【tech】CentOS8にDockerをインストールしてみたメモ




公開日:2019/11/10
更新日:2020/07/17

以前一度だけちょっと触ったDockerのインストールメモです!
最近いろんなソフトウェアをインストールして遊んでいるのですが、構築した都度VMを削除しているので、そのままコンテナ化し起動させられないかと思いまたDockerをインストールしてみました!

動画つくりました!

環境


CentOS8.0 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
Docker Ver:18.09 (Latest 2019/11/10)




手順


・Dockerリポジトリ追加
sudo curl https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo -o /etc/yum.repos.d/docker-ce.repo

・yum キャッシュの作成
sudo yum makecache

・Dockerのインストール
sudo dnf -y install docker-ce --nobest

・Dockerの起動
sudo systemctl enable --now docker

・ユーザをdockerグループに追加
sudo usermod -aG docker $USER

・ユーザのグループ確認
id $USER

・カレントグループの変更
newgrp docker



・DockerのVer確認
docker version

・DockerコンテナのDL(Pull)
docker pull alpine

・DLしたDockerを確認
docker images

・alpineを起動させる
docker run -it --rm alpine /bin/sh

・ディレクトリ一覧取得
ls

・ping
ping 8.8.8.8

・Alpineから抜ける
exit


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS8にPrometheusをインストールしたメモ




公開日:2019/11/7
更新日:2019/11/9

前の現場でopenstackを教えてくれていた先輩が「これからはPrometheusだ」と言っていたのでインストールしてみました!
最近いろんなアプリケーションに触れているけどまだ触れてないので、しっかり触っていきたいと思います!

動画つくりました!

環境


CentOS8.0 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
Prometheus




手順


・Prometheusのグループ作成
sudo groupadd --system prometheus

・Prometheusのユーザ作成
sudo useradd -s /sbin/nologin --system -g prometheus prometheus

・ディレクトリ作成
sudo mkdir /var/lib/prometheus

・ディレクトリの作成
for i in rules rules.d files_sd; do
sudo mkdir -p /etc/prometheus/${i};
done

・wget、tarのインストール
dnf install -y wget tar

・ディレクトリ作成
mkdir /tmp/prometheus

・ディレクトリ移動
cd /tmp/prometheus


・prometheusのDL
wget https://github.com/prometheus/prometheus/releases/download/v2.13.1/prometheus-2.13.1.linux-amd64.tar.gz

・展開
tar xvf prometheus-*.tar.gz

・ディレクトリ移動
cd prometheus-*/

・ファイルのコピー
sudo cp prometheus promtool /usr/local/bin/

・ファイルのコピー
sudo cp -r consoles/ console_libraries/ /etc/prometheus/

・ディレクトリ移動
cd /etc/prometheus/

・confファイルの作成
vi prometheus.yml
 ※ymlファイルはインデントに意味がありますので、インデントは変更しないでください。

# Global config
global: 
  scrape_interval:     15s
  evaluation_interval: 15s
  scrape_timeout: 15s

scrape_configs:
  - job_name: 'prometheus'

    static_configs:
    - targets: ['localhost:9090']

・cpu数の確認
lscpu
→「CPU(s):2」の場合、次のconfファイルの「Environment="GOMAXPROCS=2"」となる。
 「CPU(s):4」の場合、次のconfファイルの「Environment="GOMAXPROCS=4"」となる。


・systemd起動ファイルの作成
sudo vi /etc/systemd/system/prometheus.service

[Unit]
Description=Prometheus
Documentation=https://prometheus.io/docs/introduction/overview/
Wants=network-online.target
After=network-online.target

[Service]
Type=simple
Environment="GOMAXPROCS=2"
User=prometheus
Group=prometheus
ExecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID
ExecStart=/usr/local/bin/prometheus \
  --config.file=/etc/prometheus/prometheus.yml \
  --storage.tsdb.path=/var/lib/prometheus \
  --web.console.templates=/etc/prometheus/consoles \
  --web.console.libraries=/etc/prometheus/console_libraries \
  --web.listen-address=0.0.0.0:9090 \
  --web.external-url=

SyslogIdentifier=prometheus
Restart=always

[Install]
WantedBy=multi-user.target



・ディレクトリオーナの更新
for i in rules rules.d files_sd; do
sudo chown -R prometheus:prometheus /etc/prometheus/${i};
done

・ディレクトリ権限の更新
for i in rules rules.d files_sd; do
sudo chmod -R 775 /etc/prometheus/${i};
done

・ディレクトリ所有者の変更
sudo chown -R prometheus:prometheus /var/lib/prometheus/

・デーモンのリロード
sudo systemctl daemon-reload

・prometheusの起動
sudo systemctl start prometheus

sudo systemctl enable prometheus

・ステータス確認
systemctl status prometheus.service

・FWの許可設定
sudo firewall-cmd --add-port=9090/tcp --permanent

・FWのリロード
sudo firewall-cmd --reload

・アクセス確認
ブラウザを立ち上げ192.168.100.101:9090へアクセスする。


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS8にGrafanaをインストールしたメモ



公開日:2019/11/6
更新日:2019/11/9

動画作りました!

