【tech】PowershellでAzure SQL Databaseのサイズ変更するメモ



公開:2020/01/28
更新:2020/01/28

職場でAzureを使っているのでpowershellで操作できるようになりたいと思い、先日、AzureRMなどのセットアップ手順メモを書きましたが、その続きです。

【tech】2019年12月版 Azure操作の為のPowerShell

Azure SQL Databaseのサイズ変更のコマンドメモです。
powershellってAzureRMのコマンドだったり、AzureCLIのコマンドだったり、多すぎですよね笑

環境


リソースグループ名:Test-RG
SQLサーバー名:sqlsv00
データベース名:db00
DBのサイズ:S1
変更後のDBサイズ:Basic

手順




・変数定義
$resourceGroup = "Test-RG"
 →リソースグループ名
$sqlserverName = "sqlsv00"
 →SQLサーバ名
$databaseName = "db00"
 →変更したいDB名
$dbChangeEdition = "Basic"
 →Basic、Standard、Premium、DataWarehouse、GeneralPurposeなど

$dbChangeLevel = "S1"
 →希望のサイズ。他にはP1など。Basicシリーズだと不必要

・サイズ変更のAzureRMコマンド
Set-AzureRmSqlDatabase -ResourceGroupName $resourceGroup -ServerName $sqlserverName -DatabaseName $databaseName -Edition $dbChangeEdition -RequestedServiceObjectiveName $dbChangeLevel


・Basicサイズに変更したい場合
Set-AzureRmSqlDatabase -ResourceGroupName $resourceGroup -ServerName $sqlserverName -DatabaseName $databaseName -Edition $dbChangeEdition



久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でNginxを監視設定するメモ



投稿:2020/1/19
更新:2020/1/19

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・モジュールの確認
nginx -V 2>&1 | grep -o with-http_stub_status_module

・ディレクトリ移動
cd /etc/nginx/conf.d/

・zabbix用のconfファイル編集
vi zabbix.conf

        location = /basic_status {
            stub_status on;
            access_log off;
            allow 127.0.0.1;
            allow 192.168.100.151;
            deny all;
        }



・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・nginxの再起動
systemctl restart nginx

・nginxのステータス確認
systemctl status nginx

・モジュールへの接続確認
curl 127.0.0.1/basic_status





ブラウザ側でマクロをlocalhost→127.0.0.1に変更



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】Zabbix-agent2でMySQL8.0を監視する手順メモ



投稿:2020/1/18
更新:2020/1/18

Zabbix4.4を自宅環境に入れて監視設定している最中です。ひとまず、Zabbix-server自身にzabbix-agent2をインストールしてNginxとMySQLを監視対象として追加していっています。

ZabiixとGrafanaやPrometheusも連携できると聞いたことがあるので、挑戦してみたいと思っています!

この手順は下記のCentOS8にZabbix4.4をインストールした後のZabbix-serverで実行しています。

【tech】【Movie】KVM上のCentOS8 にNginxをインストールしてZabbix4.4を動かすメモ

私が使っているPC(のメモリが8GBの物)です!
私は今このPCのメモリを現在では32GBにアップグレードして使っています!笑
安くなりましたよねメモリ。SSDも安くなってるので買い換えたいです!笑

環境

・Zabbix-Server
 CentOS 8.0 (minimal) on KVM
  (IP:192.168.100.151)
 WEB:Nginx Ver1.16
 DB:MySQL Ver8.0.17
 MySQLDB rootユーザPW:Root123!
 zabbix用DB名:zabbixDB
 zabbixDB ユーザ:zabbixuser
 zabbixuser PW:Zabbix123!
・Zabbix-agent2
 監視用MySQLユーザ:zbx_monitor
 監視用MySQLユーザPW:Zbxmoni123!


手順




・zabbix-agent2のインストール
dnf install -y zabbix-agent2 wget

・テンプレートのDL
wget https://git.zabbix.com/projects/ZBX/repos/zabbix/browse/templates/db/mysql/template_db_mysql.conf -P /etc/zabbix/zabbix_agent2.d

・ディレクトリ移動
cd /etc/zabbix/zabbix_agent2.d/

・テンプレートをリネーム
mv template_db_mysql.conf userparameter_mysql.conf


・MySQLへログイン
mysql -uroot -p
→Root123!

