【tech】vsftpdでchroot設定しようとしたらログインできなかったメモ




vsftpdでchroot設定をすると、パスワードはあっているはずなのにログインできないという事象にあたり、これもなかなかハマったのでメモしておきます。
色々と調べた結果、FTP先のホームディレクトリに書き込み権限がある時は、vsftpd.confに追加しなくてはいけないディレクティブがあることがわかりました。

・原因
結局つかめず。。調べた感じだとホームディレクトリに書き込み権限があるせい?

・対処法
vsftpd.confに「allow_writeable_chroot=YES」を追記

環境


ホストOS:CentOS7.5
FTPサーバ:vsftpd
IPアドレス:192.168.56.151
ユーザ:testuser
FTP先のホームディレクトリ:/home/testuser

chrootの設定済み




・手順
・ディレクトリ移動
cd /etc/vsftpd

・設定ファイル編集
vi vsftpd.conf
→最下行へ「allow_writeable_chroot=YES」追記

・vsftpd再起動
systemctl restart vsftpd

vsftpのアクセスリストまわり(YESの時はホワイトリスト~とかNOならブラックリスト~という制御)ほんとややこしいですよね。。何度も再現させて理解していきたいと思います!!FTPって一度設定してしまうと触る事ないのでなかなか身に付きませんが、みんなが知らない事こそ、さらっと答えちゃうとカッコいいですよね!


・エラーログ


[root@localhost ~]# ftp 192.168.56.151
Connected to 192.168.56.151 (192.168.56.151).
220 (vsFTPd 3.0.2)
Name (192.168.56.151:root): testuser
331 Please specify the password.
Password:
500 OOPS: chroot
Login failed.
421 Service not available, remote server has closed connection


さいごに私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)

【tech】ubuntu1904でapt-get upgradeやapt installしたときに出たエラーメモ



公開:2019/05/05
更新:2020/05/04

ubuntu1904でapt installしたときにでたエラーとその対処をメモしています。
英文が全て読めていないのですが、何とか読み取れた、cryptsetup-initramfsをアンインストールの部分だけ従ってみました。(こういう対応ホントよくないのは分かってるんですが・・・)

最終的に2度のPKG削除でエラーメッセージは出なくなりました。

・最初のエラー時パッケージの削除コマンド
sudo apt remove cryptsetup-initramfs

・2度目のエラー時のPKG削除コマンド
sudo apt autoremove

※以下エラーのコピペです




--最初のエラー---
cryptsetup: WARNING: The initramfs image may not contain cryptsetup binaries
nor crypto modules. If that's on purpose, you may want to uninstall the
'cryptsetup-initramfs' package in order to disable the cryptsetup initramfs
integration and avoid this warning.

--PKG削除後のエラー---
The following packages were automatically installed and are no longer required:
cryptsetup-bin cryptsetup-run
Use 'sudo apt autoremove' to remove them.
0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】ubuntu1904へZabbix4.2をインストールしたメモ




Zabbix4.2をVirtualBox上のubuntu1904へインストールした手順のメモです。
うまくいかないところがあればお問い合わせください。
※わたしもubuntuは触り始めたので全然わからずにやっている部分があります・・

ひとまず手順のみのメモです!
!!質問があればお気軽にコメントください!!
(わたし自身も成長の為に質問頂きたいので、ぜひご質問ください!)
Install Movie作りました!

インストールできたらNW機器を追加する手順もblogに書いたので是非見てくださいっ!

zabbix4.0からNW機器(vyos)を監視する(Add NW Device)

環境


Ubuntu1904 (minimal) on VirtualBox
IF1:Nat
IF2:ホストオンリーアダプタ(IP:192.168.56.150)
DB:Mysql
Mysql rootユーザPW:RootRoot123!!
zabbix用DB名:zabbixDB
zabbixDB ユーザ:zabbixuser
zabbixuser PW:ZabbixPW123!!

※teratermを使用してUbuntuへアクセス
以下手順です!





私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

アップデート・日本語環境の設定


・キーボードの設定
sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

→keyboardに合わせて選択
(私はわからなかったのですべて変更せずにENTER(OK)しました)
※warningメッセージが出ますが、バグ?か何かでしょうか?

