【tech】NEC IX2015、IX2105の初期化手順メモ



公開:2020/04/28
更新:2020/04/28

自宅で使っていたIX2015とIX2105をヤフオクで処分したので、発送前の初期化をしたメモです。

NECのIXもciscoのterminal length 0 (ter len 0)がそのまま入力できるし、screen-length disableというコマンドでも同じ動作させることができるんですね!

IX2105の初期化


・ログインする

・configモードへ移行
enable-config

・スタートアップconfigの削除
erase startup-config
→yes

・configモードから抜ける
exit

・configの初期化
default-console command-line

・リロード
reload
→yes

ログ





Router# enable-config
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# erase startup-config
Are you sure you want to erase the startup-configuration? (Yes or [No]): yes
Router(config)# exit
Router# default-console command-line
% You must RELOAD the router for this configuration to take effect.
Router# reload
% Warning: current running-configuration is not saved yet.
Notice: The router will be RELOADED. This is to ensure that
the peripheral devices are properly initialized.
Are you sure you want to reload the router? (Yes or [No]): yes

NEC Bootstrap Software
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.

%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2105-ms-8.7.22.ldc].
Loading: ############################################################### [OK]

Starting at 0x20000

Configuring router subsystems (before IDB proc): done.
Constructing IDB(Interface Database): done.
Configuring router subsystems (after IDB proc): done.
Initializing router subsystems: done.
Starting router subsystems: done.

All router subsystems coming up.

NEC Portable Internetwork Core Operating System Software
Copyright Notices:
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.
Copyright (c) 1985-1998 OpenROUTE Networks, Inc.
Copyright (c) 1984-1987, 1989 J. Noel Chiappa.
Router#

IX2015の初期化





コンソールケーブルで接続後、電源を入れます。
起動中のロード画面中の「###」が増えていくタイミングで、「ctrl」+「c」で、bootモードに入ります。
(ログに記載しています。)

※bootモードでは「?」でヘルプが出せます。

・スタートアップコンフィグの削除
cc
→y

・デフォルトコンフィグの削除
dc
→y

・初期化してboot

ログ





stic Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%DIAG-INFO: Starting System POST(Power On Self Test)

DRAM TEST 1: Pass
DRAM TEST 2: Pass
NVRAM TEST: Pass
CPU TEST: Pass
PLD TEST: Pass
LAN1(FE0/0) TEST: Pass
LAN2(FE0/1) TEST: Pass
SECURITY TEST: Pass
VOLTAGE STATUS: 3.251V Pass
TEMPERATURE STATUS: +24.0degC Pass

NEC Bootstrap Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%BOOT-INFO: No boot records found, attempting flash load.
%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2010-ms-8.3.49.ldc].
Loading: ################### ★★★ここで「ctrl」+「c」
NEC Bootstrap Software, Version 22.34
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.



boot> cc
Enter "Y" to clear startup configuration: y
% Startup configuration is cleared.

NEC Bootstrap Software, Version 22.34
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.
boot> dc
Enter "Y" to clear default configuration: y
% Default configuration is cleared.

NEC Bootstrap Software, Version 22.34
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.
boot>
boot> b



NEC Bootstrap Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%BOOT-INFO: No boot records found, attempting flash load.
%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2010-ms-8.3.49.ldc].
Loading: ######################################################## [OK]

NEC Diagnostic Software
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.

%DIAG-INFO: Starting Interface Unit POST(Power On Self Test)

%DIAG-INFO: Interface unit is 4FESW-BRI
HUB(SW)1-4 TEST: Pass
BRI TEST: Pass

Starting at 0x20000

Configuring router subsystems (before IDB proc): done.
Constructing IDB(Interface Database): done.
Configuring router subsystems (after IDB proc): done.
Initializing router subsystems: done.
Starting router subsystems: done.

All router subsystems coming up.

NEC Portable Internetwork Core Operating System Software
Copyright Notices:
Copyright (c) 2001-2008 NEC Infrontia All Rights Reserved.
Copyright (c) 1985-1998 OpenROUTE Networks, Inc.
Copyright (c) 1984-1987, 1989 J. Noel Chiappa.
Router#

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でNginxを監視設定するメモ



投稿:2020/01/19
更新:2020/08/21

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・Zabbix-agentのリポジトリ追加
rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/5.1/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.1-1.el8.noarch.rpm

・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・モジュールの確認
nginx -V 2>&1 | grep -o with-http_stub_status_module

・ディレクトリ移動
cd /etc/nginx/conf.d/

・zabbix用のconfファイル編集
vi zabbix.conf

        location = /basic_status {
            stub_status on;
            access_log off;
            allow 127.0.0.1;
            allow 192.168.100.151;
            deny all;
        }



・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・nginxの再起動
systemctl restart nginx

・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・モジュールへの接続確認
curl 127.0.0.1/basic_status

ブラウザ側でマクロをlocalhost→127.0.0.1に変更



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でMySQL8.0を監視する手順メモ



投稿:2020/1/18
更新:2020/1/18

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・テンプレートのDL
wget https://git.zabbix.com/projects/ZBX/repos/zabbix/browse/templates/db/mysql/template_db_mysql.conf -P /etc/zabbix/zabbix_agent2.d

・ディレクトリ移動
cd /etc/zabbix/zabbix_agent2.d/

・テンプレートをリネーム
mv template_db_mysql.conf userparameter_mysql.conf


・MySQLへログイン
mysql -uroot -p
→Root123!

