【tech】KVMの2つの物理ポートを1つのvBridgeへ接続した手順メモ

KVMを使用した仮想化環境を構築した時のメモです!
わたしが使用しているワークステーションはイーサポートが二つ付いているので、2つのポートをKVMのvBrdigeにブリッジ接続するという構成で作成しました。今後はNICを追加してスイッチやルータももう少し買い足してもっと遊んでみたいと思います!笑

環境

ホストサーバ:HP z800ワークステーション
IF1:ifcfg-enp1s0
ifcfg-enp1s0の接続先vBridge:br0
IF2:ifcfg-enp2s0
ifcfg-enp2s0の接続先vBridge:br0

ホストOS:CentOS7.5
インストールPKG:minimal
接続方式:ブリッジ
ホストにアクセスするIP:192.168.100.101
→このアドレスはvBrdigeに割り当てます。

手順

・仮想化支援関連PKGのインストール
yum -y install libguestfs libvirt libvirt-client python-virtinst qemu-kvm virt-manager virt-top virt-viewer virt-who virt-install bridge-utils

・アップデート
yum -y update

・インターフェースの設定ファイルディレクトリへ移動
cd /etc/sysconfig/network-scripts/

・vBridgeの作成の為IF1のファイルをコピー
cp -p ifcfg-enp1s0 ifcfg-br0

・IF1のファイルを編集
vi ifcfg-enp1s0

→IPアドレス、ネットマスク(PREFIX)、UUID、GATEWAYの設定をコメントアウト
「BRIDGE=br0」を最終行に追記する

・IF2のファイルを編集
vi ifcfg-enp2s0

→IPアドレス、ネットマスク(PREFIX)、UUID、GATEWAYの設定をコメントアウト
「BRIDGE=br0」を最終行に追記する

・br0のファイルを編集
vi ifcfg-br0
下記設定を記述(既にある項目は編集)

DEVICE=br0
NAME=br0
TYPE=Bridge
IPADDR=192.168.100.101
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.100.1

・networkの再起動
systemctl restart network

これで二つの物理ポートが繋がったvBrdigeが作成できます。
この手順は分かりにくいと思うので、後日動画化しようと思います!
リクエストあれば急ぎます!笑

【tech】vim and vi ナレッジ



2020/7/27更新!!!

ご参考になればうれしいです!

・行頭にすべて同じ文字を入れる
「ctrl」+「v」で矩形選択モードにする。→「G」(「Shift」+「g」)で一番下の行まですべて選択→「Shift」+「i」で挿入モードへ移行→挿入したい文字を入力→「esc」で抜ける

・ひとつ前の動作をキャンセル(windowsの「ctrl」+「z」のような動き)
「u」

・移動したい行へ移動する
(例)12行目に移動する
「12」→「gg」(行きたい行数+gg)

・最下行へ移動する
「G」

・最上行へ移動する
「gg」

・行の終わりに移動する
「$」

・行の始まりに移動する
「^」(日本語キーボードの右上の方です「@」の右上周辺)


・行の中の指定文字に移動する
(例)SELINUX=enforcing
の時、enforcingの「e」に飛びたい場合
「f」→「e」

・単語の最初の文字に移動
「b」

・ページ移動(WindowsのPage DownやPage Upのような動き)

「Ctrl」+「d」

「Ctrl」+「u」

・カーソルの文字をを削除
「x」

・カーソルの文字から行末までを削除
「D」



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS7コマンド&エラーナレッジ

centos7ナレッジ

・rootでのSSHログイン拒否
/etc/ssh/sshd_config
→PermitRootLogin を「no」にする

・rpmなどアップデート時にconflictした時
rpm -Uvh
で回避できた(?)

・サービスの自動起動状態を確認
systemctl list-unit-files -t service

・ファイルを探すとき
find / -name 'test'
locate test

・python-pipのインストール
yum install -y epel-release
yum install -y python-pip
pip install pip --upgrade