【tech】NEC IX2015、IX2105の初期化手順メモ



公開:2020/04/28
更新:2020/04/28

自宅で使っていたIX2015とIX2105をヤフオクで処分したので、発送前の初期化をしたメモです。

NECのIXもciscoのterminal length 0 (ter len 0)がそのまま入力できるし、screen-length disableというコマンドでも同じ動作させることができるんですね!

IX2105の初期化


・ログインする

・configモードへ移行
enable-config

・スタートアップconfigの削除
erase startup-config
→yes

・configモードから抜ける
exit

・configの初期化
default-console command-line

・リロード
reload
→yes

ログ





Router# enable-config
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# erase startup-config
Are you sure you want to erase the startup-configuration? (Yes or [No]): yes
Router(config)# exit
Router# default-console command-line
% You must RELOAD the router for this configuration to take effect.
Router# reload
% Warning: current running-configuration is not saved yet.
Notice: The router will be RELOADED. This is to ensure that
the peripheral devices are properly initialized.
Are you sure you want to reload the router? (Yes or [No]): yes

NEC Bootstrap Software
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.

%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2105-ms-8.7.22.ldc].
Loading: ############################################################### [OK]

Starting at 0x20000

Configuring router subsystems (before IDB proc): done.
Constructing IDB(Interface Database): done.
Configuring router subsystems (after IDB proc): done.
Initializing router subsystems: done.
Starting router subsystems: done.

All router subsystems coming up.

NEC Portable Internetwork Core Operating System Software
Copyright Notices:
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.
Copyright (c) 1985-1998 OpenROUTE Networks, Inc.
Copyright (c) 1984-1987, 1989 J. Noel Chiappa.
Router#

IX2015の初期化





コンソールケーブルで接続後、電源を入れます。
起動中のロード画面中の「###」が増えていくタイミングで、「ctrl」+「c」で、bootモードに入ります。
(ログに記載しています。)

※bootモードでは「?」でヘルプが出せます。

・スタートアップコンフィグの削除
cc
→y

・デフォルトコンフィグの削除
dc
→y

・初期化してboot

ログ





stic Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%DIAG-INFO: Starting System POST(Power On Self Test)

DRAM TEST 1: Pass
DRAM TEST 2: Pass
NVRAM TEST: Pass
CPU TEST: Pass
PLD TEST: Pass
LAN1(FE0/0) TEST: Pass
LAN2(FE0/1) TEST: Pass
SECURITY TEST: Pass
VOLTAGE STATUS: 3.251V Pass
TEMPERATURE STATUS: +24.0degC Pass

NEC Bootstrap Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%BOOT-INFO: No boot records found, attempting flash load.
%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2010-ms-8.3.49.ldc].
Loading: ################### ★★★ここで「ctrl」+「c」
NEC Bootstrap Software, Version 22.34
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.



boot> cc
Enter "Y" to clear startup configuration: y
% Startup configuration is cleared.

NEC Bootstrap Software, Version 22.34
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.
boot> dc
Enter "Y" to clear default configuration: y
% Default configuration is cleared.

NEC Bootstrap Software, Version 22.34
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.
boot>
boot> b



NEC Bootstrap Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%BOOT-INFO: No boot records found, attempting flash load.
%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2010-ms-8.3.49.ldc].
Loading: ######################################################## [OK]

NEC Diagnostic Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%DIAG-INFO: Starting Interface Unit POST(Power On Self Test)

%DIAG-INFO: Interface unit is 4FESW-BRI
HUB(SW)1-4 TEST: Pass
BRI TEST: Pass

Starting at 0x20000

Configuring router subsystems (before IDB proc): done.
Constructing IDB(Interface Database): done.
Configuring router subsystems (after IDB proc): done.
Initializing router subsystems: done.
Starting router subsystems: done.

All router subsystems coming up.

NEC Portable Internetwork Core Operating System Software
Copyright Notices:
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.
Copyright (c) 1985-1998 OpenROUTE Networks, Inc.
Copyright (c) 1984-1987, 1989 J. Noel Chiappa.
Router#

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS7でntpの時刻同期を停止して時刻を手動で設定するメモ



公開:2020/04/28
更新:2020/04/30

自宅で動作検証中に時刻の辻褄が合わなくなってしまい、やむを得ずサーバの時刻修正して回避しました笑

環境


OS:CentOS7
ntp:chrony

手順




・現在時刻の確認
date

・chronyのステータス確認
systemctl status chronyd

・chronyでの時刻同期状態確認
chronyc sources

・chronyを停止
systemctl stop chronyd

・時刻を手動で設定
date -s "02/20 02:20 2020"
→合わせたい時刻を設定してください。

時刻同期を開始

・chronyを起動
systemctl start chronyd

・chronyのステータス確認
systemctl status chronyd

・chronyでの時刻同期状態確認
chronyc sources

・現在時刻の確認
date



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でNginxを監視設定するメモ



投稿:2020/1/19
更新:2020/1/19

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・モジュールの確認
nginx -V 2>&1 | grep -o with-http_stub_status_module

・ディレクトリ移動
cd /etc/nginx/conf.d/

・zabbix用のconfファイル編集
vi zabbix.conf

        location = /basic_status {
            stub_status on;
            access_log off;
            allow 127.0.0.1;
            allow 192.168.100.151;
            deny all;
        }



・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・nginxの再起動
systemctl restart nginx

・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・モジュールへの接続確認
curl 127.0.0.1/basic_status





ブラウザ側でマクロをlocalhost→127.0.0.1に変更



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でMySQL8.0を監視する手順メモ



投稿:2020/1/18
更新:2020/1/18

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・テンプレートのDL
wget https://git.zabbix.com/projects/ZBX/repos/zabbix/browse/templates/db/mysql/template_db_mysql.conf -P /etc/zabbix/zabbix_agent2.d

・ディレクトリ移動
cd /etc/zabbix/zabbix_agent2.d/

・テンプレートをリネーム
mv template_db_mysql.conf userparameter_mysql.conf


・MySQLへログイン
mysql -uroot -p
→Root123!