・ログイン中のユーザを確認する
select user();

・ユーザ一覧を表示
SELECT Host, User FROM mysql.user ;

・監視用ユーザの作成
CREATE USER 'zbx_monitor'@'%' IDENTIFIED BY 'Zbxmoni123!';

・ユーザの削除したい時
drop user zbx_monitor2@'%';

・パスワードを変更したい場合
SET PASSWORD FOR zbx_monitor = 'Zbxmoni123_hennkougo';

・権限の付与
GRANT USAGE,REPLICATION CLIENT,PROCESS,SHOW DATABASES,SHOW VIEW ON *.* TO 'zbx_monitor'@'%';


・権限の確認
SHOW GRANTS FOR 'zbx_monitor'@'%';

・データベースの一覧を確認
show databases;

・データベースを選択
use zabbixDB

・テーブル一覧
show tables;

・設定の保存
FLUSH PRIVILEGES;

・mysqlからログアウト
quit;


・ディレクトリの作成
mkdir /var/lib/zabbix

・ディレクトリの移動
cd /var/lib/zabbix

・cnfファイルの作成(※要隠しファイル「.mycnf」です)
vi .my.conf


[client]
user=zbx_monitor
password=Zbxmoni123!


・ファイル作成後の確認
ls -al

・権限の変更
chmod 600 .my.cnf

・所有者の変更
chown zabbix:zabbix .my.cnf


・zabbix-agentのステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・zabbix-agentの再起動
systemctl restart zabbix-agent2



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】KVMホスト(CentOS8)をZabbix-agent2で監視してみるメモ



公開:2019/1/13
更新:2019/1/13

ZabbixをDockerで動かしたかったのですが、いまだにDockerがよくわからず、うまく動かせません。。泣
Dockerを動かせたら、家のNW機器やサーバを監視設定させたかったのですが、我慢できずに自宅のノートパソコンのCentOS8のKVM上にLinuxでZabbix4.4をインストールして監視設定しました。笑

環境


Agentインストール対象:CentOS 8.0 (minimal) KVMホスト
            (192.168.100.10)
Zabbix-Server:192.168.100.151

Agentインストール対象ホストへログイン



・zabbixのリポジトリ追加
rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.4/rhel/8/x86_64/zabbix-release-4.4-1.el8.noarch.rpm

・zabbix-agent2インストール
dnf install -y zabbix-agent2

・設定ファイルの更新
vi /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf


ServerをZabbixserverのIPに書き換え
192.168.100.151

ListenPort=10050
のコメントアウトを削除

ServerActive=127.0.0.1
のアドレスを書き換え




・Zabbix-agent2のステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・Zabbix-agent2の自動起動設定
systemctl enable zabbix-agent2

・Zabbix-agent2の起動
systemctl start zabbix-agent2

・Zabbix-agent2のステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・Firewallの許可設定
firewall-cmd --add-port=10050/tcp
 ※tcpの10050ポート許可が即時反映されますが、サーバ再起動後は設定変更がクリアされます。

・許可設定が反映されたことを確認
firewall-cmd --list-ports


#firewall-cmd --list-ports
10050/tcp




・firewallの許可設定を永続的に設定する(--permanentオプション)
firewall-cmd --add-port=10050/tcp --permanent
 ※このオプションを付ければ再起動後もtcp10050の許可設定が残ります

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】IX2105でtelnetができないときのメモNEC UNIVERGE IX2105



ヤフオクで買った中古のIX2015で遊んでいたお話は何度か書きましたが、さすがに100Mポートに限界を感じ、ヤフオクなどでRTX1200などが安く買えないか見ていたのですが、中古のIX2105が4000円位まで下がってきているという情報を得たので、さっそく買いました!笑

なんと、YAMAHAのRTX1200(のOEM品のNTT BIZ BOX N1200)と、YAMAHAのRTX810!(のOEM品と笑)NECのUNIVERGE IX2105を4台!しめて送料もいれて総額20000円です!安く買えてますよね~

この夏はこれらのNW機器で遊び倒します!笑

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私はこのPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

本題

さっそく、NEC UNIVERGE IX2105で遊ぼうと思ったのですが、consoleで接続して、IPアドレスを設定して、pingは飛ぶけどtelnetができない・・・

簡単に調べてみたのですが、IX2105はix2015とはちがってtelnetやsshをenableしてあげないとだめなんですね!


コマンド

・telnetを使用できるようにする
telnet-server ip enable

・SSHを使用できるようにする
ssh-server ip enable

以下、ログです。


Router#
Router# configure
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
Router(config)# telnet-server ip enable
Router(config)#
Router(config)# ssh-server ip enable
Router(config)#
Router(config)#


設定保存のwrite memoryをお忘れなく!

telnetはすぐできたのですが、SSHだとユーザをつくって、パスワードを設定してあげないとダメなんですね、たしかに・・・納得です!
ユーザ作成などはまた調べて更新しておきます!!

これでIX2105とRTX1200とRTX810でNWをつくってZabbixから監視したりAnsibleで設定変更加えてみたりできると思うと、とても楽しみです!

こちらもぜひみてみてください!

・Zabbix4.2をCentOS7上に構築する
・Zabbix4.2からNW機器(VyOS)のトラフィック監視する


楽天トラベル

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)