに置き換え、子どもがDVDをみたりさせつつ、各PCのデータ(iPhoneなど)をバックアップさせるストレージとして稼動させる事としました。

リビングのLINUX (CentOS7)から、私が使用している2階のメインノートPC(WINDOWS 10)にもRDP リモートデスクトップできるようにしておきたかったので、リビングのCentOS7にリモートデスクトップのソフトウェアをインストールしたメモです。

環境

リモートデスクトップ先:WINDOWS 10
→IPアドレス:192.168.100.101
リモートデスクトップ元:LINUX (CENTOS7.8)
→IPアドレス:192.168.100.102
ソフトウェア:RDESKTOP

手順

  • wgetが無い場合はインストール
    yum install -y wget

  • nux-dextop-release rpm のDL
    wget http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/nux-dextop-release-0-5.el7.nux.noarch.rpm

-nux-dextop-release rpmのインストール
rpm -Uvh nux-dextop-release*rpm

-rdesktop のインストール
yum install rdesktop

以上です。

実際にRDPする時はCENTOS7側で、ターミナルを立ち上げてCLIから

rdesktop 192.168.100.101

でOKです。

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS7でノートPCを閉じてもスリープさせない設定メモ



公開:2020/08/10
更新:2020/08/10

以前、昔使用していたノートPCを自宅のサーバ用途で使っている事は記載しましたが、minimalでインストールしていたので、CLIの場合、ノートPCを閉じた時にノートPCがスリープしてしまう設定を止める事ができないのではないかと勘違いしてしまっていました。

よく調べてみると、ノートPCにminimalやGUIをインストールしていても、ノートPCを閉じた時にスリープにさせないようにできる(ノートPCを閉じた時にスリープを止める。スリープしないようにする)事ができるようだったので試してみたメモです。

環境


ノートPC:DELL INSPIRON n5110
OS:CentOS7.8

概要


・systemd-logindの設定変更

手順


・設定ファイルのバックアップ
cp -p /etc/systemd/logind.conf /etc/systemd/logind.conf.org

・設定ファイルの変更
vi /etc/systemd/logind.conf
→約24行目の「HandleLidSwitch=」をignoreへ変更
:%s/#HandleLidSwitch=suspend/HandleLidSwitch=ignore/gc
で置換可能です。



[Login]
#NAutoVTs=6
#ReserveVT=6
#KillUserProcesses=no
#KillOnlyUsers=
#KillExcludeUsers=root
#InhibitDelayMaxSec=5
#HandlePowerKey=poweroff
#HandleSuspendKey=suspend
#HandleHibernateKey=hibernate
#HandleLidSwitch=suspend
HandleLidSwitch=ignore
#HandleLidSwitchDocked=ignore
#PowerKeyIgnoreInhibited=no
#SuspendKeyIgnoreInhibited=no
#HibernateKeyIgnoreInhibited=no
#LidSwitchIgnoreInhibited=yes
#IdleAction=ignore
#IdleActionSec=30min
#RuntimeDirectorySize=10%
#RemoveIPC=no
#UserTasksMax=


・systemd-logindのresatrt
systemctl restart systemd-logind

以上です!!

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS7でファイルサーバ構築-samba4-



公開:2020/08/03
更新:2020/08/03

環境


ホストOS:Windows 10 1909
仮想化:VirtualBox6.1
ゲストOS:CentOS7.8(minimal)
ゲストIPアドレス:192.168.56.101
samba:4.10.4-11

作業手順





・sambaのインストール
yum install -y samba samba-client samba-common

・設定ファイルのバックアップ
cp -p /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.bk

・設定ファイルの編集
vi /etc/samba/smb.conf

[global]
workgroup = WORKGROUP
server string = Samba Server %v
netbios name = centos7
security = user
map to guest = bad user
dns proxy = no


[Share]
path = /samba/share/
browsable =yes
writable = yes
guest ok = yes
read only = no

・共有フォルダの作成
mkdir -p /samba/share

・権限の変更
chmod -R 0777 /samba/share

・所有者の変更
chown -R nobody:nobody /samba/share



・サービスの起動
systemctl enable smb
systemctl enable nmb
systemctl restart smb
systemctl restart nmb

・firewallへ許可追加
firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=samba
firewall-cmd --reload

・SElinuxの許可
chcon -t samba_share_t /samba/share

フォルダへアクセス





・エクスプローラを立ち上げる
windowsキー + e

・フォルダアクセス
エクスプローラのパスウインドウへ「\\192.168.56.101」を入力し、Enter

挙動確認


・ファイル作成
エクスプローラ上でtest.txtを作成、ファイル内にtestと記入し、改行して保存

・ディレクトリ移動 ※sambaサーバ側作業
cd /samba/share

・ファイル確認
ll

・ファイルを確認
cat test.txt

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)