・ログイン中のユーザを確認する
select user();

・ユーザ一覧を表示
SELECT Host, User FROM mysql.user ;

・監視用ユーザの作成
CREATE USER 'zbx_monitor'@'%' IDENTIFIED BY 'Zbxmoni123!';

・ユーザの削除したい時
drop user zbx_monitor2@'%';

・パスワードを変更したい場合
SET PASSWORD FOR zbx_monitor = 'Zbxmoni123_hennkougo';

・権限の付与
GRANT USAGE,REPLICATION CLIENT,PROCESS,SHOW DATABASES,SHOW VIEW ON . TO 'zbx_monitor'@'%';


・権限の確認
SHOW GRANTS FOR 'zbx_monitor'@'%';

・データベースの一覧を確認
show databases;

・データベースを選択
use zabbixDB

・テーブル一覧
show tables;

・設定の保存
FLUSH PRIVILEGES;

・mysqlからログアウト
quit;


・ディレクトリの作成
mkdir /var/lib/zabbix

・ディレクトリの移動
cd /var/lib/zabbix

・cnfファイルの作成(※要隠しファイル「.mycnf」です)
vi .my.conf


[client]
user=zbx_monitor
password=Zbxmoni123!


・ファイル作成後の確認
ls -al

・権限の変更
chmod 600 .my.cnf

・所有者の変更
chown zabbix:zabbix .my.cnf


・zabbix-agentのステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・zabbix-agentの再起動
systemctl restart zabbix-agent2



下のRedmineとZabbixの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【tech】KVMホスト(CentOS8)をZabbix-agent2で監視してみるメモ



公開:2019/1/13
更新:2019/1/13

ZabbixをDockerで動かしたかったのですが、いまだにDockerがよくわからず、うまく動かせません。。泣
Dockerを動かせたら、家のNW機器やサーバを監視設定させたかったのですが、我慢できずに自宅のノートパソコンのCentOS8のKVM上にLinuxでZabbix4.4をインストールして監視設定しました。笑

環境


Agentインストール対象:CentOS 8.0 (minimal) KVMホスト
            (192.168.100.10)
Zabbix-Server:192.168.100.151

Agentインストール対象ホストへログイン



・zabbixのリポジトリ追加
rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.4/rhel/8/x86_64/zabbix-release-4.4-1.el8.noarch.rpm

・zabbix-agent2インストール
dnf install -y zabbix-agent2

・設定ファイルの更新
vi /etc/zabbix/zabbix_agent2.conf


ServerをZabbixserverのIPに書き換え
192.168.100.151

ListenPort=10050
のコメントアウトを削除

ServerActive=127.0.0.1
のアドレスを書き換え




・Zabbix-agent2のステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・Zabbix-agent2の自動起動設定
systemctl enable zabbix-agent2

・Zabbix-agent2の起動
systemctl start zabbix-agent2

・Zabbix-agent2のステータス確認
systemctl status zabbix-agent2

・Firewallの許可設定
firewall-cmd --add-port=10050/tcp
 ※tcpの10050ポート許可が即時反映されますが、サーバ再起動後は設定変更がクリアされます。

・許可設定が反映されたことを確認
firewall-cmd --list-ports


#firewall-cmd --list-ports
10050/tcp




・firewallの許可設定を永続的に設定する(--permanentオプション)
firewall-cmd --add-port=10050/tcp --permanent
 ※このオプションを付ければ再起動後もtcp10050の許可設定が残ります

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)



【daily】RIZIN.20マネルケイプが勝った!笑 (ちょっと堀口選手嬉しそうでしたよね)



RIZIN20が終わってしまいました。。どの試合も面白かったですが、やっぱり一番気になっていた、最後の朝倉海選手とマネルケイプ選手の試合が面白かったですね!
結果、マネルケイプ選手が勝って、一番に堀口選手のところに駆け寄ったのもなんか、面白かったです。

全体的にすこしずつ熱くなれた場面を振り返ると、山本美憂選手、判定ですが、きっちり勝ってくれました!試合後はリスペクトを送りまくっていて、あの姿勢にすごく感動しますよね!