・日本語パックのインストール
sudo apt install language-pack-ja-base language-pack-ja

・ロケールの日本設定
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

・アップグレード
sudo apt-get upgrade -y

→GRUBのインストール先を選択。
(わたしはわからなかったので「/dev/sda」を選びました。)

・アップデート
sudo apt-get update

・フォントのインストール
sudo apt-get install fonts-vlgothic

・リブート
sudo reboot


Mysql・Zabbixのインストール


・mysqlのインストール
sudo apt-get install -y mysql-server

・mysqlの設定
sudo vi /etc/mysql/my.cnf

ファイル内の最下部(23行目辺り)に、下記5行([mysqld]から5行)を追記


[mysqld]
character-set-server = utf8
collation-server = utf8_bin
skip-character-set-client-handshake
innodb_file_per_table


・mysqlの再起動
sudo service mysql restart

・Zabbix4.2のリポジトリダウンロード
sudo wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.2/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.2-1+bionic_all.deb

・Zabbix4.2のリポジトリインストール
sudo dpkg -i zabbix-release_4.2-1+bionic_all.deb

・アップグレード
sudo apt upgrade -y

・アップデート
sudo apt update

・Zabbix4.2のインストール
sudo apt install -y zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

Zabbix用DBの作成




・Mysql初期設定
sudo mysql_secure_installation

→No
New password:RootRootPW123!!

それ以降はyを4回

・Mysqlを起動
sudo mysql -uroot -p
→Enter password:RootRootPW123!!

・Databaseの作成
create database zabbixDB character set utf8 collate utf8_bin;

・ユーザの作成
grant all privileges on zabbixDB.* to zabbixuser@localhost identified by 'ZabbixPW123!!';

・mysqlから抜ける
quit

・イニシャルスキーマ・データのインポート
zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbixuser -p zabbixDB

Enter password:ZabbixPW123!!

・zabbixフロントの設定
sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
→下記4か所パラメータの更新


91行目あたりのDBHost
DBHost=localhost
→#を消す

101行目・DBName
DBName=ZabbixDB

117行目・DBUser
DBUser=Zabbixuser

125行目・DBPassword
DBPassword=ZabbixPW123!!

保存して閉じる(:wq)


・PHPのtimezoneの編集
sudo vi /etc/zabbix/apache.conf
→下記の通り、20行目、30行目を編集
※30行目だけでもOKです。


20行目
php_value date.timezone Asia/Tokyo
→#を消して「Europe/Riga」を「Asia/Tokyo」へ

30行目
php_value date.timezone Asia/Tokyo
→#を消して「Europe/Riga」を「Asia/Tokyo」へ




・apahce2/zabbixの自動起動設定
sudo systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2

・apahce2/zabbixの再起動
sudo systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2

ブラウザから「IPアドレス/zabbix」へアクセス
(firefoxなどを立ち上げて、「192.168.56.150/zabbix」へアクセス)

※ダメだったら
apache2、Mysql、zabbix-serverの再起動を試してみましょう
→mariadbの再起動
systemctl restart zabbix-server

ブラウザアクセスが成功したら、初期設定する。

Welcome to zabbixの画面
→Next step

Check of pre-requisites
→Next step

Configure DB connection
→DatabasenameにZabbixDB
→UserにZabbixuser
→PasswordにZabbixPW123!!
→Next step

Zabbix server details
→Nameに任意のサーバ名記入

Pre-installation summary
→Next step

Install
Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.
→Finish

ZabbixのTOP画面※下記は初期ユーザ/パスワード
Username:Admin
Password:zabbix

以上です。
無事インストールできましたか?

こちらもよろしくお願いいたします!

zabbix4.0からNW機器(vyos)を監視する(Add NW Device)

もしわかりづらかったらCentOS7での手順もありますので、部分的にでも参考にしていただければ幸いです!

作業ログは作らない予定でしたが、リクエストありましたので後ほどアップいたします!
リクエストありがとうございました!!

作業ログです!


楽天トラベル

下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)