【tech】Apacheのversion確認方法



公開:2020/04/17
更新:2020/04/17

ApacheのVer確認したメモです。
仕事でテスト仕様書を作成中、AWS上に構築したLinuxサーバ(CentOS7)のApacheのバージョンを確認する方法を調べていました。

apachectlから確認するのかなぁと思っていたのですが、結果は

「httpd-v」
でした。

[root@server conf]# httpd -v
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built:   Aug  8 2019 11:41:18
[root@server conf]#

Versionは2.4.6でした。(古いからアップデートしなきゃ笑)



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でNginxを監視設定するメモ



投稿:2020/1/19
更新:2020/1/19

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・モジュールの確認
nginx -V 2>&1 | grep -o with-http_stub_status_module

・ディレクトリ移動
cd /etc/nginx/conf.d/

・zabbix用のconfファイル編集
vi zabbix.conf

        location = /basic_status {
            stub_status on;
            access_log off;
            allow 127.0.0.1;
            allow 192.168.100.151;
            deny all;
        }



・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・nginxの再起動
systemctl restart nginx

・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・モジュールへの接続確認
curl 127.0.0.1/basic_status





ブラウザ側でマクロをlocalhost→127.0.0.1に変更



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でMySQL8.0を監視する手順メモ



投稿:2020/1/18
更新:2020/1/18

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・テンプレートのDL
wget https://git.zabbix.com/projects/ZBX/repos/zabbix/browse/templates/db/mysql/template_db_mysql.conf -P /etc/zabbix/zabbix_agent2.d

・ディレクトリ移動
cd /etc/zabbix/zabbix_agent2.d/

・テンプレートをリネーム
mv template_db_mysql.conf userparameter_mysql.conf


・MySQLへログイン
mysql -uroot -p
→Root123!

・ログイン中のユーザを確認する
select user();

・ユーザ一覧を表示
SELECT Host, User FROM mysql.user ;

・監視用ユーザの作成
CREATE USER 'zbx_monitor'@'%' IDENTIFIED BY 'Zbxmoni123!';

・ユーザの削除したい時
drop user zbx_monitor2@'%';

・パスワードを変更したい場合
SET PASSWORD FOR zbx_monitor = 'Zbxmoni123_hennkougo';

・権限の付与
GRANT USAGE,REPLICATION CLIENT,PROCESS,SHOW DATABASES,SHOW VIEW ON . TO 'zbx_monitor'@'%';


・権限の確認
SHOW GRANTS FOR 'zbx_monitor'@'%';

・データベースの一覧を確認
show databases;

・データベースを選択
use zabbixDB

・テーブル一覧
show tables;

・設定の保存
FLUSH PRIVILEGES;

・mysqlからログアウト
quit;


・ディレクトリの作成
mkdir /var/lib/zabbix

・ディレクトリの移動
cd /var/lib/zabbix

・cnfファイルの作成(※要隠しファイル「.mycnf」です)
vi .my.conf


[client]
user=zbx_monitor
password=Zbxmoni123!


・ファイル作成後の確認
ls -al

・権限の変更
chmod 600 .my.cnf

・所有者の変更
chown zabbix:zabbix .my.cnf


・zabbix-agentのステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・zabbix-agentの再起動
systemctl restart zabbix-agent2



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】KVM上のCentOS8にZabbix4.4をインストール(Apache版)




公開日:2019/11/4
更新日:2020/05/13

CentOS7時代に、Zabbix4.2をVirtualBox上にCentOS7へインストールして、
Apacheで動かした事があったので、CentOS8でもやってみました!
うまくいかないところがあればお問い合わせください!

ひとまず手順のみのメモです!
!!質問があればお気軽にコメントください!!
(わたし自身も成長の為に質問頂きたいので、ぜひご質問ください!)

動画upしました!(install movie)

インストールできたらNW機器を追加する手順もblogに書いたので是非見てくださいっ!

zabbix4.0からNW機器(vyos)を監視する(Add NW Device)

KVM(vBridge)のセットアップ手順です!

CentOS8.0 + Zabbix4.4のNginx版です!

環境


CentOS8.0 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
WEB:Apache
DB:MySQL
MySQLDB rootユーザPW:Root123!
zabbix用DB名:zabbixDB
zabbixDB ユーザ:zabbixuser
zabbixuser PW:Zabbix123!


