【tech】WORDPRESS ファイルストリーミングの送り先となるディレクトリが存在しないか、書き込み不可になっています。の対処メモ



公開:2020/10/03
更新:2020/10/03

このblogはWORDPRESSで動かしているのですが、以前はGCPのbitnami WORDPRESSを使っていました。
先日、サーバの事をもっと詳しくなりたかったのでIaaSでWORDPRESSの運用に切り替え、スクラッチから設定を書き換えたりしています。

サーバ移転に伴い、以前運用していた設定がそのままになっていたせいで、いろいろと不都合も起こり始めました。
今回のエラーはアップデートしようとしたときに出たエラーです。

エラーメッセージ


ダウンロードに失敗しました。: ファイルストリーミングの送り先となるディレクトリが存在しないか、書き込み不可になっています。

色々調べるとアップデートする最新版のファイルの保存先が見つからないので、エラーになっている。
なので、webサーバ(apacheなど)が書き込めるディレクトリを作成してあげれば解決するようでした。

解決策


apacheが書き込めるディレクトリをWPのホームディレクトリ配下に作成
wp-config.phpにディレクトリ定義

手順

・ディレクトリ移動
cd /var/www/html/wordpress

・ディレクトリ作成
mkdir tmp

・権限変更
chown apache. tmp
chmod 755 tmp

・ディレクトリの定義
vi wp-config.php ※最下部に追記

define('WP_TEMP_DIR', '/var/www/wordpress/tmp');

以上です!

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS8でFTPサーバ構築メモ (vsftpd使用)



公開:2020/09/01
更新:2020/09/01

要件


・OSユーザでログイン可能
・rootでのftpログインを禁止
・chrootによって制限
・特定のユーザはchrootの制限を受けない
・特定のユーザはログインディレクトリの変更

手順




・ユーザ確認
cat /etc/passwd

・ユーザ作成
useradd taro
passwd taro

useradd hana
passwd hana

・ftpディレクトリの作成
mkdir -p /ws/ftp/taro

・vsftpdのインストール
yum install -y vsftpd

・vsftpdの起動
systemctl enable --now vsftpd
systemctl status vsftpd

・FWの許可設定
firewall-cmd --add-service=ftp --permanent
firewall-cmd --reload

・vsftpd.confの各設定を下記のように編集
vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf


 grep -v -e '^#' -e '\s*#' /etc/vsftpd/vsftpd.conf

anonymous_enable=NO
local_enable=YES
write_enable=YES
local_umask=022
dirmessage_enable=YES
xferlog_enable=YES
connect_from_port_20=YES
xferlog_file=/var/log/xferlog
xferlog_std_format=YES
chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
ls_recurse_enable=YES
listen=YES
listen_ipv6=NO

pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
userlist_deny=YES
userlist_file=/etc/vsftpd/user_list

allow_writeable_chroot=YES

pasv_enable=YES
pasv_min_port=40000
pasv_max_port=40040
pasv_addr_resolve=YES

user_config_dir=/etc/vsftpd/user_conf

chroot除外ユーザの設定


vi /etc/vsftpd/chroot_list


taro


→chrootから除外したい人を記述
 chrootできない人は"/"とされる

・ディレクトリの変更
mkdir /etc/vsftpd/user_conf

vi /etc/vsftpd/user_conf/taro


local_root=/ws/ftp/taro


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】mariadbのインストールと基本操作



・リポジトリの追加
curl -sS https://downloads.mariadb.com/MariaDB/mariadb_repo_setup | sudo bash

・mariadbのインストール
sudo yum install -y MariaDB-server

・ステータス確認
systemctl status mariadb

・mariadbの起動
systemctl enable --now mariadb


・初期設定
mysql_secure_installation

>Enter current password for root (enter for none):
→何も入力せずにEnter

>Switch to unix_socket authentication [Y/n]
→y 

>Change the root password? [Y/n]
→y
New password:
Re-enter new password:

>Remove anonymous users? [Y/n] y
→y

>Disallow root login remotely? [Y/n] 
→y

>Remove test database and access to it? [Y/n]
→y

>Reload privilege tables now? [Y/n]
→y



・rootログイン
mysql -u root -p
→mysql_secure_installationで入力したPWを入力

・dbを確認
show databases;

MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
+--------------------+

・dbを作成
create database test;

```
MariaDB [(none)]> create database test;
Query OK, 1 row affected (0.000 sec)

<pre><code><br />・db確認
show databases
</code></pre>

MariaDB [(none)]> show databases
-> ;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
| test |
+--------------------+
4 rows in set (0.000 sec)

MariaDB [(none)]>

<pre><code><script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- standard-2_191013 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block;background-color:transparent;"
data-ad-client="ca-pub-9532357307325725"
data-ad-slot="3083860548"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

<amp-ad width="100vw" height=320
type="adsense"
data-ad-client="ca-pub-9532357307325725"
data-ad-slot="3083860548"
data-auto-format="rspv"
data-full-width>
<div overflow></div>
</amp-ad>

・DBを変更
use test
</code></pre>

MariaDB [(none)]> use test
Database changed
MariaDB [test]>

<pre><code><br />tableの確認
SHOW tables;

</code></pre>

MariaDB [test]> show tables;
Empty set (0.000 sec)

<pre><code><br />・DB変更
use mysql
</code></pre>

MariaDB [test]> use mysql
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

<pre><code><script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- standard-2_191013 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block;background-color:transparent;"
data-ad-client="ca-pub-9532357307325725"
data-ad-slot="3083860548"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

<amp-ad width="100vw" height=320
type="adsense"
data-ad-client="ca-pub-9532357307325725"
data-ad-slot="3083860548"
data-auto-format="rspv"
data-full-width>
<div overflow></div>
</amp-ad>

・tableの確認
</code></pre>

MariaDB [mysql]> show tables;
+---------------------------+
| Tables_in_mysql |
+---------------------------+
| column_stats |
| columns_priv |
| db |
| event |
| func |
| general_log |
| global_priv |
| gtid_slave_pos |
| help_category |
| help_keyword |
| help_relation |
| help_topic |
| index_stats |
| innodb_index_stats |
| innodb_table_stats |
| plugin |
| proc |
| procs_priv |
| proxies_priv |
| roles_mapping |
| servers |
| slow_log |
| table_stats |
| tables_priv |
| time_zone |
| time_zone_leap_second |
| time_zone_name |
| time_zone_transition |
| time_zone_transition_type |
| transaction_registry |
| user |
+---------------------------+
31 rows in set (0.000 sec)

MariaDB [mysql]>
```

DBを触ったことがないとイメージしづらいと思うので、最初は
DBはexcelファイル、tableはexcelのシート、tableの中に格納されているデータがexcelの各セルのデータとイメージすると
わかりやすいかと思います。

DBの変更
use test