【tech】PowershellでAzure SQL Databaseのサイズ変更するメモ



公開:2020/01/28
更新:2020/01/28

職場でAzureを使っているのでpowershellで操作できるようになりたいと思い、先日、AzureRMなどのセットアップ手順メモを書きましたが、その続きです。

【tech】2019年12月版 Azure操作の為のPowerShell

Azure SQL Databaseのサイズ変更のコマンドメモです。
powershellってAzureRMのコマンドだったり、AzureCLIのコマンドだったり、多すぎですよね笑

環境


リソースグループ名:Test-RG
SQLサーバー名:sqlsv00
データベース名:db00
DBのサイズ:S1
変更後のDBサイズ:Basic

手順




・変数定義
$resourceGroup = "Test-RG"
 →リソースグループ名
$sqlserverName = "sqlsv00"
 →SQLサーバ名
$databaseName = "db00"
 →変更したいDB名
$dbChangeEdition = "Basic"
 →Basic、Standard、Premium、DataWarehouse、GeneralPurposeなど

$dbChangeLevel = "S1"
 →希望のサイズ。他にはP1など。Basicシリーズだと不必要

・サイズ変更のAzureRMコマンド
Set-AzureRmSqlDatabase -ResourceGroupName $resourceGroup -ServerName $sqlserverName -DatabaseName $databaseName -Edition $dbChangeEdition -RequestedServiceObjectiveName $dbChangeLevel


・Basicサイズに変更したい場合
Set-AzureRmSqlDatabase -ResourceGroupName $resourceGroup -ServerName $sqlserverName -DatabaseName $databaseName -Edition $dbChangeEdition



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】AzureSQLDatabaseの作成からローカルPCからの接続までのメモ



Azureの勉強とDBの勉強が同時にできると思って、AzureのPaaSサービスを使ってみたのですが、さっそく訳が分からなかったのでメモです笑

AzureのPaaSサービスのAzureSQLDatabaseというのを使ってみたのですが、
接続方法がわからなくてテンパりました。

ローカルの作業PCにMicrosoftの「SQL Server Management Studio」というアプリケーションを入れればローカルの作業PCからSQL接続できる事がわかりました。

SQL Server Management Studio はMicrosoftから無料でDLできます。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ssms/download-sql-server-management-studio-ssms?view=sql-server-2017

※「SSMS」などでググれば大体一番上にでます。

SSMSをDL後、作業PCにインストールします。
ソフトを起動させると「サーバーへ接続」のウインドウが立ち上がるので、


サーバーの種類:データベースエンジン
サーバー名  :kusomemo.database.net
認証     :SQL Server認証
ログイン   :kusomemouser
パスワード  :kusoPASS123!!




の要領で、設定した値をいれれば接続できます!
AzureポータルからAzureSQLDatabaseを作成するところから乗せるつもりがSSMSだけで終わってしまいましたので、またブラッシュアップします!笑
楽天トラベル

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもメモリもSSDもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】【動画あり】Centos7にopenstack stein(2019年最新)をpackstackを使用してall-in-one構成でインストールするメモ




2019年7月時点で最新Verのopenstack(Stein)のインストールに挑戦したメモです!

他にももっと適切なやり方があると思いますが、ひとまずは完成したので、
メモとして残しておきます!
もっといいやりかたをご存知の方、ぜひコメントください!
※個人のメモです、推奨手順とはかけ離れてると思いますので、ご注意ください!苦笑
動画、作業ログは後ほどアップしようと思います!

動画作りました!(installmovie)リクエストありがとうございます!
私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私はこのPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑

環境
・Openstack Stein
CentOS7.6 (minimal) on VirtualBox
IF1:Nat接続
(IP addressはDHCP取得)
IF2:ホストオンリーアダプタ接続
(IP:192.168.56.150)
※プロミスキャスモードをすべて許可にする
vCPU:4cpu
メモリ:8GB

インストール前作業

・環境変数の定義
sudo vi /etc/environment
※下記コピペ


LANG=en_US.utf-8
LC_ALL=en_US.utf-8




・NetworkManagerの停止
sudo systemctl stop NetworkManager

・NetworkManagerの自動起動OFF
sudo systemctl disable NetworkManager

・Firewalldの停止
sudo systemctl stop firewalld

・Firewalldの自動起動停止
sudo systemctl disable firewalld

・Networkの再起動
sudo systemctl restart network
※SELinuxはdisabledにしたあとrebootせずに進めても
インストールできたので、変えなくても良さそうです。