私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

※teratermを使用してCentOSへアクセス


手順


・zabbixのリポジトリ追加
rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.4/rhel/8/x86_64/zabbix-release-4.4-1.el8.noarch.rpm

・zabbixインストール
dnf install -y zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent2 zabbix-web-japanese zabbix-apache-conf

・Apache・PHP・MySQLのインストール
dnf install -y httpd php mysql-server

・php.iniの設定
vi /etc/php.ini
 下記の通りに値を編集


約383行目
max_execution_time = 30
→max_execution_time = 300
 ※:%s/max_execution_time = 30/max_execution_time = 300/gc
  で置換できます

約393行目
max_input_time = 60
→max_input_time = 300
 ※:%s/max_input_time = 60/max_input_time = 300/gc
  で置換できます

約672行目
post_max_size = 8M
→post_max_size = 16M
 ※:%s/post_max_size = 8M/post_max_size = 16M/gc
  で置換できます

約902行目
;date.timezone =
→date.timezone = "Asia/Tokyo"
 ※:%s/;date.timezone =/date.timezone = "Asia\/Tokyo"/gc
  で置換できます。




・ディレクトリ移動
cd /etc/php-fpm.d/

・使用しないファイルのリネーム
mv www.conf www.conf.bk

・php-fpmの設定を編集
vi /etc/php-fpm.d/zabbix.conf
 →コメントアウトを外し。timezoneをAsia/Tokyoへ


24行目
; php_value[date.timezone] = Europe/Riga
→php_value[date.timezone] = Asia/Tokyo
 


・Mysqlのステータスの確認
systemctl status mysqld

・Mysqlの自動起動設定
systemctl enable mysqld

・Mysqlの自動起動設定
systemctl start mysqld

・Mysqlのステータス確認
systemctl status mysqld

データベースの作成
・初期設定
mysql_secure_installation
→初期PWを変更して、rootPWも変更しておく。
 そのほかはすべてyでOK


Press y|Y for Yes, any other key for No:
→enter

New password:
 →rootPWを入力
  Root123!
Re-enter new password:
 →rootPWを入力
  Root123!

以降は4回全て「y」でOKです。





・mysqlモードへ移行
mysql -uroot -p
→Enter passwod:Root123!

・zabbix用データベースの作成
create database zabbixDB character set utf8 collate utf8_bin;

・Zabbixユーザの作成
create user zabbixuser@localhost identified by 'Zabbix123!';

・データベースへユーザ/PWの作成
grant all privileges on zabbixDB.* to zabbixuser@localhost;

・mysqlモードを終了
exit

・データベース「zabbix」のテーブル作成用のsql文を実行
zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbixuser -p zabbixDB
:Enter password: Zabbix123!

・作成後の確認
mysql -uroot -p zabbixDB
PW:Root123!

・databaseの確認
show databases;

・mysqlモードを終了
exit


・Apacheのステータス確認
systemctl status httpd

・Apacheの自動起動
systemctl enable httpd

・phpステータス確認
systemctl status php-fpm

・phpの自動起動
systemctl enable php-fpm

・zabbixのステータスの確認
systemctl status zabbix-server

・zabbixの自動起動設定
systemctl enable zabbix-server
→この時点でzabbix起動させてもうまくいきません。
 おそらくSELinuxのせいです。

・zabbixフロントの設定
vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf


DBパスワードを記載
91行目付近の下記ディレクティブに値をいれる
・DBHost=localhost
・DBName=zabbixDB
・DBUser=zabbixuser
・DBPassword=Zabbix123!





・firewall追加
firewall-cmd --add-service=http --permanent

・selinuxのステータスを確認
getenforce
:Enforcing

・selinuxをdisabledにする
vi /etc/sysconfig/selinux
→SELINUX=disabled

・selinux、FWの変更を反映させるために再起動
reboot

ブラウザから「IPアドレス」へアクセス
(firefoxなどを立ち上げて、「192.168.100.101/zabbix」へアクセス)

※ダメだったら
Apache、mysqld、zabbix-serverの再起動を試してみましょう
→Mysqlの再起動
systemctl restart mysqld



ブラウザアクセスが成功したら、初期設定する。

Welcome to zabbixの画面
→Next step

Check of pre-requisites
→Next step

Configure DB connection
下記の通りにそれぞれ入力
・DBName=zabbixDB
・DBUser=zabbixuser
・DBPassword=Zabbix123!
→Next step

Zabbix server details
→Nameに任意のサーバ名記入

Pre-installation summary
→Next step

Install
Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.
→Finish

ZabbixのTOP画面※下記は初期ユーザ/パスワード
Username:Admin
Password:zabbix

以上です。


下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】【Movie】CentOS8 (on KVM)にRedmine4をインストールするメモ(Apache版)



CentOS8がリリースされてから過去にインストールしたOSSのソフトウェアをインストールしていっています。
CentOS8からKVMで仮想化したサーバへインストールしています。
ホストサーバは昔使っていたノートPCにメモリ増設して、CentOS8をインストール、KVMで仮想化しているので、ホストサーバがなくて困っている方もヤフオクなどで古めのcore i7のクアッドコアのPCなどをゲットしてぜひ遊んでみて下さい!笑

ノートPCにKVM環境を構築した手順のメモです(動画もあります!)

