【tech】【動画あり】Centos7にopenstack stein(2019年最新)をpackstackを使用してall-in-one構成でインストールするメモ




2019年7月時点で最新Verのopenstack(Stein)のインストールに挑戦したメモです!

他にももっと適切なやり方があると思いますが、ひとまずは完成したので、
メモとして残しておきます!
もっといいやりかたをご存知の方、ぜひコメントください!
※個人のメモです、推奨手順とはかけ離れてると思いますので、ご注意ください!苦笑
動画、作業ログは後ほどアップしようと思います!

動画作りました!(installmovie)リクエストありがとうございます!
私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私はこのPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑

環境
・Openstack Stein
CentOS7.6 (minimal) on VirtualBox
IF1:Nat接続
(IP addressはDHCP取得)
IF2:ホストオンリーアダプタ接続
(IP:192.168.56.150)
※プロミスキャスモードをすべて許可にする
vCPU:4cpu
メモリ:8GB

インストール前作業

・環境変数の定義
sudo vi /etc/environment
※下記コピペ


LANG=en_US.utf-8
LC_ALL=en_US.utf-8




・NetworkManagerの停止
sudo systemctl stop NetworkManager

・NetworkManagerの自動起動OFF
sudo systemctl disable NetworkManager

・Firewalldの停止
sudo systemctl stop firewalld

・Firewalldの自動起動停止
sudo systemctl disable firewalld

・Networkの再起動
sudo systemctl restart network
※SELinuxはdisabledにしたあとrebootせずに進めても
インストールできたので、変えなくても良さそうです。

・SELinuxの確認
getenforce
→Enforcing

・SELinuxの停止
vi /etc/sysconfig/selinux
→enfocingをdisabledへ更新
 →「:%s/enforcing/disabled/gc」で置換できます!
 (cオプションで、nでスキップ、yで置換できます。)

・再起動
reboot

・update
sudo yum -y update



Openstackのインストール

・Openstackのインストール
sudo yum install -y centos-release-openstack-stein

・アップデート
sudo yum -y update

Packstackのインストール
・packstackインストール
sudo yum install -y openstack-packstack

・アンサーファイルの作成
packstack --gen-answer-file=answer.txt

・アンサーファイルの編集
vi answer.txt
コマンドモードで「:%s/10.0.2.15/192.168.56.150/gc」と打つと、「10.0.2.15」を「192.168.56.150」に置換することができます。
 ※コマンド入力後、「y」でひとつずつ、「a」ですべて置換してくれます。

デフォルトでインターネットに接続されるNATインターフェースの
IPアドレス(10.0.2.15)※DHCPからアサインがセットされるので、ホストオンリーアダプタ側のIPアドレスに書き換えてあげます。
この工程を飛ばすと、packstackでインストールする時にエラーが出ます。
※ちなみに、ここめちゃくちゃハマりました。。泣

・openstackインストール(Packstackの実行)
packstack --answer-file=answer.txt
→この後30分はかかると思います。



openstackのインストールが完了!!

・初期パスワードの確認
cat keystonerc_admin

openstackへアクセス
・ブラウザを立ち上げ
http://192.168.56.150/dashboard/
へアクセス 初期ID/PW
ID:admin
PW:cat keystonerc_adminで確認したランダムな値

無事インストールできましたか? 他にも
他にも
CentOS7にZabbix4.0をインストールする手順メモ

Ubuntu1804にZabbix4.0をインストールする手順メモ

Zabbix4.0のNW機器(VyOS)を監視設定する手順メモ

など公開してますので、ぜひご覧ください!!!!

最後まで見ていただいてありがとうございました!
うまくいかないところなどあればお問い合わせください!!

後ほど作業ログもアップ致します!
作業ログ(InstallLog)です!

この次はopenstackの上に、別のページで公開している、Zabbix4.0のインストール に挑戦したいと思っています!

ほかにも、RedmineやDockerやKubernates、Elastic Search、Kibanaなど最近気になっているのですが、何かおすすめがあればぜひ教えてください!!!!
もしくは、この中から、インストール手順が見つからずに困っているなど、何かリクエストがあれば、わたしも挑戦してみますので、こちらもぜひともリクエストを頂きたいと思います!!! なんでもご遠慮なくリクエストをください!