・SELinuxの確認
getenforce
→Enforcing

・SELinuxの停止
vi /etc/sysconfig/selinux
→enfocingをdisabledへ更新
 →「:%s/enforcing/disabled/gc」で置換できます!
 (cオプションで、nでスキップ、yで置換できます。)

・再起動
reboot

・update
sudo yum -y update



Openstackのインストール

・Openstackのインストール
sudo yum install -y centos-release-openstack-stein

・アップデート
sudo yum -y update

Packstackのインストール
・packstackインストール
sudo yum install -y openstack-packstack

・アンサーファイルの作成
packstack --gen-answer-file=answer.txt

・アンサーファイルの編集
vi answer.txt
コマンドモードで「:%s/10.0.2.15/192.168.56.150/gc」と打つと、「10.0.2.15」を「192.168.56.150」に置換することができます。
 ※コマンド入力後、「y」でひとつずつ、「a」ですべて置換してくれます。

デフォルトでインターネットに接続されるNATインターフェースの
IPアドレス(10.0.2.15)※DHCPからアサインがセットされるので、ホストオンリーアダプタ側のIPアドレスに書き換えてあげます。
この工程を飛ばすと、packstackでインストールする時にエラーが出ます。
※ちなみに、ここめちゃくちゃハマりました。。泣

・openstackインストール(Packstackの実行)
packstack --answer-file=answer.txt
→この後30分はかかると思います。



openstackのインストールが完了!!

・初期パスワードの確認
cat keystonerc_admin

openstackへアクセス
・ブラウザを立ち上げ
http://192.168.56.150/dashboard/
へアクセス 初期ID/PW
ID:admin
PW:cat keystonerc_adminで確認したランダムな値

無事インストールできましたか? 他にも
他にも
CentOS7にZabbix4.0をインストールする手順メモ

Ubuntu1804にZabbix4.0をインストールする手順メモ

Zabbix4.0のNW機器(VyOS)を監視設定する手順メモ

など公開してますので、ぜひご覧ください!!!!

最後まで見ていただいてありがとうございました!
うまくいかないところなどあればお問い合わせください!!

後ほど作業ログもアップ致します!
作業ログ(InstallLog)です!

この次はopenstackの上に、別のページで公開している、Zabbix4.0のインストール に挑戦したいと思っています!

ほかにも、RedmineやDockerやKubernates、Elastic Search、Kibanaなど最近気になっているのですが、何かおすすめがあればぜひ教えてください!!!!
もしくは、この中から、インストール手順が見つからずに困っているなど、何かリクエストがあれば、わたしも挑戦してみますので、こちらもぜひともリクエストを頂きたいと思います!!! なんでもご遠慮なくリクエストをください!


楽天トラベル

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Azureにssh接続する方法メモ



AWSの無料期間が終わりそうなので、これからはAZUREを使ってみようと思います。といってもFXの自動売買ツールを動かしているだけなのですが。。笑

いまっはGCPのbitnami WORDPRESSを使ってこのblogを動かしていますが、新たにAzure上にnginxをLBに使って後ろにWORDPRESSを構築しなおしたいな~と目論んでおります!

環境


クラウド:Azure
サイズ:Standard B1s (1 vcpu 数、1 GB メモリ)
VM名:nginx00
ネットワークインターフェース:nginx00143
NWセキュリティグループ:nginx00-nsg

手順




・ネットワークセキュリティグループに追加
AzureのTOP画面から「全てのサービス」→「すべて」→「NSG」で検索→「ネットワークセキュリティグループ」→「nginx00-nsg」クリック→「受信セキュリティ規則」→「追加」→下記値を参考にSSH許可する→「追加」


ソース:Any
ソースポート範囲:*
宛先:Any
宛先ポート範囲:22
プロトコル:TCP
アクション:許可
優先度:100
名前:SSH_sample


※ssh接続ですので、ソースアドレス・宛先は的確に絞る事をお勧めいたします。

・IPアドレスの確認
管理ポータルのTOP画面から「VirtualMAchines」→「nginx00」→「パブリックIP」
→パブリックIPアドレスを確認

teratermなどを立ち上げて確認したパブリックIPアドレスを入力、VM作成時に設定したユーザ名・パスワードでログインする
これが出来たら、ぜひお試しください!AzureにNginx on CentOSで構築したメモです!