【tech】【動画あり】CentOS8でKVMの仮想化環境構築vBridgeの作成メモ



それではさっそく

環境


・作業PC
OS:Win10
IPアドレス:192.168.100.2
GW:192.168.100.1

・ルータ
YAMAHA:RTX1200

・ホストPC(ノートPC DELL n5110)
OS:CentOS8 (minimal)
IPアドレス:192.168.100.10/24
GW:192.168.100.1

ゲストVM
OS:CentOS8 (minimal)
IPアドレス:192.168.100.101/24
GW:192.168.100.1
MW:Apache
Redmine:Ver4



手順

・firewallにhttpの許可を追加
firewall-cmd --zone=public --add-service=http --permanent

・firewallを再起動
firewall-cmd --reload

・SELINUXの状態を確認
getenforce
→Enforcing

・SELINUXをOFFにする
vi /etc/sysconfig/selinux
→SELINUX=disabledに編集

・開発ツールのインストール
dnf group install -y "Development Tools"

・その他のツールをインストール
dnf install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libffi-devel subversion


・PostgreSQLのインストール
dnf install -y postgresql-server postgresql-devel

・Apacheのインストール
dnf install -y httpd httpd-devel

・アップデート
dnf update -y

・Rubyのインストール
curl -O https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.5.tar.gz

・Rubyの展開
tar xvf ruby-2.6.5.tar.gz

・ディレクトリの移動
cd ruby-2.6.5

・スクリプトの実行
./configure --disable-install-doc



・コンパイル
make

・インストール
make install

・ディレクトリ移動
cd ..

・インストール後の確認
ruby -v

・bundlerのインストール
gem install bundler --no-doc

・PostgresSQLの設定
postgresql-setup initdb

・redmineからアクセス設定
vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
※viは「/Put」で検索できます。


# Put your actual configuration here
# ----------------------------------
#
# If you want to allow non-local connections, you need to add more
# "host" records. In that case you will also need to make PostgreSQL
# listen on a non-local interface via the listen_addresses
# configuration parameter, or via the -i or -h command line switches.

host redmine redmine 127.0.0.1/32 md5
host redmine redmine ::1/128 md5




・PostgreSQLの自動起動設定
systemctl enable postgresql.service

・PostgreSQLの起動
systemctl start postgresql.service

・ディレクトリ移動
cd /var/lib/pgsql

・redmine用ユーザの作成
sudo -u postgres createuser -P redmine
→PW:Redmine123!

・redmine用DBの作成
sudo -u postgres createdb -E UTF-8 -O redmine -T template0 redmine

・ディレクトリ移動
cd

・redmineのダウンロード
svn co http://svn.redmine.org/redmine/branches/4.0-stable/ /var/lib/redmine
→拒否しますか (R)、一時的に承認しますか (t)、常に承認しますか (p)? t



・ディレクトリ移動
cd /var/lib/redmine

・設定ファイル作成
vi config/database.yml

production:
  adapter: postgresql
  database: redmine
  host: localhost
  username: redmine
  password: "Redmine123!"
  encoding: utf8

・gemパッケージのインストール
bundle install --without development test rmagick --path vendor/bundle



・REDMINE初期設定、初期データの作成
bundle exec rake generate_secret_token

・データベースのテーブル作成
RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate

・デフォルトデータの登録
RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=ja bundle exec rake redmine:load_default_data

・Passengerのインストール
gem install passenger -v 5.1.12 --no-doc

・PassengerのApache用モジュールのインストール
passenger-install-apache2-module --auto --languages ruby



・Apache用設定内容の確認
passenger-install-apache2-module --snippet
→ここで表示された結果を下記ファイルの「#ここから」「#ここまで」の間へ貼り付け

・Apacheの設定
vi /etc/httpd/conf.d/redmine.conf

<directory "/var/lib/redmine/public">

  Require all granted

</directory>

#ここから

LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/passenger-5.1.12/buildout/apache2/mod_passenger.so
<IfModule mod_passenger.c>
  PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/passenger-5.1.12
  PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby
</IfModule>

#ここまで

・Apacheの自動起動設定
systemctl enable httpd.service

systemctl start httpd.service

・所有者/グループの変更
chown -R apache:apache /var/lib/redmine

・サブディレクトリでredmineを実行する
※ここではサブディレクトリ手順にしています。
専用サーバの場合はオフィシャルをご確認ください!
vi /etc/httpd/conf.d/redmine.conf



Alias /redmine /var/lib/redmine/public
<location /redmine>

PassengerBaseURI /redmine

PassengerAppRoot /var/lib/redmine

</location>

・httpの再起動
systemctl restart httpd

・SELINUXの変更を更新させるため再起動
reboot

・Redmineへアクセス
ブラウザから「http://192.168.100.101/redmine」へアクセスする。

初期ID:admin
初期PW:admin

インストールできましたか?
もしできなかったらコメントください!





久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)