楽天トラベル

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【daily】WordPressを5.2.2にアップデートしたら改行できなくなった時のメモ




衝撃でしかありませんでした・・笑

Iphoneとか、Iphoneアプリとかでもそうですけど、使い慣れたころにアップデートがあったりして、使いにくくなったりするんですよね~笑

最初は新しい使い方覚えようかと思ったのですが、正直しんどかったので、簡単に調べた結果、旧エディタがプラグインになって残っている事がわかったので、さっそく、インストールしてみました。

インストールした結果ですが、やっぱりこの方がいいですね、
本文入力画面だけじゃなく、右側のカテゴリや、タグの部分も旧エディタの見慣れた画面に戻るので、こっちのほうが安心してタイプできます。

肝心のプラグイン名ですが「Classic Editor」という名前です。
ぜひ、バックアップを取ってから、プラグイン追加して試してみて下さい!


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもメモリもSSDもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)

【tech】Excel2016 左から○○番目の特定の文字列から特定の文字列までを抽出する



新しく配属された現場用に作ったExcelです。
今までの現場では、Excelに強い人がいて、どんどん便利Excelを作ってくれていたので、わたしは何にもすることがなかったのですが、新しい現場はドキュメントがひどい。。。泣

せっかくのチャンスなのでExcelのスキルも高めて生きたいと思います!
左から ○○ 番目に限らず、右から何番目、特定の文字列を指定したりして、応用を利かせて使っていただきたいと思います!!

サーバのディレクトリ構成をExcelに書き残すのに、lsの結果から、ユーザとグループを抽出する関数を書きました。


使用した関数


・MID関数
・FIND関数
・LEN関数

ゴール

下記の文字列がひとつのセル(I9セル)に入っていた時、左の「root」と右の「root」を別々のセルに抽出します。
 ※左から2番目の半角スペース(「9」と「root」の間)から4番目の半角スペース(「root」と「4096」の間)までを抽出します。


drwxr-xr-x. 9 root root 4096 Jun 7 10:55 apache-tomcat-8.5.41-src




1.まずは「H9」セルに下記関数を入力し、rootからrootまでを抽出(正確には「 root」から「root 」まで)

=MID(I9,FIND(" ",I9)+2,FIND(" ",I9))

2.「G9」セルに下記関数を入力し、右側のrootを抽出

=RIGHT(H9,LEN(H9)-FIND(" ",H9,FIND(" ",H9)+1))

3.「F9」セルに下記関数を入力し、左側のrootを抽出

=LEFT(H9,LEN(H9)-FIND(" ",H9,FIND(" ",H9)+1))


以上で、所有者の「root」とグループの「root」が抽出できたと思います!

後はrootの前後に半角スペースが入っているので、SUBSUTITUE関数で消そうと思います。

1.「E9」セルに下記関数を入力し、右側の「root」の前後の半角スペースを置換して削除
=SUBSTITUTE(G9," ","")

2.「D9」セルに下記関数を入力、左側の「root」の前の半角スペースを置換して削除
=SUBSTITUTE(F9," ","")

以上です!Excel関数はややこしいですが、狙ったとおりに動くと面白いですよね!!


久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【daily】rizin.16 は山本ファミリーが熱かった!!



那須川天心対堀口恭二戦のrizinを見て以来のニワカファンの私ですが今のところ格闘技熱は維持しています。笑

今回は山本ファミーが熱かったですね!

私がrizinを見始めて以来山本アーセン選手は勝ちなしだったので、実は弱い選手なのかなぁと、あんまり期待せずに見ていたのですが今回は外国人選手相手に見事な肘打ちで、KOしてましたね〜

リプレイ動画もスカッと決まっていて、何度でも見られました、今回は堀口恭二が出てなかったので残念でしたが、浅倉カンナ vs 山本美憂戦、先日浅倉カンナを下してチャンピオンとなった浜崎朱加と、面白そうな試合が続きます。


その中でも浅倉カンナ対山本美憂戦は特に面白かったですね!浅倉カンナはRENAを二度も下したのですごく強いイメージなのですが、年齢的にも若い浅倉選手を、失礼ながら年齢的にも総合のキャリア的にも不利な山本美憂選手が得意の分野を生かしてさばく姿に胸が熱くなりました!!(失礼な部分もあるかと思いますが本気で熱くなれたのでこのまま書かせて頂きます)

先日から山本美優選手も応援したい選手リストの上位に入ってます笑

最後は那須川天心戦でしたが、急遽の代打選手でもきっちり安定のKOがち、那須川天心が互角に追い詰められる姿も見てみたい位ですがあんまり圧勝だとやっぱり熱くなれないですね、



次はrizin17朝倉選手が楽しみです!

