【tech】CentOS8にsnmpwalkをインストールするメモ



公開:2021/03/04
更新:2021/03/04

CentOS8でsnmpwalkを実行するために、
net-snmp-utilsなどをインストールする手順のメモです。

環境


OS:CentOS8
監視サーバ:192.168.100.101
監視対象サーバ:192.168.100.102
snmp community:private

手順


・net-snmp、net-snmp-utilsのインストール
 ※snmpwalkはutilsに含まれます。
dnf -y install net-snmp net-snmp-utils

※監視対象で snmpの接続許可をしておく必要があります。

・snmpwalkの実行
snmpwalk -v 2c -c private 192.168.100.102

下記の投稿で、zabbixのインストールと、NW機器を監視設定する手順を公開していますので、ぜひご覧ください

zabbixで監視対象に追加する手順メモのリンク

【tech】【動画あり】Zabbix4.0へVyOSをSNMP監視対象として追加する

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS8に最新のNode.jsをインストールするメモ



公開:2021/02/20
更新:2021/02/20

最近自宅の検証環境にBIGIPを購入しました。起動させてみたらすごくファンが煩くて、一度電源を入れた切りそのままです。笑
BIGIPではiRulesというスクリプト制御機能があるのですが、iRulesはnode.jsで記述するため、Node.jsを勉強しています。
Node.jsのインストールした手順をメモしました。

環境


仮想化:KVM
OS:CentOS8.2
最新Node.js:v14.15.5
一時Node.js:v10.21.0

手順


・node.js、npmのインストール
yum install -y nodejs npm

・バージョン確認
node -v
npm -v

・nのインストール
npm install -g n

・最新版Node.jsのインストール
n stable

・古いnode.jsなどの削除
yum remove -y nodejs npm

・(パスが通らないため)ログアウトし再ログインする
exit
→exit後に再ログインする

・バージョン確認
node -v
npm -v

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Iphoneバックアップ・iTunesのデータを外付けHDDやNASに保存先の変更メモ



公開:2020/12/13
更新:2020/12/13

Iphoneのバックアップや、iTunesの音楽データを外付けHDDやNASなどに保存する方法のメモです。
Iphoneのバックアップなどはデータが大きくなりがちなので、外付けのHDDや、NASに保存する方法をメモしておきます。

今回は「シンボリックリンクの作成」という方法で保存先を別のDISKドライブへ向かわせます。

シンボリックファイルとは詳細には意味合いが違いますが、「ショートカットフォルダ」をイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

環境


OS:Windows10
ユーザ:taro
iTunes:Ver12.11.0.26
ローカル側シンボリックリンクファイル(iTunes):iTunes Media
ローカル側シンボリックリンクファイル(Iphoneバックアップ):Backup
保存先(NAS):\192.168.100.100\share\taro
保存先(ドライブ):Z:\share\taro

iTuneから音楽データの保存先の確認


iTunesの上部メニューの「編集→環境設定→詳細」をひらくとiTunesのメディアフォルダの場所が確認できます。

C:\Users\<ユーザ名>\Music\iTunes\iTunes Media

例えばユーザ「taro」の場合、デフォルトだと下記のようなディレクトリになっていると思います

C:\Users\taro\Music\iTunes\iTunes Media

保存先フォルダの作成


外付けHDDやNAS、ファイルサーバなどの実際に、iTunesの音楽データやIphoneのバックアップデータの保存先に保存用フォルダを作っておきます。

シンボリックリンクの作成


・管理者権限でコマンドプロンプトを開く
コマンドプロンプトを管理者権限で起動させて、コマンドを実行してシンボリックリンクを作成します。

 windowsキーを押して、cmdと入力します。するとコマンドプロンプトが表示されていると思うので、
 「管理者として実行」をクリックして起動させます。
  ※管理者として実行が見つからなかった場合は通常起動させてOKです。

   通常起動後、タスクバーのコマンドプロンプトのアイコンにマウスカーソルを合わせ、
   右クリック→「コマンドプロンプト」を右クリック→「管理者として実行」で管理者として実行することができます。



iTunesのデータファイル用のシンボリックリンクを作成

・ディレクトリの移動
cd C:\Users\taro\Music\iTunes

・ファイルの確認
dir

・フォルダ名の変更(コマンドに「"」は含みます)
RENAME "iTunes Media" "iTunes Media.bk"
 ※コマンドが通らなかった場合、通常画面でフォルダを開いてリネームしてもOKです

・ファイルの確認
dir
→iTunes MediaフォルダがiTunes Media.bkフォルダに変わったことを確認します。

・シンボリックリンクの作成 (コマンドに「"」は含みます)
MKLINK /D "iTunes Media" "\192.168.100.11\Share\taro\iTunes Media"

Iphoneバックアップファイル用のシンボリックリンクを作成


・バックアップファイルの場所
  Windows10でMicrosoft StoreからiTunesをDLした場合は下記のディレクトリにバックアップファイルが保存されます

C:\Users\ユーザ名\Apple\MobileSync\Backup\
既存のBackupフォルダの退避

・ディレクトリに移動します
cd C:\Users\ユーザ名\Apple\MobileSync\

・ファイルの確認
dir

・フォルダ名の変更
RENAME Backup Backup.bk

・ファイルの確認
dir
→BackupフォルダがBackup.bkフォルダに変わったことを確認します。

・ディレクトリの移動
cd C:\Users\taro\Apple\MobileSync\Backup\

・シンボリックリンクの作成
MKLINK /D "Backup" "\192.168.100.11\Share\taro\Backup"

 ※外付けHDDの場合は
MKLINK /D "Backup" "Z:\Share\taro\Backup"

以上で完了です。
エクスプローラなどを開いて、ちゃんとリンクできるか確かめておきましょう!



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)