【tech】【動画あり】CentOS8.0(on KVM)にRedmine4インストールしたメモ(WEBrick版)



動画つくりました!
・Apache版作りました!

【tech】【Movie】CentOS8 (on KVM)にRedmine4をインストールするメモ(Apache版)

・Nginx版作りました!

【tech】【Movie】KVM環境のCentOS8にnginxでRedmine4を動かすメモ

・KVM(vBridge)のセットアップ手順です!

【tech】【動画あり】CentOS8でKVMの仮想化環境構築vBridgeの作成メモ

新しく公開されたCentOS8にRedmine4をインストールしたメモです。
いつもならVirtualBox上にCentOSをインストールするのですが、まだVirtualBoxにCentOS8をインストールする事が出来ず。(画面、バグりませんか?)

今は、余っていたノートPCに直接CentOS8をインストールして、KVMで仮想化してそのうえで新しいソフトウェアをインストールしたりして遊んでいます。

もともと家のLAN構築して遊んでいたので、この環境にラズベリーパイを入れたりして、家の環境をもっと楽しくさせていきたいと思います!

今回はまずはRedmineを起動させてみたので、その手順のメモです!
参考にした手順が、Rubyの標準ライブラリの「WEBrick」をWebサーバとして起動させる手順でした。

また今度、ApacheやNginxで起動させる手順も確立させて後悔したいと思います!


環境


OS:CentOS8.0
仮想化:KVM
IPアドレス:192.168.100.101

Redmine:Ver 4.0.5
DBname:redmine_db
DBuser:redmine_user
DBuserPW:Redmine123!


手順




・OSユーザ追加
useradd redmine

・OSユーザPW設定
passwd redmine
→PW:redmine

・OSユーザにsudo許可
usermod -a -G wheel redmine

・FWにRedmine用の通信許可設定
firewall-cmd --zone=public --add-port=3000/tcp --permanent

firewall-cmd --reload


・開発ツールのインストール
dnf group install -y "Development Tools"

・その他PKGのインストール
dnf install -y postgresql-server postgresql-devel ruby ruby-devel rubygems wget zlib-devel

・アップデート
dnf update -y

・Postgreユーザへスイッチ
su - postgres

PostgresSQLの設定




・DB作成
postgresql-setup initdb

・redmineからアクセス設定
vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
→「host」以下3行追記
※viは「/Put」で検索できます。


# Put your actual configuration here
# ———————————-
#
# If you want to allow non-local connections, you need to add more
# “host” records. In that case you will also need to make PostgreSQL
# listen on a non-local interface via the listen_addresses
# configuration parameter, or via the -i or -h command line switches.

####ここから

host redmine_db redmine_user 127.0.0.1/32 md5
host redmine_db redmine_user ::1/128 md5
local redmine_db redmine_user md5

####ここまで


・PostgreSQLの自動起動設定
systemctl enable postgresql.service

・PostgreSQLの起動
systemctl start postgresql.service

psql -U postgres
→PostgresDBへ入り、プロンプトがかわる


・DBユーザ、PWの設定
CREATE ROLE redmine_user LOGIN ENCRYPTED PASSWORD 'Redmine123!' NOINHERIT VALID UNTIL 'infinity';

・DBの作成
CREATE DATABASE redmine_db WITH ENCODING='UTF8' OWNER=redmine_user;

・Postgresを抜ける
\q

・rootに戻る
exit

・ディレクトリ移動
cd /opt

・Redmine4.0.5のダウンロード
sudo wget http://www.redmine.org/releases/redmine-4.0.5.tar.gz -O /opt/redmine-4.0.5.tar.gz

・Redmine4の展開
sudo tar -xzf redmine-4.0.5.tar.gz

・シンボリックリンクの作成
sudo ln -s /opt/redmine-4.0.5 /opt/redmine

・ディレクトリ移動
cd redmine


・データベースymlファイルの作成
cp config/database.yml.example config/database.yml

・データベースymlファイルの編集
vi config/database.yml
→「:%d」で全削除して、下記を追記
 ※yamlファイルはインデントに意味がありますので、adaperより下は半角スペースを2文字入れてください

# PostgreSQL configuration
production:
  adapter: postgresql
  database: redmine_db
  host: 127.0.0.1
  username: redmine_user
  password: "Redmine123!"

・接続確認
psql -d redmine_db -U redmine_user -W
→Redmine123!

・Postgresを抜ける
\q

・ディレクトリの確認
pwd
→「/opt/redmine」

※以降の手順は「/opt/redmine」で実行して下さい


・bundlerのインストール
gem install bundler

・Redmineのインストール
bundle install --without development test rmagick

・セッションCookieのエンコードに使用されるトークンを生成
bundle exec rake generate_secret_token

・データベースオブジェクトを生成
RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate

・デフォルトのデータをデータベースにロード
RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=en bundle exec rake redmine:load_default_data

・権限変更
chown -R redmine:redmine /opt/redmine*

・webrickの起動
bundle exec rails server webrick -e production


・Redmineへアクセス
ブラウザを立ち上げ「192.168.100.101:3000」へアクセス
初期ID:admin
初期PW:admin



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)