リベンジに燃えるRENA選手!

1Rでグランドになった時はまたこのまま、しめ落とされる事も想像してしまいましたが、
なんとか持ち越してくれてよかったです。下からでも攻め続ける姿勢に熱くなりました!

2R後半しめられているのかと思って心配したけど、しっかり蹴ってて安心しました。
RENA選手はシュートボクシング出身だけあってパンチのキレが凄いです。

朝倉カンナ選手も応援してますが、浅倉カンナ選手にはないパンチのキレがありますね。
ばっちりリベンジを果たしてくれて。うれし泣きするRENA選手に感動できました!



・朝倉未来の大将戦

ジョンマカパ選手はキックもパンチも早くて、あれを見切る未来選手はほんとにすごいですね。未来選手が1Rで飛び蹴りしたときは湧きましたよね~!

2Rでジョンマカパ選手の右フックをくらったときはちょっと焦りましたが、そのあとの未来選手の「別に~」みたいなリアクションがかっこよかったです!

判定にもつれ込んで、3-0で未来選手が勝ちでしたが、素人目には押されてる部分もあったかな~と思ってたのですが、判定でも勝ててよかったです!

3R最後のラストスパートの殴りあい、熱くなりました!これをきっかけに未来選手がベラトールで試合したりするようになったら面白いのにな~と思ってます!



・やっぱり強い那須川天心
今回も魅せる余裕をもったままの勝利!江端選手は3年半負けなしで、ノリにのってるところでしたが、那須川天心選手はほんとに強いですね!
とにかく早い。強い。会場を沸かせることもできるし、ほんと強い。の一言ですね。。

私は江端選手をしらなかったので、こう書かせていただきますが、陽の目を浴びていない選手にこそ、那須川選手をぶっ倒して、有名になってほしいなと思います!

・浜崎選手の敗戦
負けてしまって残念です。。ハム選手もRoadFCのチャンピオンにもなっていて、ほんと強い選手ですね。
浜崎選手が負けてしまったところを初めてみましたが、なんだかんだ浜崎選手も格闘技の世界では年齢的にも厳しくなってくる世代なのかもしれませんね。



・朝倉海 VS マネルケイプ

これが一番楽しみでした。
マネルケイプの野性的なパンチキック1Rからちょくちょくパンチをあてていて、
浅倉海選手は終始押されっぱなしで、見せ場が全然作れてなかったですね。
2R早々にダウンからのパウンドだったのですが、パウンドのラッシュが早すぎてただの野性でした。

朝倉海選手は、過去の堀口選手、ウルカ選手との試合が、どちらとも60秒くらいでおわっていたので、
マネルケイプ戦では2分すぎた頃から、表情に不安が出ているように見えました。
「こんなはずじゃなかったのに・・」と。
新しいトレーニングを導入して、2試合上手くいってしまったせいで、自信が着いて勘違いしてしまったんでしょうかね。。

マネルケイプを失神させてやると言っていましたが、逆に失神させられなくてよかったですね。

もし失神させられていたら、本当にかっこ悪かったです。



試合前は、調子に乗っている感じが好きになれなかったのですが、試合後のインタビューで
相当悔しそうな感じだったので、少し応援したくなりました。

そういえば試合後、マネルケイプが勝って堀口選手が少し嬉しそうに見えたのが、面白かったです。笑

今回のRIZINが正直いままで一番面白かったなと思います!

久しぶりにみてみると、モバイルバッテリーもずいぶん安くなってるんですね!

皆さん既にやってると思いますが、 AmazonPrimeだとAmazon Music Unlimitedが月額780円でできるんですね!
最近知ってapple musicから乗り換えました。(200円ですが安い方がいいに越したことはないです笑)

下のPythonの本は kindle unlimitedで無料で読めますのでお勧めです!(30日無料期間に読んで解約もアリだと思います。笑)