【tech】Azure上のCentOS7へnginxをインストールするメモ

AzureのPaaSサービスのAzureSQLDatabaseの作成と、SSMS(SQL Server Management Studio)を使用した接続のメモ手順です!よかったら見てください!

【tech】AzureSQLDatabaseの作成からローカルPCからの接続までのメモ



楽天トラベル

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもメモリもSSDもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】VirtualBox上のCentOS7 にOpenstack (Rocky)をインストールしたメモ




ずっとあこがれだったopenstack(Rocky)のインストールに挑戦したメモです!
他にももっと適切なやり方があると思いますが、ひとまずは完成したので、
メモとして残しておきます!もっといいやりかたをご存知の方、ぜひコメントください!

※個人のメモです、推奨手順とはかけ離れてると思いますので、ご注意ください!苦笑

動画、作業ログは後ほどアップしようと思います!
動画作りました!(installmovie)
リクエストありがとうございます!

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私はこのPCのメモリを16GBにアップグレードして使っています!


環境

・Openstack Rocky
CentOS7.5 (minimal) on VirtualBox
IF1:Nat接続
   (IP addressはDHCP取得)
IF2:ホストオンリーアダプタ接続
   (IP:192.168.56.150)
   ※プロミスキャスモードをすべて許可にする
vCPU:4cpu
メモリ:8GB


インストール前作業




・環境変数の定義
sudo vi /etc/environment
※下記コピペ


LANG=en_US.utf-8
LC_ALL=en_US.utf-8


・NetworkManagerの停止
sudo systemctl stop NetworkManager

・NetworkManagerの自動起動OFF
sudo systemctl disable NetworkManager

・Firewalldの停止
sudo systemctl stop firewalld

・Firewalldの自動起動停止
sudo systemctl disable firewalld

・Networkの再起動
sudo systemctl restart network

※SELinuxはdisabledにしたあとrebootせずに進めても
 インストールできたので、変えなくても良さそうです。

・SELinuxの確認
getenforce
→Enforcing

・SELinuxの停止
vi /etc/sysconfig/selinux
→enfocingをdisabledへ更新

・再起動
reboot

・update
sudo yum -y update

Openstackのインストール


・Openstackのインストール
sudo yum install -y centos-release-openstack-rocky

・アップデート
sudo yum -y update

Packstackのインストール



・packstackインストール
sudo yum install -y openstack-packstack

・アンサーファイルの作成
packstack --gen-answer-file=answer.txt

・アンサーファイルの編集
vi answer.txt

コマンドモードで「:%s/10.0.2.15/192.168.56.150/gc」と打つと、「10.0.2.15」を「192.168.56.150」に置換することができます。
※コマンド入力後、「y」でひとつずつ、「a」ですべて置換してくれます。


デフォルトでインターネットに接続されるNATインターフェースの
IPアドレス(10.0.2.15)※DHCPからアサインがセットされるので、ホストオンリーアダプタ側のIPアドレスに書き換えてあげます。
この工程を飛ばすと、packstackでインストールする時にエラーが出ます。
※ちなみに、ここめちゃくちゃハマりました。。泣


・openstackインストール(Packstackの実行)
packstack --answer-file=answer.txt

→この後30分はかかると思います。

openstackのインストールが完了!!

・初期パスワードの確認
cat keystonerc_admin

openstackへアクセス




・ブラウザを立ち上げ
http://192.168.56.150/dashboard/
へアクセス

初期ID/PW
ID:admin
PW:cat keystonerc_adminで確認したランダムな値

無事インストールできましたか?

他にも
CentOS7にZabbix4.0をインストールする手順メモ

Ubuntu1804にZabbix4.0をインストールする手順メモ

Zabbix4.0のNW機器(VyOS)を監視設定する手順メモ

など公開してますので、ぜひご覧ください!!!!

最後まで見ていただいてありがとうございました!
うまくいかないところなどあればお問い合わせください!!

後ほど作業ログもアップ致します!
作業ログ(InstallLog)です!

この次はopenstackの上に、別のページで公開している、Zabbix4.0のインストール に挑戦したいと思っています!ほかにも、RedmineやDockerやKubernates、Elastic Search、Kibanaなど最近気になっているのですが、何かおすすめがあればぜひ教えてください!!!!

もしくは、この中から、インストール手順が見つからずに困っているなど、何かリクエストがあれば、わたしも挑戦してみますので、こちらもぜひともリクエストを頂きたいと思います!!!

なんでもご遠慮なくリクエストをください!




楽天トラベル

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)