堀口恭二のMSGでのベラトールのベルトをかけた試合にも!楽しみは続きますね!



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Apacheのソースコードインストール・Apache2.4をソースからコンパイルする



6月から新しい現場に配属となり、念願のサーバ構築案件に着けるわけですが、趣味レベルでやっていたサーバ構築が通用するとは思えず、Apacheの勉強のし直し中です!笑
先に常駐している先輩からソースインストールしておくといいといわれてやってみたのでメモを残します。次はとりあえずnginxをソースインストールしてみよう!!


環境
ホストOS:windows10
仮想化:virtualbox 5.2.22
インターフェース1:NAT接続(DHCP)
インターフェース2:ホストオンリー接続(192.168.56.150)
ゲストOS:CentOS7.5
Webサーバ:Apache


・ソースからインストール為に必要なPKGをyumでインストールしておきます。
yum install -y gcc make pcre pcre-devel wget expat-devel

・ソース置くディレクトリに移動
cd /usr/local/src

・aprをダウンロード
wget http://ftp.riken.jp/net/apache/apr/apr-1.7.0.tar.gz
※arpはOSの細かい違いを吸収してくれるライブラリのようなものだそうです
 実行時点で最新の1.7.0をインストールします。



・展開
tar -xvzf apr-1.7.0.tar.gz

・展開後の確認
ll

・ディレクトリの移動
cd apr-1.7.0

・展開先のディレクトリを作成
mkdir -p /opt/apr/apr-1.7.0

・コンパイル実行 
./configure --prefix=/opt/apr/apr-1.7.0

make

make test
→このコマンド自体は不要のようですが、参考にさせて頂いたwebがmake testも実行していたので実行しています。

make install

・コンパイル完了後のディレクトリへ移動
cd /opt/apr/apr-1.7.0

・ディレクトリ内の確認
ll

・ディレクトリの移動
cd /srv

・DL前の確認
ll

・apr-utilのDL
wget http://ftp.riken.jp/net/apache/apr/apr-util-1.6.1.tar.gz


・DL後の確認
ll

・展開
tar -xvzf apr-util-1.6.1.tar.gz

・展開後の確認
ll

・ディレクトリの移動
cd apr-util-1.6.1

・コンパイル前の確認
ll

・コンパイルの実行
./configure --prefix=/opt/apr-util/apr-util-1.6.1 --with-apr=/opt/apr/apr-1.7.0

make

make test

make install

Apacheのソースインストール



・ディレクトリの移動
cd /usr/local/src

・ApacheソースコードのDL
wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache//httpd/httpd-2.4.39.tar.gz

・展開
tar -xvzf httpd-2.4.39.tar.gz

・展開したディレクトリへ移動
cd /usr/local/src/httpd-2.4.39

・中身を確認
ll

・コンパイルの実行
./configure --prefix=/opt/httpd/httpd-2.4.39 --with-apr=/opt/apr/apr-1.7.0 --with-apr-util=/opt/apr-util/apr-util-1.6.1

make

make install

・Apacheを起動
/opt/httpd/httpd-2.4.39/bin/apachectl start

・Apacheの停止
/opt/httpd/httpd-2.4.39/bin/apachectl stop

・Apacheを起動
/opt/httpd/httpd-2.4.39/bin/apachectl start

・ブラウザを立ち上げアクセス
http://192.168.56.150

・firewallの停止
systemctl stop firewalld

※ブラウザアクセス後

・firewallの起動
systemctl start firewalld

・firewallにhttp許可追加
firewall-cmd --add-service=http --permanent

・firewallの再起動
firewall-cmd --reload

以上です!
Apahceをインストール後リバースプロキシの実験もやってみたのでその手順メモも作成いたします!!!

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもメモリもSSDもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のRedmineの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)