【daily】ふるさと納税を限度額を超えてやりすぎた時は名義変更できる!



うちは共働きなのですが、昨年から夫婦そろってふるさと納税デビューしました。
さとふるなどのふるさと納税サイトでは限度額の計算機を用意してくれていますが、今年はシミュレーションの数値を入力をミスしてしまっていて、今年のふるさと納税の限度額を超えて寄付してしまっていることがわかりました。。。

去年の限度額より急に多くなってたので控除額(控除枠)が大きくなったのかな~と勘違いしてましたが、収入を間違えて多く入れてしまっていただけでした。。。泣

時すでに遅しっ!で、ふるさと納税のキャンセルをしようとしたのですが、さとふるをみてもやっぱりキャンセルなんてできず。。(ふるさとチョイスや楽天経由などでもやはり同じでできないみたいです。そりゃあ、当然といえば当然ですよね。。)ふるさと納税の名義を変えて旦那さんの名義にしたい。。名義を変えたい。。できないものなのか・・・と、



いろいろと調べていると、「名義変更する事ができる自治体がある」という事がわかりました。(大体の地方自治体は受け付けてくれるそうです。)

簡単に流れをお話ししますと、
1.ふるさと納税先の地方自治体に連絡、名義変更したい旨伝える。
2.寄付証明書を返送
  (無くしてしまっても「自治体によっては」再発行も可能だそうです!)
3.名義を変更した寄付証明書を送ってもらえる

という流れでした。
(簡単に表現すると領収書の宛名を書き換えてもらうイメージですね)

地方自治体によって対応フローは変わってくると思うので、詳しくは、寄付先の地方自治体にお問い合わせください。


わたしとは違うケースですが、夫名義で寄付したかったのに、妻名義のクレジットカードで支払ってしまったり、(その逆の妻名義で寄付したかったけど夫名義のクレジット払いなど)

その他にも
・金額間違い(10000円のつもりが100000円寄付してしまったなど)
自治体側でキャンセルしてもらう事ができた、という例もあるそうです。
 (ここまではまれだと思いますが・・)

間違えて限度額を超えて寄付してしまっても、あせらず地方自治体に問い合わせてみると、良心的な地方自治体ですと、キャンセル後、金額を減らして再寄付。という対応もしてもらえるよう場合もあるです!まずは地方自治体にお問い合わせをしてみましょう。

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のお金のお得技の本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)