【tech】コマンドプロンプト(CMD)でIPアドレスを設定するメモ



公開:2020/04/27
更新:2020/04/27

私は最近自宅のNWの整備にハマっているのですが、NW機器を設定する時に作業用PCとNW機器を直接一対一で接続することが多く、その都度作業PCにIPアドレスを、アダプタの設定からNICのプロパティを開いて手動でIPアドレスを設定するのがめんどくさいと感じていました。

ある日ふとひらめいたのです。

cmd(コマンドプロンプト)で出来たら簡単なのでは・・?

早速調べたメモです。

環境


OS:windows10
割り当てるIPアドレス:192.168.100.220/24
GW:192.168.100.1
DNS:8.8.8.8

Powershell:Ver 5.1
インターフェース名:ローカル エリア接続

これからは、cmdで設定するよりWindowsユーザならPowershellを使えるようになったほうがいいみたいなので、PowershellでIPアドレスの設定手順を先に書きます。
※CMD(コマンドプロンプト)での設定方法は下に書いてあります。

手順




・InterFaceIndex番号の確認
Get-NetAdapter


Name InterfaceDescription ifIndex Status MacAddress LinkSpeed
ローカルエリア接続 Intel(R) GigaNetwork Con.. 10 Up XX-XX-F1-4D-XX-XX 1 Gbps
Bluetooth接続 Bluetooth デバイス 9 Disconnected XX-XX-AF-4D-XX-XX 3 Mbps


→わかりづらいですが、10と9の部分です。今回、ローカルエリア接続のGigabitのNICにIPアドレスを割り当てたいので、InterFaceIndexは「10」とわかりました

・DNSの設定
Set-DnsClientServerAddress -InterfaceIndex 10 -ServerAddresses 8.8.8.8

→8.8.8.8が割り当てたいDNSサーバのIPアドレスです。

・IPアドレスの設定
New-NetIPAddress -interfaceindex 10 -IPAddress "192.168.100.220" -AddressFamily IPv4 -PrefixLength 24 -DefaultGateway 192.168.100.1

→IfIndexが10のローカルエリア接続のNICにIPアドレスを192.168.100.220で、サブネットマスクは/24で、デフォルトゲートウェイは192.168.100.1で設定します。



・IPアドレスの削除
Remove-NetIPAddress -interfaceindex 10 -IPAddress "192.168.100.220" -DefaultGateway 192.168.100.1
→NW機器の設定が終わったらIPアドレスを削除します。

・DNSアドレスの削除
Set-DnsClientServerAddress -InterfaceIndex 10 -ResetServerAddresses

コマンドプロンプト(CMD)でのやり方 





・cmdを管理者で起動

・netshモードへ切り替え
netsh

・インターフェース名を確認
interface ip show config


netsh>interface ip show config

インターフェイスの構成 "ローカル エリア接続"
DHCP 有効: いいえ
インターフェイス メトリック: 25
静的に構成された DNS サーバー: なし
次のサフィックスで登録します: プライマリのみ
静的に構成された WINS サーバー: なし


→インターフェース名は「ローカルエリア接続」とわかりました。

・IPアドレスの割り当て
netsh>interface ip set address "ローカル エリア接続" static 192.168.100.220 255.255.255.0 192.168.100.1

・DNSサーバの割り当て
netsh>interface ipv4 set dns name="ローカル エリア接続" source=static 8.8.8.8

・設定確認
interface ip show config


netsh>interface ip show config

インターフェイスの構成 "ローカル エリア接続"
DHCP 有効: いいえ
IP アドレス: 192.168.100.220
サブネット プレフィックス: 192.168.100.0/24 (マス ク 255.255.255.0)
デフォルト ゲートウェイ: 192.168.100.1
ゲートウェイ メトリック: 1
インターフェイス メトリック: 25
静的に構成された DNS サーバー: 8.8.8.8
次のサフィックスで登録します: プライマリのみ
静的に構成された WINS サーバー: なし


・netshから抜ける
exit



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】(CMD) コマンドプロンプトのプロンプトを短くするメモ

浮気性の私は最近、pythonの勉強を熱心にしていまして。笑
Python 3 エンジニア認定基礎試験を取得するために、PCでpythonのプログラムを書いて動かして覚えています。

その時にコマンドプロンプト (CMD)を使うのですが、python3の作業フォルダがかなり深いところにあるので、プロンプトが長くなりすぎてしまって邪魔くさかったので、短くする方法を調べたメモです。

「dir」コマンドで、カレントディレクトリ配下のフォルダを見て「cd」で移動していくうちに長くなったディレクトリがこちらです。笑


C:\Users\mamezo\Desktop\workspace\10.record\00.技術系\00.WS\40.Python\10.document>


命名規則のセンスが問われます。笑

この長くなったプロンプトを短くするコマンドが


PROMPT $N$G


です。

これだけで、
C:\Users\mamezo\Desktop\workspace\10.record\00.技術系\00.WS\40.Python\10.document>PROMPT $N$G
C>
C>

と短くなります。

これで使いやすくなったので引き続き、python3の勉強を頑張ります!
先日受験したときは、700点合格で、675点、、あと一問で合格だったので、わたしは今燃えています。笑

python3はプログラマーじゃなくても勉強すれば取得できる資格ですね!
勉強方法のblogも今度かこっかな~


私がメインで使っているWindowsPC(のメモリが8GBの物)です!
私はこのPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑

下のpythonでexcelを動かす本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)
一度読んでみると、別に困ってなかったけど、もっと便利な使い方があったことに気づけたりしていいですよね!
unlimitedに入ってるの知らなかったのですが、unlimited使わないともったいないですし。笑

【tech】コマンドプロンプトのパスを短くする

コマンドプロンプト(cmd)を使用していて、フォルダ階層が深くなってくるとプロンプト名が長すぎて邪魔になってきます。

そういう時は、下のコマンド?を打てば短くなります。

PROMPT $N$G

そうすれば

C>

だけの表示になって見やすくなります。