環境


CentOS8.0 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
Grafana


手順


・Grafanaのリポジトリの追加
cat <<EOF | sudo tee /etc/yum.repos.d/grafana.repo

[grafana]
name=grafana
baseurl=https://packages.grafana.com/oss/rpm
repo_gpgcheck=1
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://packages.grafana.com/gpg.key
sslverify=1
sslcacert=/etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt
EOF

・Grafanaのインストール
sudo dnf install -y grafana

・Grafanaを起動させる
sudo systemctl enable --now grafana-server.service

※Redmineなどで3000番portを使っている場合は
/etc/grafana/grafana.ini.
を編集します。

・Grafanaのiniファイル編集
vi /etc/grafana/grafana.ini.


http_port = 3001




・起動確認
systemctl status grafana-server.service

・FWの許可設定
sudo firewall-cmd --add-port=3001/tcp --permanent

・FWの再起動
sudo firewall-cmd --reload

・アクセス確認
ブラウザを立ち上げ「192.168.100.101:3001」へアクセスする。


username:admin
password:admin


使い方はまた今度、家のLAN環境が仕上がってから調べます!笑



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】CentOS8にJenkinsをインストールしたメモ



職場でJenkinsを触ることになりインストール方法を調べたメモです!
JenkinsもJAVAで作られてるんですね、

環境


CentOS8.0 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
JAVA Ver11.0.5
Jenkins Ver2.2




JAVAのインストール


・JAVAのインストール
sudo dnf install -y java-11-openjdk-devel wget

・バージョン確認
java -version

・JAVAの環境設定
sudo vi /etc/profile.d/java.sh

export JAVA_HOME=$(dirname $(dirname $(readlink $(readlink $(which javac)))))
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export JRE_HOME=/usr/lib/jvm/jre
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

・java.shの読み込み
source /etc/profile.d/java.sh

・ファイル読みこみ後の確認
echo $JAVA_HOME


Jenkinsのインストール




・Jenkins Keyの読み込み
sudo rpm --import https://jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

・リポジトリの追加
sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo

・Jenkinsのインストール
sudo dnf -y install jenkins

・Jenkinsの起動
systemctl enable --now jenkins

・ステータスの確認
systemctl status jenkins

・FWの許可設定
sudo firewall-cmd --add-port=8080/tcp --permanent

・FWの再起動
sudo firewall-cmd --reload


・Jenkinsの初期PWの確認
cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword
→パスワードが出力されるのでコピーしておく

・アクセス確認
ブラウザを立ち上げ「192.168.100.101:8080」にアクセス

Jenkinsの画面が出力されたら上で確認したPWを貼り付け、「Continue」クリック

「Install suggested plugins」 を選択。
 →推奨プラグインをインストール。

Create First Admin User

Username
Password
Confirm password
Full name
E-mail address

に任意の値を入力し 「Save And Finish」

Jenkinsの画面が立ち上がったら、使い方はググってください!笑
わたしも使い方はこれからです!笑


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】【Movie】CentOS8にElastic Search & Kibana をインストールするメモ




公開日:2019/11/4
更新日:2019/11/18

前から興味があったElasticStack、Elastic SearchとKibanaをインストールしてみました!ElasticsearchとKibanaを CentOS 8にインストールする手順のメモです!
使い方はまだこれからです。笑

動画作りました!

環境


CentOS 8.0 (minimal) on KVM
(IP:192.168.100.101)
JAVA Ver11.0.5
ElasticSearch Ver7.4.2
Kibana Ver7.4.2




javaのインストール

・java OpenJDK11のインストール
dnf install -y java-11-openjdk-devel

・Ver確認
java -version

・インストール先の確認
which java

・環境変数の確認
printenv

・環境変数設定スクリプト作成
cat > /etc/profile.d/java11.sh <<EOF

export JAVA_HOME=\$(dirname \$(dirname \$(readlink \$(readlink \$(which javac)))))
export PATH=\$PATH:\$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:\$JAVA_HOME/jre/lib:\$JAVA_HOME/lib:\$JAVA_HOME/lib/tools.jar
EOF



・スクリプトの読み込み
source /etc/profile.d/java11.sh

・テストファイルの作成
cat > hello_world.java <<EOF

public class helloworld {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello World!");
  }
}
EOF

・javaの実行テスト
java hello_world.java

Elastic Searchのインストール




・リポジトリの追加
cat <<EOF | sudo tee /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repo

[elasticsearch-7.x]
name=Elasticsearch repository for 7.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/oss-7.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md
EOF

・ElasticSearchのインストール
dnf install -y elasticsearch-oss

・Elasticsearchのステータス確認
systemctl status elasticsearch.service

・Elasticsearchの起動
systemctl enable --now elasticsearch.service

・起動確認
curl http://127.0.0.1:9200

・テストインデックスの作成
curl -X PUT "http://127.0.0.1:9200/mytest_index"


kibanaのインストール


・kibanaのインストール
sudo dnf install -y kibana-oss wget

・設定ファイルの編集
sudo vi /etc/kibana/kibana.yml


server.host: "0.0.0.0"
server.name: "kibana.example.com"
elasticsearch.hosts: ["http://127.0.0.1:9200"]




・kibanaのステータス確認
systemctl status kibana

・kibanaを起動させる
systemctl enable --now kibana

・FWの許可設定
sudo firewall-cmd --add-port=5601/tcp --permanent

・FW再起動
sudo firewall-cmd --reload

・アクセス確認
ブラウザを立ち上げ「192.168.100.101:5601」アクセス


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)