・ログイン中のユーザを確認する
select user();

・ユーザ一覧を表示
SELECT Host, User FROM mysql.user ;

・監視用ユーザの作成
CREATE USER 'zbx_monitor'@'%' IDENTIFIED BY 'Zbxmoni123!';

・ユーザの削除したい時
drop user zbx_monitor2@'%';

・パスワードを変更したい場合
SET PASSWORD FOR zbx_monitor = 'Zbxmoni123_hennkougo';

・権限の付与
GRANT USAGE,REPLICATION CLIENT,PROCESS,SHOW DATABASES,SHOW VIEW ON . TO 'zbx_monitor'@'%';


・権限の確認
SHOW GRANTS FOR 'zbx_monitor'@'%';

・データベースの一覧を確認
show databases;

・データベースを選択
use zabbixDB

・テーブル一覧
show tables;

・設定の保存
FLUSH PRIVILEGES;

・mysqlからログアウト
quit;


・ディレクトリの作成
mkdir /var/lib/zabbix

・ディレクトリの移動
cd /var/lib/zabbix

・cnfファイルの作成(※要隠しファイル「.mycnf」です)
vi .my.conf


[client]
user=zbx_monitor
password=Zbxmoni123!


・ファイル作成後の確認
ls -al

・権限の変更
chmod 600 .my.cnf

・所有者の変更
chown zabbix:zabbix .my.cnf


・zabbix-agentのステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・zabbix-agentの再起動
systemctl restart zabbix-agent2



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS8にPrometheusをインストールしたメモ




公開日:2019/11/7
更新日:2019/11/9

前の現場でopenstackを教えてくれていた先輩が「これからはPrometheusだ」と言っていたのでインストールしてみました!
最近いろんなアプリケーションに触れているけどまだ触れてないので、しっかり触っていきたいと思います!

動画つくりました!

環境


CentOS8.0 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
Prometheus




手順


・Prometheusのグループ作成
sudo groupadd --system prometheus

・Prometheusのユーザ作成
sudo useradd -s /sbin/nologin --system -g prometheus prometheus

・ディレクトリ作成
sudo mkdir /var/lib/prometheus

・ディレクトリの作成
for i in rules rules.d files_sd; do
sudo mkdir -p /etc/prometheus/${i};
done

・wget、tarのインストール
dnf install -y wget tar

・ディレクトリ作成
mkdir /tmp/prometheus

・ディレクトリ移動
cd /tmp/prometheus


・prometheusのDL
wget https://github.com/prometheus/prometheus/releases/download/v2.13.1/prometheus-2.13.1.linux-amd64.tar.gz

・展開
tar xvf prometheus-*.tar.gz

・ディレクトリ移動
cd prometheus-*/

・ファイルのコピー
sudo cp prometheus promtool /usr/local/bin/

・ファイルのコピー
sudo cp -r consoles/ console_libraries/ /etc/prometheus/

・ディレクトリ移動
cd /etc/prometheus/

・confファイルの作成
vi prometheus.yml
 ※ymlファイルはインデントに意味がありますので、インデントは変更しないでください。

# Global config
global: 
  scrape_interval:     15s
  evaluation_interval: 15s
  scrape_timeout: 15s

scrape_configs:
  - job_name: 'prometheus'

    static_configs:
    - targets: ['localhost:9090']

・cpu数の確認
lscpu
→「CPU(s):2」の場合、次のconfファイルの「Environment="GOMAXPROCS=2"」となる。
 「CPU(s):4」の場合、次のconfファイルの「Environment="GOMAXPROCS=4"」となる。


・systemd起動ファイルの作成
sudo vi /etc/systemd/system/prometheus.service

[Unit]
Description=Prometheus
Documentation=https://prometheus.io/docs/introduction/overview/
Wants=network-online.target
After=network-online.target

[Service]
Type=simple
Environment="GOMAXPROCS=2"
User=prometheus
Group=prometheus
ExecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID
ExecStart=/usr/local/bin/prometheus \
  --config.file=/etc/prometheus/prometheus.yml \
  --storage.tsdb.path=/var/lib/prometheus \
  --web.console.templates=/etc/prometheus/consoles \
  --web.console.libraries=/etc/prometheus/console_libraries \
  --web.listen-address=0.0.0.0:9090 \
  --web.external-url=

SyslogIdentifier=prometheus
Restart=always

[Install]
WantedBy=multi-user.target



・ディレクトリオーナの更新
for i in rules rules.d files_sd; do
sudo chown -R prometheus:prometheus /etc/prometheus/${i};
done

・ディレクトリ権限の更新
for i in rules rules.d files_sd; do
sudo chmod -R 775 /etc/prometheus/${i};
done

・ディレクトリ所有者の変更
sudo chown -R prometheus:prometheus /var/lib/prometheus/

・デーモンのリロード
sudo systemctl daemon-reload

・prometheusの起動
sudo systemctl start prometheus

sudo systemctl enable prometheus

・ステータス確認
systemctl status prometheus.service

・FWの許可設定
sudo firewall-cmd --add-port=9090/tcp --permanent

・FWのリロード
sudo firewall-cmd --reload

・アクセス確認
ブラウザを立ち上げ192.168.100.101:9090へアクセスする。


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)